コインランドリーで絶対に洗ってはいけない『3つのもの』 ダメな服の素材は?

たくさんの洗濯乾燥機

コインランドリーにある洗濯乾燥機は、自宅で洗うには少しためらってしまうような大きなものをきれいにできるのが大きな魅力です。ため込んだ洗濯物や、深夜の洗濯なども周囲を気にせずできるのも必見!しかし、コインランドリーではメンテナンスできない素材の洗濯物もあります。間違えて洗濯乾燥してしまうと、素材が傷んだり型崩れするかも。

コインランドリー不可の素材をチェック!

コインランドリー

コインランドリーは、家庭用の洗濯乾燥機とは大きさが違うため、幅広い年齢層の人が利用できる生活の中に欠かせないものです。上手に活用することで、普段洗えないものもきれいさっぱり洗えるので重宝するアイテムといえます。

しかし、コインランドリーの洗濯乾燥機に入れてしまうと、素材が劣化してしまうものや型崩れする可能性があるものがあるので注意しましょう。

コインランドリーで絶対に洗ってはいけない『3つのもの』

NGを伝える主婦

コインランドリーで洗うべきではないものをまとめました。

1.特殊素材の洋服

特殊素材を使用している衣類は、コインランドリーでの洗濯と乾燥に耐えられない可能性があります。衣類の縮みや劣化、型崩れを起こしてしまうかもしれません。

  • ウール
  • カシミヤ
  • シルク
  • レーヨン
  • 革製品
  • 洗濯不可の毛布など

デリケート素材のものは、自宅の洗濯機についている手洗いモードを使って洗いましょう。洗濯不可のものは、まとめてクリーニング屋さんに出し、定期的にメンテナンスをしてもらうのがおすすめです。

2.布団

布団といっても、複数の種類があります。キルティングのある羽毛布団やこたつ布団であれば、コインランドリーでのメンテナンスが可能!冬場に使用したものをしまい込む前に、きれいすっきりお洗濯しましょう。

下記のものはコインランドリーでのメンテナンスが不可である場合があるので、洗濯タグをチェックしてみてください。

  • 綿素材の布団
  • ウールの布団
  • 座布団

綿やウールは、中の素材が縮んだり偏ってしまうことがあります。手洗いや専門業者に依頼して、クリーニングしてもらいましょう。

3.ぬいぐるみなど

ぬいぐるみは、基本的に家庭用の洗濯機で洗い、天日干しや日陰干しなど洗濯タグに記載されている方法に従ってメンテナンスを行うのが無難です。ぬいぐるみだけでなく、以下のものもぬいぐるみと同じような方法でメンテナンスを行いましょう。

  • クッション
  • まくらなど

洗濯不可となっているものは、専門業者に依頼してメンテナンスを行うのがおすすめです。

コインランドリーを有効活用する方法

きれいに仕上がった洗濯物

コインランドリーは、家庭では一度に処理できない洗濯物を一気に洗濯できるパワーを持っています。うまく活用して、洗濯物をため込まないようにしましょう。

  • 梅雨時期のまとめ洗いに活用
  • 毛布やキルティング生地の布団の洗濯乾燥
  • 一人暮らしや家族の洗濯物のまとめ洗い
  • 夜遅い時間の洗濯乾燥

大きな洗濯機だからこそ、パワフルに洗濯物をきれいに洗浄してくれますよ。コインランドリーでの洗濯不可のものが紛れていないかをチェックし、素材に合ったメンテナンス方法を厳守してコインランドリーの洗濯機を上手に利用してくださいね。

まとめ

コインランドリーを利用するときは、NG素材のものを含めないよう注意しましょう。対応しているものを一気に洗い、仕上がった洗濯物を気持ちよく持ち帰ってくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
たくさんの洗濯乾燥機

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる