『陰口が好きな女性』の心理5選!話を聞くのが嫌になった時にすべきこと

陰口好きな女性とは

陰口を言う女性は、女性が一定数集まると必ずどこにでも現れます。だからこそ、陰口をいう人とは深いかかわりを持ちたくないですよね。今回は、陰口を言う女性の心理についてまとめました。陰口を聞くのが嫌になったときにとりたい行動も紹介しているので、自分の心身の健康を保つためにもぜひ活用してみてください。

女性が多いと頻繁に耳にする、陰口

仲間外れの女性

女性が多くなると、知らぬ間にいくつかの派閥が生まれ、女性同士の陰口などを聞く機会が増えてきます。女性が多くなると、うわさ話や陰口が発生することは仕方無い部分もありますが、できるのであれば陰口をいう人とは関わりたくないですよね。

今回は、陰口が好きな女性の特徴についてご紹介します。陰口を聞くのが嫌になったときの対処方法も、まとめました。

『陰口が好きな女性』の心理5選!

機嫌が悪い女性

陰口が好きな女性には、以下のような心理が働いています。

1.どこに行っても群れたがる

陰口をいいたい人は、どこに行っても複数人で群れたがります。群れにならなければ、陰口を言っても盛り上がらず、共感してくれる人もいないためです。

こういった人は同じ種類の人で群れるため、陰口だけで会話がずっと盛り上がります。自分たちの中だけで対象の評価などを決めて盛り上がることも、多々あります。

2.人によって態度を変える

自分がひいきにしている人にはいい顔をして、自分が見下している人には大柄な態度をとりたがります。

  • 後輩には大きな態度をとる
  • 嫌いな人には迷惑をかけるようなことを頼み、相手の様子をうかがう

相手が嫌いな人や特にひいきにしていない人であれば、相手を試すようなことをして、陰口のネタを探しているのです。

3.負けず嫌いで自分より優れた人を見るのが許せない

陰口を好む人は、自分よりも優れている人が許せません。目に留まった優れた人材に対する嫉妬心などを発散するために、対象の人の陰口を言うのです。

その人が本当にしたことではない、確証のない出来事であっても、陰口のネタとして仲間に提供して盛り上がり、ストレスを発散します。

4.自己中で自己肯定感は低い

陰口をいう人は、自己中でありながら自己肯定感は低い傾向。自己肯定感が低いからこそ、他人に勝てないため陰口をいって相手の足を引っ張るのです。自己中で視野が狭いため、一度陰口の対象にロックオンすると同じ人の話題を長く提供したがります。

5.自分のことは話さないが、人の秘密はうわさ話や陰口の種として使う

陰口を好む人は、人の陰口を仲間内で言い合っているからこそ、次は我が身と思う面を持っています。だから、自分のプライベートなどは一切話したがりません。

その分入手した人のうわさ話や陰口の種は、仲間に即座に提供します。自分が陰口の対象にならないためにも、陰口を好む人はネタ探しに余念がありません。

陰口を聞くのは嫌になったときにすべきこと

困る女性

同じグループにいる女性の陰口があまりにも頻繁でひどい内容だと、聞くに堪えないですよね。ストレスをため込んでしまわないためにも、以下の行動を取ってみてください。

  • 感情的にならず、それとなく話を合わせる
  • 一緒になって陰口は言わず、うなずくだけにとどめる
  • 別の話題を提供して、その場の空気を換える
  • 少しずつ距離を置き、自然な形でグループから抜ける

陰口を聞くのが嫌だからといって、陰口を言っていることそのものを否定することを言ってしまうのはNG!陰口の標的が自分になってしまい、集中攻撃を受ける可能性があります。

陰口はよくない行動ですが、それを正す必要はありません。距離を置き、関わらないようにするのが一番です。

まとめ

陰口を言う人は、どんな場所にも一定数います。自分の近くにいるのであれば、適度な距離を取って陰口の巻き添えにならないようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
陰口好きな女性とは

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る