かいわれ大根に絶対NGな『育て方』4選

かいわれ大根

かいわれ大根は、ガーデニング初心者の人でも簡単に育てられる植物です。水耕栽培で育てられるので、土を購入する手間もかかりません。しかし、育て方を間違えてしまうと、上手く発芽しないかも。確実に収穫するためにも、NGな育て方をチェック!正しい育て方も紹介しているので、実践してみてください。

かいわれ大根を育てるときに必要なもの

かいわれ大根の種

かいわれ大根は、屋内で水耕栽培可能な野菜です。とても簡単で、収穫までの日数が短く、ガーデニング初心者の人にもおすすめ!まずは、かいわれ大根を育てるときに必要なものをチェックしましょう。

  • かいわれ大根の種
  • キッチンペーパーもしくはスポンジ
  • 容器…高さ5cmほどのものであればなんでもOK
  • 霧吹き

種はホームセンターなどで簡単に入手できますよ!容器と霧吹きは100円均一のもので十分です。

かいわれ大根に絶対NGな『育て方』4選

バツ印を出す女性

かいわれ大根を育てるときに、やってしまいがちなNG行為をまとめました。

1.水の与えすぎ

種がおぼれてしまうほどの、大量の水を容器に注ぎ込んでしまうのはNG。種が腐ってしまい、発芽しない可能性があります。

湿らせたキッチンペーパーやスポンジの上に種を置いたら、基本的にそのままでも発芽しますよ。なかなか芽が出ないのであれば、霧吹きを1~2回して種をうっすら湿らせて様子を見ましょう。

2.高温の環境で育てる

30℃を超える高温の場所では、かいわれ大根が育ちにくくなります。水耕栽培なので、水が傷んでしまうかもしれません。真夏や真冬は、エアコンの効いた部屋での管理がおすすめ!電気の光が気になるのであれば、容器の上にアルミホイルをかぶせておくと育ちやすくなります。

3.最初から直射日光に当てて育てる

かいわれ大根やブロッコリースプラウトは、種や発芽間もない状態のときに直射日光を浴びてしまうと、発育がストップしてしまいます。発芽してある程度まで育ててから、日光に当てるようにしましょう。

4.乾燥させる

かいわれ大根は、水切れの状態が少しでも続くと、すぐに茎がクタクタになってしまいます。一度しぼんだかいわれ大根は、急いで水をやっても復活するのが難しいため、早めに収穫してください。劣化が進んでいる場合は、破棄しなければならなくなります。

かいわれ大根の正しい育て方

水耕栽培で育てるかいわれ大根

かいわれ大根の育て方は、とっても簡単です。

  • 容器の底に、折りたたんだキッチンペーパーや、底に合う大きさに切ったスポンジを敷く
  • 霧吹きで湿らせ、その上に種が重ならないように置く
  • 暗い場所で発芽を待つ
  • 発芽したら朝晩様子を見て霧吹きをして水やりをする
  • 1週間ほどして適度に伸びたら、明るい場所に出して葉を緑化させる
  • 10日ほどで収穫

かいわれ大根は、乾燥するとすぐにしぼんでしまいます。水切れしないよう管理すると、たくさん収穫できますよ。種の間隔が広すぎると、収穫量が少なくなってしまいます。種は多めに撒いても、問題なく育ちます。

まとめ

かいわれ大根は、とても簡単に育つため、小さなお子さんでも育てられます。自由研究や食育の一環として育て、家族でおいしく食べましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
かいわれ大根

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる