『会話するとイライラしてしまう人』5選!なぜ特定の人との会話にストレスが生まれるの?

会話するとイライラする人の共通点とは

生活様式が変化し、人間関係が変化する中で、いろいろな人と出会いますよね。しかし、どんなに人間関係に変化があったとしても、一緒に話していてなぜかイライラしてしまうという人もいるものです。では、どんな人が話していてイライラしてしやすいのかを、チェックしてみましょう。イライラしてしまう相手と楽しく話す方法も、併せてチェック!

楽しいはずの会話でイライラ

口喧嘩をする夫婦

会話は、お互いの考えや意見を交換するほかにも、親睦を深めるためにも必要なものです。雑談などを楽しみたいにもかかわらず、特定の人との会話ではなぜかイライラしてしまう。

どうして会話によるストレスが発生してしまうのか、原因をチェックしてみましょう。イライラしてしまう人との会話を楽しむコツについても、紹介しています。

『会話するとイライラしてしまう人』5選!

考える女性

会話をするとイライラしてしまう人とは、どのような人なのでしょうか。

1.自分の話ばかりで、相手の話に耳を貸さない

自分の話ばかりする人と一緒にいると、話を聞き続けることになるので疲れてしまいます。こちらが話そうとしているにもかかわらず、わかっていてこちらの話を遮断してくるとなると、心がもやもやしてしまいがち。

こういったときは、相手の態度を反面教師にして自分の最近の態度を振り返りましょう。

2.相手が話しているときに、自分の話をねじ込んでくる

誰かが楽しく話していてほかの人も会話を満喫しているにもかかわらず、自分の話を無理やりねじ込んでくる人もいます。こういった人は、会話の中心が自分でないと気が済まないタイプなので、自分の話をし始めることが多い傾向です。

3.話している内容が伝わらない

今話している内容が、相手になかなか伝わらないとなると、話している人はイライラしてしまいやすくなります。同じ内容の話を何度も繰り返し、話がなかなか進展せず、結局最後まで話が終わらなかったとなると、イライラを抱えたまま相手と別れなければなりません。

4.アドバイスを無視する

相手が悩んでおり、アドバイスを求めてきれているから答えたのに、そのアドバイスを無視されるとイラっとしてしまうものです。求められていないにもかかわらずアドバイスをしてしまうと、それはおせっかいと取られてしまうことがあるので要注意!

5.話を逸らす

今話している話の内容をそらしてしまうのも、印象がよくない行為です。話を逸らすということは、今話していることに対して興味がないという風に受け取られてしまう可能性のある行動です。

楽しく会話をするためのコツ

会話する女性

話が合わない相手と、会話を通して楽しい時間を過ごすためには、以下の点に注意してみましょう。

  • 相手に寄り添って話を聞いてあげる
  • 相手の話をよく聞き、なにが言いたいのかを分析する
  • 相手が理解できる言葉を選んで話す

相手と自分が同じ目線で話をしているという前提で話をすると、齟齬が重なるといらだちにつながる可能性が高くなります。イライラしないためにも、相手が自分が対等であると考えず、相手がどのような言葉であれば理解できるかを研究しながら会話を進めましょう。

相手に合わせてあげることで、お互いに気持ちよく会話が楽しめやすくなりますよ。

まとめ

話が合わない人は、人間関係がどんなに変化しても出会う可能性があります。話が合わないから無視するのではなく、こちらが相手に合わせてあげて、自らの視野を広めましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
会話するとイライラする人の共通点とは

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る