『愛想が無い人』の特徴5選!よくする言動や対処法まで解説

女性の口元

職場や学校などに愛想が無い人がいると、どう接するべきか悩みますよね。まずは、愛想が無い人の特徴を把握して、相手の心理を知りましょう。愛想が無い人への対処法や接し方をいくつか紹介しているので、身近に愛想が無い人がいる場合は試してみてください。お互いに無理のない距離感をつかみ、適度にお付き合いしましょう。

愛想が無いとは

怒っているように見える女性

愛想が無いとは、どんな人に対してもそっけない態度を取ることを指します。年齢や性別関係なく、誰にでも平等にそっけない態度を取りがちなのが愛想が無い状態に当てはまります。

人を見下したり、人を見て威張るような態度を取る人は、愛想が無いのではなく横柄な人なので区別しましょう。

今回は、愛想が無い人の特徴をご紹介します。愛想が無い人への接し方も紹介しているので、適度に距離を縮めるときに活用してみてください。

『愛想が無い人』の特徴5選!

外を眺めす女性

愛想が無い人には、以下のような特徴がみられます。

1.目が合わない

愛想が無い人は、人と接するのが苦手なことがあり、目が合いにくいことが多々あります。

  • 緊張している
  • 人見知り
  • どうしていいかわからず、目をそらしている

上記のような理由で目が合わないため、決して相手が嫌いで目を合わせていないというわけではありません。

2.仲間と同調しない

愛想が無い人は、人との会話を長く続けるのが得意ではありません。そのため、会話の中に入っていたとしても無理に同調することはないのです。

会話は必要最低限でよいと考えている場合も、無理に同調しない傾向。自分は違う意見を持っていると、きっぱり述べる人もいます。

3.表情が乏しい

愛想が無い人は、表情が乏しい人が多いです。悪意を持って相手に対して無表情で接しているのではなく、自分の感情を表に出すのが苦手なのです。

愛想が無い人であっても、少なからず笑ったり怒ったりという表情の変化はあります。そこを見逃さないようにすれば、距離が縮みやすくなるかもしれません。

4.コミュニケーションを取らない

愛想が無い人は、人とコミュニケーションを取るのが苦手だと感じている場合があります。業務連絡であれば難なくこなせますが、雑談は苦手。なにを話せばいいかわからないため、自ら誰かとコミュニケーションを取ることが少ないのです。

5.人間関係に煩わしさを感じている

人間関係でトラウマを抱えている場合、他人に対して愛想が無い態度をとる人もあります。誰かとつながりを持つことで、昔のように裏切られたり傷つくことを避けるために、人と距離を取っているのです。

また、人とつながりを持つと、プライベートな時間に食事などの誘いを受けることがあります。自分の時間は自分で好きなように使いたいと思っている人も、職場などでは必要最低限のやり取りしかしないケースもありますよ。

愛想が無い人への対処法

仕事に向き合う女性

愛想が無い人への対処法は、以下のものがおすすめです。

  • 積極的に話しかけ、相手の好きなものを探る
  • 相手の中で、自分がどんな立ち位置にいるのかを考える
  • 見た目で相手を判断せず、仕事の出来具合などをしっかりと把握する
  • 話すことを強要しない
  • 要点を伝えて、あまり深く接しない

愛想が無い人は、人付き合いがあまり得意ではありません。みんなでワイワイするのが苦手という人もいます。

まずは、仲良くなれるか話しやすい話題を振ってみましょう。どれだけ話題を振ってもそっけない場合は、つながりを持ちたくないと感じているのかもしれません。このようなときは、少し距離を取り、要点を伝えるような関係を保つようにしてみてください。

まとめ

愛想が無い人は、決して悪い人ではありません。本人のスタイルを尊重し、適度な距離感を持って接してあげてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
女性の口元

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる