冷凍ご飯の賞味期限はいつまで?長く日持ちする保存とおいしく解凍する方法

炊飯器で炊いて食べきれなかったご飯を冷凍で保存するご家庭は多いのではないでしょうか。節約や食べ物を大切にするという観点から、冷凍保存は有効だといえますね。しかし、冷凍ご飯を解凍して食べたものの、それほど美味しくなかったというのはよくあることです。そこで、ここからは賞味期限や日持ちさせる方法、美味しく解凍する方法などを詳しく紹介していきます。

冷凍ご飯の賞味期限

白米を食べるこども

一般的に冷凍ご飯の賞味期限は、一か月程度といわれています。意外と長持ちすると思われる方は多いのではないでしょうか。

実は、ご飯は冷凍することで傷みの原因となる細菌の活動を抑えることができるのです。そのため、一か月と長期間での保存が可能です。

ただし冷凍してから一週間過ぎると、ご飯の味や風味は次第に落ちてきてしまいます。よって、美味しい状態で食べるためには、冷凍してから一週間以内で食べきることをお勧めします。

冷凍ご飯の期限を長持ちさせる保存方法

米をラップで包む

一食分ずつラップで包む

冷凍ご飯の期限を長持ちさせるためには、一食分ずつ小分けにしたご飯をラップで包んでから保存するといいでしょう。ラップに包むことで雑菌の侵入を防ぎ、より賞味期限が長持ちします。

ご飯を早く冷凍させる

賞味期限を長持ちさせるには、なるべく早く冷凍させる必要があります。早く冷凍させることで、雑菌が繁殖してご飯が腐敗するのを防ぐことができるからです。

そのためには、まずラップで包むときに、なるべくご飯を平べったい状態にしてから保管するといいでしょう。また、アルミホイルの上にご飯を並べて保存しておいても素早く冷凍させられます。

冷凍ご飯の賞味期限の見分け方と注意点

カビたご飯

せっかく冷凍でご飯を保存したとしても、保存方法が良くないと安全に食べられなくなってしまうことがあります。以下のような状態を見つけたら、賞味期限内であっても処分した方がいいでしょう。

ご飯から酸っぱい臭い、異臭がする

ご飯から異臭がしている原因は、雑菌が繁殖しているからです。少しくらい大丈夫だと思って食べてしまうと、食中毒の危険性があります。

そもそもご飯に付着している雑菌は、百度以上の熱で再加熱をしても死滅することがありません。つまり、フライパンなどで熱を通しても全く意味がないので注意が必要です。

カビが生えている

ご飯をよく見ると、一部分が極端に白くなっていたり、緑になっていることがあります。これは、ご飯にカビが繁殖している状態だといえます。そのまま食べるとお腹を壊すため、カビを見つけたら絶対に処分してください。

変色が激しい

ご飯が黄色く変色したり、通常よりも固くなっている状態も処分した方がいいです。食べようと思えば食べられなくもないですが、風味や味が落ちてしまっています。したがって、美味しく食べることができません。

冷凍ご飯をおいしく保存するコツ

ご飯と冷蔵庫

ご飯は冷凍保存ができますが、間違った方法で保存した場合は美味しく食べることができません。では、どうすれば美味しく保存することができるのでしょうか。

ラップを使う

まず、ラップで保存する際はなるべく炊き立てのご飯を冷凍することが大事です。ご飯を完全に冷ましてから、ラップで包むという方は多いのではないでしょうか。

しかし、完全に冷ましてしまうとご飯から水分が抜けてしまうので、いざ解凍して食べようとした時に乾燥してしまいます。また、風味も同時になくなってしまうので、ご飯のおいしさを味わうことができなくなってしまいますよ。

その点、湯気が出ている時にラップで包めばご飯の水分をしっかりと閉じ込められるので、解凍した時にふっくらとしたご飯が食べられます。

その他の注意点は、ご飯をしっかりと包むために強い力で押さえつけないことです。炊き立てのご飯を強く押してしまうと、ご飯の粒がつぶれてしまいます。その結果、解凍して食べる時にご飯がくっついて味が落ちてしまうことになりますよ。

ご飯をラップで包んだ後は、そのまま置いて粗熱をとってから冷凍庫に入れましょう。もしもご飯が熱い状態で冷凍庫に入れると、ラップ内で大量の水滴が溜まって劣化を早めてしまいます。

さらに、冷凍庫内の温度も急激に上がるので急冷の妨げにもなります。よって、しばらく冷ましてから冷凍庫に入れることが大事です。

タッパーを使う

ご飯をラップで包む以外にも、タッパーを使って美味しく保存する方法もあります。そのやり方は、まず温かい状態のご飯を手早くタッパーに入れていきます。その後、蓋をして粗熱をとるためにそのまま置いておきます。

この時、ご飯の熱で蓋に少量の水分が付着しますが、拭き取ってはいけません。というのも、この水分はご飯を解凍した際にふっくらとさせてくれる作用があるからです。それから、粗熱が取れたらタッパーを冷凍庫に入れて保管しましょう。

冷凍ご飯をおいしく解凍する方法

お皿にのせたライス

ご飯を冷凍保存後、それを食べるために解凍した所、ご飯がパサパサして美味しくなかったということはよくあるものですよね。そもそも美味しくなくなる原因は、冷凍ご飯を解凍する方法が間違っているからです。

解凍の手順

美味しい状態で食べるためには、冷凍庫から出した後に常温で時間をかけて解凍することが大事です。早くご飯を食べるために、ほとんどの方はいきなり電子レンジに入れて温めてしまいがちです。そうすると、一気にご飯に熱が加えられるために水分がたくさん飛んで乾燥してしまいます。

その結果、ご飯がパサパサになって美味しくなくなってしまうのです。しかし、常温に置いておけば、だんだんとご飯が解凍されてラップの内側に水滴がついてきます。水分がある程度出てから電子レンジで解凍することで、ふっくらとした状態のご飯になります。

冷凍ご飯の解凍後の美味しい食べ方

焼きおにぎり

解凍した冷凍ご飯を美味しく食べるには、焼きおにぎりがおすすめですよ。気が付いたら冷凍ご飯が溜まってしまい、どう食べたらいいのか分からないということはよく起こりますよね。

そんな時、焼きおにぎりにすれば大量消費ができるのでとても便利です。好みの味付けをした冷凍ご飯をおにぎりにして、トースターで焼けばいいだけです。簡単にできるので、一度試してみてはどうでしょうか。

冷凍ご飯を美味しく食べるにはポイントがたくさんある

美味しそうな白米

冷凍ご飯は、仕事などで忙しくて家事ができない時に保存しておけば非常に便利です。ただ何も気をつけずに冷凍や解凍をすると、せっかくの冷凍ご飯の美味しさを引き出しきれません。

しかし、上記で説明したポイントをきちんと順守すれば、炊きたてのような美味しいご飯を再び味わうことができます。これまで挙げてきた内容を参考にしてみてください。