『貧乏財布』の特徴5選!実は運気が超下がっているNGサインとは

使い古している財布

「なんだか最近お金がすぐに無くなってしまう」と感じることはありませんか。もしかすると、金運が下がっているのかもしれません!それが金運を下げてしまう『貧乏財布』の仕業である場合、新しく買い直すことも検討してみましょう。

最近お金が足りない…もしかして『貧乏財布』の仕業かも!?

女性と空の小銭入れ

「最近、何かと出費が多くてお金がなくなっていく…」「つい使いすぎてしまう」という自覚はありませんか。家計簿を見ても出費が多く、なかなかお金が貯まらないと悩んでいる主婦の方は多いでしょう。

自分では頑張っているつもりなのに、なぜかお金が貯まらない…そんな時は、金運が下がっている可能性を考えてみてはいかがでしょう。生活環境に問題があることも多いですが、もしかすると、金運をガクッと下げてしまう『貧乏財布』の仕業かもしれません。

実は運気が下がっているかも…『貧乏財布』の特徴5選

風水において『貧乏財布』とは、使い続けていると運気がどんどん下がっていってしまう財布のことを指します。特に財布は金運を司っているため、金運がガクッと下がる大きな原因となることも…。ここではそんな『貧乏財布』の特徴について紹介します。

1.レシートが大量に入っている

まずは財布の中身を確認してみましょう。財布の中にレシートや使用期限が過ぎたチケットやクーポンなどは入っていませんか。このような不用品が財布の中に大量に残っていると、新たなお金が入って来たくても入って来ることができません。

不要になったチケットやクーポンはすぐに廃棄し、レシートはその日のうちに家計簿などに記録をつけ、そのまま破棄、あるいは別のレシートを保管するファイルなどに移しましょう。

2.汚れや劣化が進んでいる財布

財布自体が汚れていたり、劣化が進み破れたりしていませんか。このようにボロボロになった財布を「まだ使えるから」と使い続ける行為も金運を大幅に下げてしまうNG行為とされています。

良い「気」は清潔な状態を好みます。そのため、すでに使い古しており劣化が進んでいる財布を嫌い、寄り付かなくなってしまうのです。反対に、悪い「気」がこうした財布に集まり、充満してしまうことで金運が下がる原因となります。

3.3年以上使い続けている財布

実は、風水において財布の寿命は1000日と言われています。この期間を過ぎてしまった財布は、良い気が集まらなくなるだけでなく財布から逃げてしまい、さらに金運をガクッと下げてしまうと言われているのです。

1000日という数字は約3年です。したがって、使い始めてから3年ほど経った財布は、新しい財布に新調するようにしましょう。3年ほど経つと、財布は徐々に経年劣化が見え始めるため、買い替えのベストタイミングでもあります。

4.全体的に赤い色を使っている財布

金運を左右する財布の色も注目してみましょう。金運を下げてしまう財布の色として「赤」は絶対にNGとされています。赤い色は「火」の気を強く持っているため、財布の中に入っているお札を燃やして無くしてしまうと考えられているからです。

また、赤い色は視覚的にその人に刺激を与えやすい色とされています。そのため、赤い色の財布を使っていると、つい誘惑に勝てず浪費してしまう傾向があります。赤い色は財布の中でも特に『貧乏財布』として注意されているので、お金を貯めたい人は赤い色の財布を避けましょう。

5.中古品の財布

すでに誰かが使い手放した財布には、悪い気だけが残っているため、風水的には持っているだけで金運を下げてしまうと考えられています。

特にお金持ちになった人が使っていた財布は、すでに財布が持っていた運気を吸い取られた後なので、良い気は残っておらず、反対に悪い気を吸い込んでしまっている可能性が高いです。

他にも中古品の財布はいろんな人の手を渡ってきているため、多くの人の気を吸い込んでいるとされています。様々な情念が入り混じっているため、金運が休まらず、良い効果を発揮しづらいのです。

財布を新調して金運UP!金運を上げる財布の特徴は?

色違いの4種類の財布

貧乏財布は金運を下げてしまう傾向があるため、なるべく早めに新調したり、財布の中を整理整頓したりすることをお勧めします。では、反対に金運を上げてくれる財布には、どのような特徴があるのでしょうか。

  • 天然の皮革を使っている財布
  • 落ち着いた黄色い色合いの財布
  • 使い勝手の良い財布
  • お金を余裕を持って入れられる大きめの財布

牛革などの天然のレザーものを使っている財布は、金運が上がりやすいとされています。

また、金運を上げるにはゴールド系の財布がいいと言われていますが、派手すぎるとかえって金運が休まりにくいとも言われています。そのため、落ち着いた色合いの黄色い財布が最も使いやすく、金運を上げる財布と言えるでしょう。

また、お金が窮屈さを感じてしまうと財布から出ていってしまうと考えられているため、余裕を持ってお金を入れられる財布を用意しましょう。よく「長財布が金運UPに良い」と言われていますが、これはお金が落ち着いて休めるから、という考えから来ています。

貧乏財布は今すぐ卒業!金運UPに良い財布を

いかがでしたか。貧乏財布は使っていても気分があまり良くなく、金運も下げてしまいます。すでに3年以上使っている財布やボロボロの財布はなるべく早めに新調し、すっきりとした気持ちで財布を使えるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
使い古している財布

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる