ゴミの分別をしないとどうなる?正しくしないと火事になることも?

ゴミ箱

ゴミの分別は、正直めんどくさいと思っていませんか?燃えるゴミに紛れ込ませておけば、と思う人もいるかもしれませんが、それはNG行為!ゴミを分別しなければどんなことが起こるのかを、チェックしてみましょう。ゴミを分別するための方法を知る手段についても紹介しているので、引っ越しなどをしたときに確認してみましょう!

ゴミの分別が面倒!

ゴミ袋

ゴミの分別、正直面倒だなと思ったことがありますよね。すべて燃やせるゴミなら、燃やしてしまえばいいのにと思いながら分別している人も、いるのではないでしょうか。

しかし、ゴミの分別は極めて重要なことです。ゴミ処理の経費を安くするだけでなく、そのほかにもゴミを分別するメリットはたくさん!どうしてゴミを分別すべきなのかを、チェックしてみましょう。

ゴミの分別をしないとどうなる?

ゴミの分別

ゴミの分別をしなければ、以下のことが起こる可能性があります。

1.ゴミを持って行ってもらえない

ゴミを分別しないままひとつの袋にまとめて出してしまうと、収集してもらえない可能性があります。

  • 燃えるゴミの中に不燃ごみやスプレー缶が入っている
  • 指定のゴミ袋を使用していない
  • ゴミ袋が大きく破損している

上記のようなゴミは回収されないため、取り残されて恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

2.環境に悪影響を与える

燃えるゴミの袋の中に、本来なら不燃ごみとして出さなければならないものを入れてしまうのは絶対NG!燃やしたときに、二酸化炭素など有害で環境への負担が大きなガスが発生してしまう可能性が高いです。

3.ガス缶を可燃ごみに出すと火事を招くかも

ガス缶を可燃ごみに紛れ込ませるのは、非常に危険!

  • ガス缶が破裂し、収集車が燃える
  • 火が出て近隣に燃え移り、火事を招く

他人だから迷惑をかけても構わないと思うのではなく、収集してくれる人や周囲の人見寧枠をかけないためにも、正しい方法でごみを処理するべきです。

4.自治体の人や管理人から注意される

指定されている方法でゴミを処理していないと、自治体や管理人から注意を受けることになるかもしれません。

  • 顔を覚えられて、気まずい雰囲気になる
  • 近所にうわさが出回って、住みづらくなるなど

守るべきルールを破り続けると、周囲の人から距離を置かれてしまう可能性が高まります。

ゴミの分別方法を知るためには

ゴミを捨てる様子

ゴミの分別方法を知るためには、以下の手段が有効です。

  • 自治体に問い合わせる
  • 市役所に問い合わせる
  • 市役所で分別表をもらう
  • 市のホームページを確認する

ゴミの分別方法は、簡単だと思い込んで自己流で分別するのはNG。住んでいる地域によって、分別方法が異なるものがある場合があるので、必ず分別表をチェックしながらゴミをまとめましょう。

分別表に記載されていないものを捨てなければならないときは、どのような手段で捨てるべきかを市役所などに問い合わせてみるのがおすすめです。正しい方法でゴミを分別し、指定された場所にルールを守って出しましょう。

まとめ

ゴミの分別は、生活していく中でしっかりと行う必要があります。ひとり暮らしをスタートさせたり、引っ越しをした場合は、できるだけ早くゴミの分別表を入手してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ゴミ箱

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる