絶対に電子レンジを買い替えるべき『超危険なサイン』5選

買い替えるべき電子レンジとは

「なんだか最近、電子レンジの調子が悪い」と感じることはありませんか。そのサイン、もしもそのまま使い続けていると、超危険な現象を引き起こす恐れがあるかもしれません!今回は絶対に電子レンジを買い替えるべき危険なサインについて紹介します。

今や必須家電の1つ!電子レンジはとても便利な生活家電♪

電子レンジから取り出す女性

電子レンジは、食品を温めることはもちろん、最近では電子レンジを使った簡単レシピなども多く公開されているため、様々な使い方ができる便利な生活家電の1つです。多くのご家庭でなくてはならない家電となっているのではないでしょうか。

電子レンジの一般的な寿命は8年〜10年

一般的に、電子レンジの寿命は約10年ほどと言われています。ただし、電子レンジの部品は保有期間が8年と指定されているメーカーが多いため、電子レンジ購入(製造)から8年が経過すると、修理ができなくなるケースが多いです。

そのため、電子レンジの寿命は8年〜10年とされることが多く、購入から8年以降に故障した場合は、修理をして長持ちさせようと考えるのではなく、買い替えるべきと言われています。

また、8年を待たずに「なんだかおかしいな」と異常を感じるサインが出た場合、発火や突然使えなくなるといった危険な状態を引き起こす恐れがあります。そのまま無理に使い続けるのではなく、早めに新品に買い替えることをオススメします。

超危険!絶対に電子レンジを買い替えるべき危険なサイン5選

では、電子レンジにどのようなサインが現れたら、発火や突然停止といった危険なサインなのでしょうか。電子レンジが発火することによる火災事故も多く報告されているので、そのまま使い続けず、新しい電子レンジに買い替えましょう。

1.食品が温まらなくなってきたor異常に熱くなる

長年使っていると、劣化に伴い食品がなかなか温まらなくなるといった現象が起こることはよくあります。このまま使い続けていると、ある日突然電子レンジが使えなくなり、困ってしまう事態に陥る恐れがあります。

また、電子レンジで食品を温めた際、指定されている時間通りに温めたのに、なぜか異常に食品が熱くなっているという現象も危険です。これはすでに故障しているサインなので、そのまま使い続けていると、発火などの危険な事故を引き起こす可能性があります。

2.温めている途中で停止してしまう

食品を温めている最中に、突然電子レンジが停止してしまうことはありませんか。長年使い続けていると、電子レンジの劣化とともに、こうした症状が現れることは珍しくありません。

このサインは故障の前兆としてよく注意喚起されている症状の1つで、このまま使い続けると、ある日突然、まったく稼働しなくなり、使えなくなってしまう恐れがあります。日頃から電子レンジを頻繁に使うというご家庭は、早めに買い替えたほうが安心です。

3.ボタンを押しても反応しなくなる

電子レンジのボタンを押しても反応しない、あるいは反応が鈍くなってきたという症状も故障の前兆、あるいはすでに故障しているサインです。

電子レンジのボタンは電子回路やファンモーターと呼ばれる部分の不良であることが多く、使い続けてしまうと負荷をかけることになるため、発火や火災といった超危険な事故につながる恐れがあります。

4.加熱した時に明らかな異音や異臭がする

電子レンジを使うたび、なにやら「キー」という異音や「ギリギリ」といった明らかにおかしな音が聞こえるというサインに心当たりはありませんか。また、食品を加熱するたびに、焦げ臭い匂いを感じるといった異臭症状も危険です。

これらのサインが現れている場合、すでに電子レンジの内部が故障している可能性が高く、無理に使い続けていると、発火や完全に動かなくなるといった現象を引き起こします。

このようなサインが現れている場合、その他の危険サインを出していることも多いので、なるべく早急に買い替えを検討しましょう。

5.加熱すると火花が出る

食品を加熱した際に火花が飛び散っているという瞬時に危険と判断できるサインを出している場合は、即刻電子レンジの処分、そして買い替えを検討してください。このまま使い続けていると、いずれ火災につながる大事故を引き起こす可能性があります。

しかし、年数が経っていない電子レンジの場合、食品を入れている容器やお皿、温めている食品の状態に問題があることも。電子レンジで加熱してはいけないもの(アルミホイルや金属製の容器など)を温めていないか確認しましょう。

買い替える時に考えられる古い電子レンジの処分方法は?

リサイクルボックスに入っている電子レンジ

電子レンジを新しく買い替える場合、古い電子レンジを処分する必要があります。上記で紹介したような危険なサインが現れている電子レンジは、他の人に買い取ってもらったり、リサイクルショップで売ったりといった方法は適していません。

したがって、以下の3つの方法がオススメです。

  • 粗大ゴミとして自治体に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう
  • 家電量販店で新しい電子レンジを購入する際に下取りしてもらう

一般的には、家電量販店んで新しい電子レンジを購入する際、下取りしてもらったり、金額を支払って引き取ってもらうケースが多いです。

また、電子レンジは「小型家電リサイクル法」の品目に該当するため、自治体に引き取ってもらうことで電子レンジに含まれている貴金属や鉄などをリサイクルしてもらうことも可能です。

もしも電子レンジと一緒に他の家電や家具を処分してもらいたいと考えている場合は、一度に多くの大型製品を引き取ってくれる不用品回収業者に依頼するのも良いでしょう。

電子レンジに危険サインが出たら早めに買い替えて!

電子レンジに異常が見られた場合、そのまま使い続けていると発火や火災事故を引き起こす危険性があります。無理に使い続けるのではなく、処分して買い替えたり、年数によっては修理してもらったりといった対応を検討しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
買い替えるべき電子レンジとは

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る