神棚への『絶対NG行為』5選 やってはいけないタブーを解説

神棚

最近では、ご自宅に神棚を設置し、神様をお祀りする場所を作っているご家庭は少なくなりました。しかし、神社から授与されたお札などは、やはり神棚に飾るべきとされています。今回は、神様をお祀りするための「神棚」の扱い方に関するお話をご紹介します。

神棚は家の中で神様をお祀りする神聖な場所

神棚で手を合わせる

皆さんのご自宅には、神棚をお祀りしていますか。神棚はその名の通り、家の中に神様を祀るための場所です。神社で祈祷を受けた際に授与されるお神札を祀り、神様へ感謝の気持ちを伝えるための神聖な場所とされいます。

そのため、神棚は正しい方法で祀り、丁重に扱う必要があります。間違った方法で祀っていたり、失礼にあたる行為をしていると、神様の怒りに触れてしまうかもしれません。

神棚は家族が集まる高い場所にお祀りするのが基本

神棚を祀る位置ですが、基本的には家族が集まるリビングなどに祀ると良いとされています。家の神棚に祀られている神様は、その家のご家族の安全を守るという役割があるため、家族が集まる場所に祀り敬うことが大切です。

そのためには、家族よりも目線の高い天井に近い場所に祀るのが基本です。なるべく明るく清潔な場所に祀り、できることならば南向きになるよう北側に設置、あるいは東向きになるよう西側に設置することが望ましいと考えられています。

神棚に祀る「お神札」は1年に1度取り替えるべき

一般的に、ご家庭に祀る神棚には、神社で授与されたお神札を祀ります。このお神札ですが、ずっと同じお神札を祀っていればいいというものではありません。

お神札は、1年に1度、1年間家族を見守ってくれた神様への感謝の気持ちを示すために、授与していただいた神社へ返納し、新たなお神札を授与してもらい、取り替える必要があります。

ずっと同じお神札を祀っていると、やがてお神札が古くなり、悪いものを呼び寄せるようになってしまうと考えられています。

神様の怒りに触れる可能性も…神棚への『絶対NG行為』5選

神棚

家族を見守ってくれる神様を祀る神棚。神棚をご自宅に祀る際は、神棚にしてはいけないNG行為に気をつける必要があります。ここでは神様の怒り触れてしまう可能性のある神棚への絶対NG行為を紹介します。

1.低い位置に神棚を祀る

神様を祀っている神棚は、その家に住む人たちの目線よりも高い位置に祀らなければいけません。これは、低い位置に祀ってしまうと、人間が神様を見下ろす形となり、大変失礼にあたるからです。

そのため、神棚を目線よりも低い位置に祀ることは絶対にやめてください。なるべく明るく清潔な天井に近い場所に場所を設けて神棚を祀るようにしましょう。

2.神棚を掃除せず汚れたまま放置する

神棚は神様がいる神聖な場所です。そのため、常に清潔な状態を保たなければ、失礼に当たります。神棚を掃除せず、埃がかぶったり汚れたまま放置していると、神様がお怒りになってしまうかもしれません。

神棚は毎日掃除することが基本ですが、毎日が難しいという場合も埃が少しでもかぶっていたり汚れた見つかった時は、必ず感謝の気持ちを持ちながら掃除するようにしましょう。

3.長期間、神棚の神様へのお参りを忘れる

基本的に、神棚には毎日手を合わせなければいけません。神棚に拝む時は、神社と同じように「二例に拍手一礼」しましょう。また、神棚に手を合わせる前に、必ず手と口を清潔にするようにしてください。

このように、本来であれば毎日拝まなければいけない神棚を放置し、長期間、家族を見守ってくれている神様へ手を合わせない日々が続くと、神様に対する不敬と見なされ、災いを呼ぶ恐れや神様が去ってしまう可能性があります。

神棚を祀っているご家庭では、なるべく毎日神様に手を合わせることを習慣化しましょう。お子様も一緒に神様への感謝の気持ちを込めて手を合わせることで、思いやりや優しさの心を育むと言われています。

4.仏壇と向かい合わせの場所に祀る

神棚を仏間に祀っているというご自宅がありますが、仏壇と向かい合わせの場所に祀ることは厳禁です。なぜならば、神棚に祀られている神様と仏壇に祀られている仏様は、宗派が異なるからです。

仏壇と神棚を向かい合わせに祀っていると、神棚を拝む時は仏壇に、仏壇に手を合わせる時は神棚に背を向けることになります。どちらも背を向けることは不敬と捉えられるため、双方に失礼な態度をとることになってしまいます。

神棚の設置場所は、必ず仏壇と向かい合わせにならないようにしましょう。また、なるべく仏間ではなく、リビングに祀ってください。

5.神棚に足を向けて眠る

昔から神様のいらっしゃる神棚に足を向けて眠っていたら、悪夢を見た、災いが起きるようになったという話をよく耳にします。神棚に足を向けて眠ることは、神様に対して背を向ける行為と同義なので、大変失礼に当たります。

ついリビングで寝てしまうという人も多いと思いますが、神棚に足が向かないよう注意しましょう。この理由から、神棚を寝室に祀る行為も避けるべきです。

神様をお祀りする神棚は正しい扱い方を心がけて

いかがでしたか。神様をお祀りする神棚は、家の中でも特に神聖で特別な場所です。神棚の祀り方はもちろん、神棚に対する家人の行動にも注意を払いましょう。日頃の感謝の気持ちを込めて、なるべく毎日拝むようにしてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
神棚

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る