空気清浄機を置く場所は部屋のどこがいいの?効率の良い使い方

空気清浄機は汚れを吸い取って綺麗な空気を吐き出す装置です。塵、ホコリ、抜け毛、花粉など空気中に漂う害になる物を吸い取ってくれる頼もしい存在です。近年は除菌や肌にいい効果が追加されたり、フィルターが高品質になって小さな汚れも見逃さないようになっており、目に見えて効果が実感できるように進化しています。そんな空気清浄機ですが、置き場所によっては充分な効果が発揮できないので、ここでは効果的な使用法をお教えします。

部屋のどこに空気清浄機を置くと効果的?

室内の一角にある空気清浄機

空気清浄機の特徴として、色々な用途を想定してサイズや機能性に違いがあることが挙げられます。部屋の大きさなどに応じてサイズや静音性、効果の高さなどを意識しながら選ぶとより高い効果を実感できます。

寝室の場合

寝室に空気清浄機を置く場合は足元に置くのがおすすめです。空気清浄機はいくらか音が出ていて風も少し吹き付けてくるので、頭の近くにあると気になって睡眠の質が下がってしまいます。

ホコリや雑菌が空気清浄機に集まってくるので、顔の近くにあるとそれも気になるところです。加湿機能があると乾燥しやすい冬の時期の風邪対策に便利ですが、頭に近いと枕元にカビが発生する可能性もあります。

また、空気清浄機はダニの死骸も集めてくれますが、ダニが活性化して人に猛威を振るうのは梅雨の時期です。空気清浄機は1年を通して力を発揮しますが、夏場にはダニ対策に特に効果を発揮してくれます。睡眠は健康を保つ上で非常に重要なので、寝室にはいい空気清浄機を置きましょう。

寝室の場合はおやすみ前とお目覚めの後の数分間で花粉やハウスダストを吸い上げて、それ以外は静かに運転する『寝室モード』がある空気清浄機が寝室に向いています。家電メーカーの『シャープ』は空気清浄機でも有名ですが、こちらの商品は高品質なことで知られているのでおすすめです。

リビングの場合

空気清浄機には、周りに障害物があると効果が半減するという特徴もあります。部屋の角、家具の裏、壁の隙間などは邪魔にならないので設置されやすい場所ですが、効果が実感できない場合が多いです。

部屋の中心付近に置くと部屋全体の空気を綺麗にしてくれるので、できるだけ中心近くに置くようにしましょう。リビングに向いている角がなくてスリムなタイプも販売されています。

どうしても中心近くに置けない場合はサーキュレーターや扇風機を同時に使うのが有効です。室内の空気を循環させてくれるので、空気清浄機の効果がアップします。春先は花粉が激しい時期ですが、窓の近くに置けば花粉対策もできます。

子供がいる場合

空気清浄機のスイッチを押す子供

空気清浄機は用途によって高い位置に置く場合もありますが、赤ちゃんや小さい子供がいる場合にはハウスダストやホコリ対策に床に置くのがいいそうです。

また、エアコンを稼働させている場合、夏はエアコンの真下、冬はエアコンの対面に置くといいと言われています。これは暖房と冷房で空気の流れが違うこと、空気清浄機が下から室内の空気を取り入れて上から綺麗な空気を出す構造になっていることが関係しているそうです。

リビングに吹き抜けがある場合は、シャープより吹き抜けリビングに使えるという空気清浄機が出ていますので、こちらがおすすめです。

玄関の場合

空気清浄機の効果が一番実感できるのは玄関となっています。玄関には靴の臭い、細かなホコリ、玄関から入ってくる花粉などがあり、空気清浄機が最も力を発揮する環境です。特に花粉が侵入してくるのは玄関が主なので、花粉症対策には玄関への設置が欠かせません。

プラズマクラスターを発生する強力なタイプを設置すると、ガンガン汚れを吸い取ってくれるのでオススメです。ワンルームの場合は、リビングよりも玄関に空気清浄機を設置した方がより力を発揮してくれます。

事務所などの場合

空気清浄機には家庭で使うには向いていない業務用のタイプもあります。これは大型で大変パワフルなので、事務所や店など広いスペースに向いています。

業務用の中にはウイルスの活動を抑える医療施設に向いているタイプ、プラズマクラスターを放出して空気中のカビを除菌、抑制するタイプ、壁にかけて通常よりも広範囲の空気を綺麗にするタイプなどがあります。

タバコの臭いを効率よく消す空気清浄機の置き場所

タバコの煙

タバコを吸っている場合も空気清浄機が役立つ場面が多いです。空気清浄機は汚れや煙などを吸い込んでくれますが、吸い込み口は下に付いているので空気清浄機のタイプによっては煙草の煙には効果がないこともあります。

煙草の煙に対策したい場合は、なるべく高い位置に置くようにすると効果的です。卓上型空気清浄機というタイプもあり、こちらは特にタバコの臭い対策に向いています。

近年はフィルターも進化していて、タバコの臭い、ニコチン、タールといった物質を除去してくれるタイプもあるとのことです。また、臭いに対策するためには空気清浄機の「適用畳数」に注目するといいそうです。

これはその畳の枚数の広さを30分の間に綺麗にできる目安と言われています。また人が臭いを不快に感じないためには、10分以内に臭いが消えるのがベストだそうです。設置したい場所よりも広めの適用畳数で選べば、タバコの臭いをより早く消すことができます。

ペットを飼っている場合の空気清浄機の置き場所

ペット

ペットは家族として心の支えになってくれる存在です。しかし、独特な匂いや体毛、トイレの後の臭いだけはどうしても気になってしまうという方も多いです。

ペットがいる場合は、タバコと同様に少し高い位置に空気清浄機を置くのが効果的だと言われています。というのも、ペットには抜け毛が付きものですが、抜け毛は空気中に舞い上がってしまいます。

定期的にシャワーを浴びていても体毛はホコリなどで不衛生になりがちなので、高めの位置に設置しましょう。空気清浄機には臭い、カビ、ウイルス、アレルゲン、静電気に対策ができるプラズマクラスターを搭載したタイプもあります。

この機能はシャープが開発したもので、衛生面でトラブルが起こりがちなペットがいる環境には最適です。プラズマクラスター付きの空気清浄機があれば、赤ちゃんや子供がいても安心してペットを飼うことができます。

空気清浄機と加湿器を同時に使っている場合の置き場所

加湿器

空気清浄機は加湿器が一体になっているタイプもありますが、加湿機能が弱いという欠点があります。特に冬の時期は乾燥によりドライアイや喉の不調などが起こりやすいので、粘膜が乾燥しやすい人は乾燥機と空気清浄機を別々に使用した方が健康にいいです。

加湿器と空気清浄機を同時に起動している場合ですが、並べて置くとカビが発生しやすいと言われています。できるだけ離して置くのが効果的なポイントです。

空気清浄機で健康になれる住まいにしよう

空気清浄機とカビ

空気中の汚れを吸ってもただちに悪影響は出ないので効果を実感しにくく、空気清浄機の能力を疑問視する声は少なくありません。しかし、置き方を工夫したり機能を選んだりすれば、アレルギーなどの辛い症状を遠ざけることができます。

設置している場合とそうでない場合で将来健康にあたえる影響は大きく変わってきますし、空気中のカビや不純物などは免疫力が低い赤ちゃんや子供が吸うとアレルギーになりやすいです。

空気清浄機は機能やフィルターの性能が年々確実に向上していますので、病気を遠ざけてずっと健康でいるためにもぜひ導入しましょう。