【風水】選ぶべき『フローリングの色』3選!それぞれの意味や素材などについて解説

きれいなフローリング

フローリングに床の色は、風水学的にみると運勢を左右するカラーといえます。色別に、どのようなパワーを持っているのか解説!自宅の床色と照らし合わせてみて、運気を下げていないかをチェックしてみましょう。フローリングにすべきではない行動も紹介しているので、是非チェックしてみてください。

フローリングの床の色、気にしていますか?

フローリングと素足

フローリングの床の色は、風水学的に運気を左右することがある可能性がある非常に重要な場所です。適当な色を選んでしまうと、もしかすると運気を下げてしまうかもしれません。

運気低下を防ぐためにも、フローリングに選ぶべき色や色が持つ意味などについて把握しておきましょう。自分に合った色を選び、日々運気をアップ!

選ぶべき『フローリングの色』3選!

きれいな部屋

フローリングの床は、以下の色がおすすめです。

1.ホワイトなどの明るい色

意志の強さや、ある程度の頑固さを表す色です。悪い色ではありませんが、人を選ぶ色といえます。

  • デザイナーや職人気質の職業の人におすすめ
  • 異性を寄せ付けたくない、独身でいたいという場合にも効果あり

白をはじめとする、淡い色でインテリアを統一し、観葉植物などでワンポイントカラーを入れるとオシャレにまとまりやすいです。濃い色ばかりを集めてしまうと、圧迫感が出てしまうので注意しましょう。

2.ブラウンなどの中間色

ブラウン系の中間色は、自然の色に近いのでパワーを受けやすい色です。

  • 家庭内でのコミュニケーションが円滑になりやすい
  • 家族運の上昇
  • 健康運アップ

どんなインテリアにも合う床色です。カラーバランスをみつつ、好きな色の家具を設置しましょう。

3.ダークブラウンなどの濃い色

濃いめの床色は、運気を安定させる効果があります。

  • 神経を使う職業の人におすすめのカラー
  • 浮き沈みのある職業を安定させやすい
  • 家庭運の安定
  • 子どもが落ち着きやすくなる

淡い色の家具やインテリアとの相性がよいので、床色に合わせたものを選びましょう。

フローリングの床にすべきではない行動

バツ印を出す女性

フローリングの床にすべきではない行為は、以下のものが挙げられます。

  • 床を故意に傷つけない
  • 床の上にものを直置きしない
  • フローリングの上にラグなどを置かないまま使用する
  • 床の上のこぼしたものを放置しない

フローリングそのままの状態は、風水学上NG。冷たいフローリングに直接座ることで、家族運が下がってしまいます。マットやラグを敷いて、運気の低下を防ぎましょう。フローリングの色や素材にマッチしたものを見つけるのも、ひとつの楽しみといえます。

床の上にものを直置きすると、部屋が狭くなってしまうのでNG。くつろげる空間を確保するためにも、フローリングの上に不要なものは放置せず片付ける習慣をつけましょう。

食べこぼしや飲みこぼしを放置すると、フローリングの劣化につながります。放置せず、その都度汚れを拭き取ってきれいな状態をキープ!

まとめ

フローリングの色は、運勢にかかわってくる部分なのでしっかりと考えて選びましょう。自分の今後を見据えたフローリングの色を選び、床色に合うインテリアをそろえてみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
きれいなフローリング

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る