誰かに伝えたくなる『チョコの雑学』4選!バレンタインデーの意外な文化まで解説

バレンタインデーは、1年の中でも特別な日といえます。好意を寄せる相手や恋人にチョコレートを渡す文化が、日本では広まっていますよね。今回は、チョコレートに関する豆知識をまとめました。ちょっとしたときに披露したくなるような知識なので、ぜひ知っておきましょう。また、バレンタインデーの意外な文化もまとめています。

バレンタインデーに欠かせないチョコレート

バレンタインデー

バレンタインデーといえば、好きな人に渡すチョコレートですよね。チョコレートは、甘党の女性は目がない食べ物といえます。

今回は、誰かに言いたくなるチョコレートの雑学についてご紹介します。チョコレートに関する雑学を知り、正しい知識を身につけましょう!

誰かに伝えたくなる『チョコの雑学』4選!

チョコレートの箱

つい誰かにプチ自慢したくなるような、チョコレートに関するちょっとした知識を集めました。

1.チョコレート=太るわけではない

チョコレートといえば、太るというイメージが強い人は少なくないのではないでしょうか。チョコレートの原料であるカカオ豆は、脂肪を多く含んでいます。しかし、カカオに含まれている脂肪は、人間に蓄積される脂肪と異なり良質です。

チョコレートを食べることそのものが太ることには直結しておらず、体に吸収しにくい脂肪を多く含んでいます。チョコレートはカカオだけでなく砂糖も多く含んでいるため、大量に食べてしまうと太る可能性があるので注意しましょう。

2.適度に摂取すると、うれしい効果が得られる

チョコレートは適度に摂取すると、以下のようなうれしい効果が得られやすくなります。

  • 集中力がアップする…脳のエネルギー補給におすすめ
  • お酒のおつまみに…カカオポリフェノールが胃の負担を軽減
  • 気分転換にも…ポジティブな気持ちになりやすい

チョコレートを適度に摂取して、よい効果を得て生活の質を高めましょう。

3.落ち込んだりマンネリにも効果が期待できるかも

恋人とのマンネリや気分が沈んだとき、失恋などで悲しい気持ちになっているときにもチョコレートは有効です。

チョコレートには恋愛ホルモンに似た作用があるため、沈んだ気持ちをアップさせる効果に期待が高まります。倦怠期にチョコレートを適度に食べると、気分がアップするため効果が期待できますよ。

4.昔は万能薬だった?!

14世紀周辺では、カカオは神の食べ物とされていました。薬草とのブレンドで、胃腸薬や解熱鎮痛剤として使用され、そのほかにも消毒などにも使用され、万能薬として使われていた時期があります。今のように砂糖を混ぜているわけではないので、苦みの強いチョコレートといえます。

バレンタインデーの意外な文化とは

バレンタインのプレゼント

バレンタインデーの意外な文化は、以下のものがあげられます。

  • 海外では、男性から女性にプレゼントを贈る
  • 恋人同士だけではなく、家族や夫婦にもプレゼントを渡す
  • 義理チョコの文化はない
  • 花束やアクセサリー類を贈る
  • ディナーを楽しむ

海外のバレンタインデーは、女性から男性にプレゼントを贈るケースは少ない傾向です。男性が好意を寄せる女性や家族に対して、感謝の気持ちや想いを乗せてプレゼントを贈るのがオーソドックスといえます。

日本でも昨今は男性から女性に思いを伝えるケースがあり、徐々にバレンタインデーの楽しみ方の幅が広がりつつあるようです。

まとめ

バレンタインデーは、日本ではチョコレートを渡すことが多いイベントです。チョコレートにまつわる豆知識を増やし、ちょっとしたときに披露してみましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる