中華料理を食べる時の『絶対NG行為』5選 意外と知らない中国のマナー

中華料理のフルコース

和食には和食の、フランス料理にはフランス料理のマナーがあるように、中華料理にも中国ならではのマナーが多くあります。今回は、中華料理を食べる時にやってはいけないNG行為や、中国ならではの食事マナーを解説します。

中華料理には和食とは違うマナーがある

中華料理

中華料理店に行くと、回転台のついたテーブルを囲んで料理を楽しむ形式を取られていることが多いですよね。テーブルを囲んで食事を開始する時、ふと中華料理を食べる際のマナーが気になるという人も多いでしょう。

中華料理店に慣れていない人の場合、回転台の回し方や食べ始め方など、考えれば考えるほど食事を楽しめなくなってしまうという人も少なくないはず。

和食には和食の、フランス料理にはフランス料理のマナーがあるように、中華料理には中華料理のマナーがあります。ぜひ中華料理店へ行く前に、基本的な正しいマナーを身につけていきましょう。

中華料理を食べる時の『絶対NG行為』5選

中華料理は基本的に大皿で料理が提供されます。また、回転台を使うというスタイルも独特ですよね。ここでは中華料理を食べるときに気をつけるべき『絶対NG行為』について解説していきます。

1.回転台の料理や調味料を立って取る

回転台が取り付けられているテーブルを使用する中華料理店では、回転台の上に調味料や大皿に入った料理が置かれていきます。回転台の上に乗っているものを取る時、基本的に立ち上がって物を取ろうとする行為はタブーとされています。

中華料理を食べる場では、料理や調味料などを立ち上がって取る行為は見苦しいと考えられているため、回転台の上に置かれたものを取る際は、必ず回転台を回して取るようにしましょう。

2.回転台の上に自分の物を乗せる

回転台は、調味料やお茶の急須、料理の入った大皿などを置く共有スペースとして使われます。そのため、回転台に自分が食べ終わった後の取り皿や使い終わったコップなどを置く行為はNGです。

新たに運ばれてきた料理を置くスペースがなくなってしまったり、一緒に食事している人が取りづらくなってしまったり、見た目が悪くなってしまったりと様々なデメリットが生じてしまいます。

一緒に食事している人に配慮ができない人、と思われてしまうタブー行為なので、回転台の上は共有スペースであることを認識しましょう。

3.回転台を反時計回りに回す

回転台は、基本的に時計回りに回すことがルールとされています。そのため、回転台を反時計回りに回してしまうと、タブー行為として白い目で見られてしまうこともあります。

しかし、皆に食事が行き渡った後であれば、反時計回りに回しても許されることもあります。しかし、やはり基本的なルールである「時計回りに回す」というルールを守り、右回しに回転台を回したほうが無難です。

また、回転台は他の人が大皿から料理を取っている最中に回してはいけません。必ず他の人が大皿から料理を取っている最中でないかを確認しましょう。

4.取り皿を手に持って食事する

日本では、15cm以内の小さめのお皿であれば、手に持ち食事をしても構わないというマナーがあります。しかし、中国の食事マナーでは、お皿の大きさにかかわらず、取り皿を手に持って食事をする行為はマナー違反として見なされます。

中華料理を楽しむ際は、必ず取り皿をテーブルの上に置いたまま、箸で料理を口に運ぶようにしましょう。スープなどはレンゲを使い、少量すくって口に運びましょう。

5.取り皿に取った料理を残す

大皿から自分の取り皿に料理を取る際は、必ず自分が食べ切れる量だけ取るようにしましょう。取り皿に取った料理を残す行為は、マナー違反とされています。

日本では、他人にも料理を取り分けてあげるという配慮をすることも多いですが、中国では、基本的に自分が食べる分を自分で取ることが一般的です。そのため、自分で取った分は自分で責任を持って食べることがマナーとされているのです。

日本とはこんなに違う!意外と知らない中国の食事マナー

チャーハン

中華料理を食べるときは、中華料理ならではの基本的なマナーを事前に予習しておくことで、安心して食事を楽しむことができます。しかし、もう少し中国の食事マナーを取り入れて楽しみたいという方は、ぜひ以下のポイントを頭に入れておきましょう。

  • 最後は食べ物を少し残す
  • 目上の人や主賓から食事を始める
  • 大皿から自分が食べる量を自分で取り分ける(他人の分を取り分けない)
  • 新しい料理を取る際は新しい取り皿を使う
  • 口から出した魚の骨などはテーブルに置く
  • 食事中は箸を縦に、食事が終わったら箸を横向きに置く

中国では、大皿の料理を最後に少しだけ残すことがマナーとされています。少しだけ残し「もうお腹いっぱいです。ごちそうさまでした」と満足した気持ちを伝えることが常識とされているのです。

また、中国では一般家庭でも目上の人から箸をつけ食べ始めるのが常識として考えられています。「いただきます」という挨拶もないため、年長者順に食べ始めることで食事スタートの合図となります。

他にも魚の骨やエビの殻など、口から出した物をお皿ではなくテーブルに置かなければいけないなど、日本とは大きく異なるマナーが多くあります。気になる方は、ぜひ中華料理店へ訪れる前に、中国ならではの食事マナーを調べてみてください。

中華料理を食べる際は中国のマナーも意識してみよう!

いかがでしたか。中国と日本では、食事に関するマナーが大きく異なる点が多くあります。中華料理を食べる際は、ぜひ中国の食事マナーも意識してみてください。それぞれの国の文化を体感することができ、大変興味深いですよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
中華料理のフルコース

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる