子どもが高いところに登る心理3つ!考えられるリスクと防止策

木登りする兄弟

子どもは、高い場所を好む傾向があります。高い場所に登ることで、いろいろな経験を積むことが可能です。だからといって、子どもの身が危険な状態にさらされる可能性のある高所に登っていくのをただ見ているわけにはいかないですよね。子どもが高い場所に登りたがる心理をチェックして、その子に合った対策を実践しましょう。

ちょっと目を離すと、思いがけない行動に!

驚く女性

一瞬子どもから目を離した隙に、子どもが思いがけないことをしていたというのは、育児のあるあるともいえます。その中でも注意したいのが、高い場所に登ってしまうことです。高い場所に子どもが登ることで、以下のようなことが起こるリスクがあります。

  • 転落による大けが
  • 高い場所のものを落下させて、周囲の人にけがをさせる危険
  • 降りられなくなって救出しなければならなくなる

上記のようなことが起こるかもしれません。

子どもが高いところに登る心理3つ!

ジャングルジムに登る少年

子どもが高いところに登る心理は、以下のものが考えられます。子どもの性格や特徴と照らし合わせてみましょう。

1.感覚的な刺激が得られるため

高い場所に登るのは、大人でいう登山をしたときと同じような感覚なのかもしれません。

  • 高い場所に登ったときの達成感
  • 見たことがない景色
  • 高さから感じる感覚
  • 周囲の人の反応

なにかを成し遂げたときの達成感だけでなく、普段とは異なる目の前に広がる光景は、子どもにとって非常に魅力的なものです。

2.年が近い子への憧れ

子どもにとっての1年間は、心身の育ち方が著しいため目を見張るものがあります。1歳年上というのは、小さな子どもにとってあこがれを抱きやすい存在です。

  • 年齢が近い子が高い場所に登っている姿に刺激を受ける
  • 自分もやってみたいと感じやすい
  • 自分はできたという達成感と、憧れに近づいたという優越感

幼稚園や保育園、兄弟関係の身近な子どもがやっていることが、自分も試してみたいと感じやすい傾向があります。

3.危険よりも、やってみたい気持ちが勝つため

幼い子は、高い場所が危険であるという認識が低いため、好奇心を抱いたら突っ走ってしまいがちです。

  • 落ちたことがない
  • 落ちることによる大けがを知らない
  • 命の危険があることを知らない

何事も経験ですが、高所からの転落は大けがにつながる可能性があるので要注意!

子どもが高いところに登らないための対策

悩む主婦

高い場所に登るという経験は、子どもにとって欠かせないものです。しかし、保護者が忙しいときは、高いところに登るのを見守って、危険から子どもを守ることができません。子どもを危険な目に合わせないためにも、以下のことを実践してみてください。

  • ゲート使って防止する
  • 外出時は目を離さない
  • 極力登れそうなものがない場所を選ぶ
  • 登ってもいい高い場所を作る
  • 足場を置かない
  • 十分からだを動かせる場所に連れて行く

公園や家庭内に設置できる遊具であっても、年齢が月例にそぐわなければ危険なものになります。子どもの身体能力などを加味して、おもちゃや遊び場所を決めるのがおすすめです。子どもが十分からだを動かせる遊びなどを取り入れ、ストレスを発散させてあげてくださいね。

まとめ

子どもは、高い場所に登ることで、達成感などを得ています。危険ではないかを見守り、危険な場合は子どもが侵入しないような工夫を施しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
木登りする兄弟

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる