月曜日にしてはいけない『絶対NG行為』5選

月曜日にしてはいけないNG行為とは

月曜日がやってくると憂鬱になるという人は多いですよね。しかし、その気持ちを引きずって月曜日を過ごしてしまうと、1週間の運気が下がってしまうかもしれません。今回は、月曜日にしてはいけない絶対NG行為を紹介します。次の月曜日を迎える前に、ぜひチェックしてみてください。

週初めの月曜日…誤った行為は1週間を台無しに!?

コーヒーカップ

一般的に週初めと考えられることの多い月曜日は、これから始まる1週間のスタートを切る大事な日です。この日の過ごし方が良ければ、比較的良い気持ちで1週間を過ごせることが多いでしょう。

反対に、月曜日の過ごし方が悪いと、1週間を台無しにしてしまうこともあるので注意が必要です。気分が1週間落ち込んでしまったり、やる気が出なかったり、中には1週間の運気が下がると言われている行為もあります。

なるべく1週間を幸せな気分で過ごすためにも、月曜日にしてはいけない、するべきではないと言われている行為は控えましょう。

月曜日にしてはいけない『絶対NG行為』5選

ここで紹介する『月曜日にしてはいけない絶対NG行為』を月曜日にやってしまうと、1週間の運気が下がったり、心理学的にも気分が落ち込みやすくなったりといったデメリットが生じます。下記の行為は、月曜日に絶対しないように意識しましょう。

1.ネガティブ発言をする

週の初めに、つい「仕事嫌だな」「やる気が出ない」「でも〜」など、ネガティブ発言が出てしまう人は多いですよね。

しかし、言霊という言葉があるように、自分の意思で発した言葉には、精神を左右する力があります。これはスピリチュアル的な観点ではなく、心理学的な観点でも発表されていることです。

「疲れた」などのネガティブな発言により、無意識のうちにその言葉が心に影響を与え、感じている以上に気持ちが疲れてしまうなどの悪影響を及ぼすのです。

月曜日にネガティブ発言を多くすればするほど、1週間のやる気や気持ちが落ち込みやすくなるため、絶対にやめましょう。

2.盛り塩を家の中に置く

風水などを意識している人の中には、家の中に盛り塩をしているというご家庭もあるでしょう。しかし、1週間ごとに交換している場合、月曜日に盛り塩を置くことは控えてください。

月曜日は、風水的に「陰」の気がたまりやすい日と考えられています。盛り塩には、浄化だけでなく結界の役割もあるため、月曜日に盛り塩をしてしまうと陰の気を家の中に閉じ込めてしまうことになるのです。

すると、1週間の家全体の運気が下がり、不幸な出来事が重なったり、家の雰囲気が悪くなったりする恐れがあります。したがって、月曜日に盛り塩はしないようにしましょう。

3.駅ホームの黄色い線のすぐ内側を歩く

月曜日、特に深夜は、昔から「鬼門が開く」と言われています。さまざまな念が行き交いやすい駅のホームで、月曜日の深夜に黄色い線のすぐ内側を歩いていると、恐ろしい存在に線路へと引き込まれてしまう恐れがあると言われています。

そもそも、駅ホームの黄色い線のすぐ内側は、危険な場所です。特に憂鬱な気分を抱えている月曜日は、注意力も散漫しているため、ちょっとした踏み外しや足のもつれなどで、事故に遭ってしまう恐れもあります。

月曜日、特に疲れを感じやすい夜以降は、駅ホームの黄色い線のすぐ内側は歩かないようにしましょう。なるべくホーム中央で電車を待つようにしてください。

4.他人の悪口を言う

他人の悪口をいう人は、自分が不幸を感じやすいという心理学の研究結果が発表されていることをご存知でしょうか。

他人の悪口を言うことで、一時的には優越感に浸ることができますが、時間経過に伴い、罪悪感を覚えたり、自分と他人を比較することで自分の劣っている部分を強く意識する習慣がついてしまったりするからです。

この行為を月曜日からしてしまうと、1週間を明るい気分で過ごしにくくなったり、周囲の人たちが「また悪口を言っている」とあなたと距離を置こうと考えるようになったりします。

また、職場や家庭内など、その場の雰囲気も悪くなるため、全体的な運気が下がりやすくなる行為でもあります。

5.夜に舌打ちなど負のアクションを起こす

舌打ちというネガティブな行為には、その人の負の念が宿りやすいと考えられています。

月曜日、1週間の初めに嫌なことがあると、つい仕事終わりや一息ついている時に「チッ」と舌打ちしたくなる人もいるかもしれません。しかし、この舌打ちによって、負の念が湧き起こり、自分や周囲の運気を下げてしまうと言われているのです。

嫌な出来事を招いてしまったり、体の健康状態に悪い影響を及ぼしたりといった運気低下を感じやすくなるため、月曜日は特に舌打ちを控えるよう心がけてください。

週初めの月曜日はこんな過ごし方を心がけて!

パソコンの上のHappy Monday のメッセージとコーヒーカップ

週初めでもある月曜日は、なるべく1週間を明るい気分で過ごすためにも、過ごし方を意識することが大切です。

  • なるべく笑顔を保つ
  • 明るい話題や発言を意識する
  • ネガティブな気持ちを込めたため息は我慢する
  • 相手の良いところを見つけて褒める
  • 大変な仕事や業務は先に片付けてしまう

このように、月曜日から明るい気分で過ごすことを心がけることで、自分の気持ちがその行為に引っ張られるように高まりやすいです。

また、大変な仕事や業務を後回しにしていると、その業務が頭の片隅に残り、気持ちに焦りが出てしまうことも。このような状況に陥らないためにも、大変な仕事や業務は先に片付けてしまいましょう。

気持ちの良い月曜日を過ごして1週間をハッピーに♪

いかがでしたか。気持ちの良い月曜日を過ごすことで、1週間の気分を明るく維持しやすくなります。明るい気持ちで過ごすだけでも、自分の運気は上がりやすくなるので、ぜひ月曜日の過ごし方を意識的に改善してみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
月曜日にしてはいけないNG行為とは

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る