『おしゃれ着洗い』は何が違うの?通常洗いとの違いと注意点

洗剤を入れる様子

毎日のお洗濯を行うとき、コース選びをしますよね。普段着用している洋服を洗う場合は、通常コースやおまかせコースを選び、お出かけ用の洋服はおしゃれ着コースでメンテナンスをしている人が多いと思います。まずは、通常コースとおしゃれ着コースの違いを簡単に解説。おしゃれ着洗いの特徴と、使用するときの注意点もチェックしましょう。

おしゃれ着洗いと通常洗いの違い

洗濯機を使う女性

洗濯機を使うとき、衣類の種類によってコースを選びますよね。普段使いする洋服は通常コースで、お出かけ用はおしゃれ着コースにしているけれど、実際なにが違っているのかを今一度チェック!

  • 通常コース…麻・綿・ヨーレン・合成繊維の衣類洗濯コースで、弱アルカリ性の石鹸や合成洗剤を使用
  • おしゃれ着コース…毛・絹・おしゃれ着用全般の洗濯コースで、中性洗剤を使用

上記のように、それぞれ洗えるものの対象と使用する洗剤の種類が異なっています。

『おしゃれ着洗い』は何が違うの?特徴を解説

考える女性

おしゃれ着洗いの、具体的な特徴をご紹介します。

1.手洗いマークのデリケートな衣類を洗える

おしゃれ着洗いは、洗濯タグに手洗いマークがついている衣類をお洗濯できるコースです。おしゃれ着洗いに適している素材は、以下のものが挙げられます。

  • ニット類
  • コットン
  • ナイロン
  • アクリルニット
  • ベルベット
  • アセテートなど

きれいめのお出かけ用ワンピースや、冬場に大活躍するニットセーター、お気に入りのランジェリーや布マスクなどが対象の衣類や小物にあてはまります。

場合によっては自宅でお洗濯できないものもあるので、洗濯機に入れてしまう前に洗濯タグをチェックしてくださいね。

2.名称がいくつかある

おしゃれ着洗いのコースは、洗濯機の種類によっていくつかの名称があります。

  • おしゃれ着コース
  • 手洗いコース
  • ドライコース
  • ソフトコースなど

デリケートな素材の洋服をお洗濯するコースなので、洗剤は中性洗剤を使用するのがおすすめです。柔軟剤は、おしゃれ着専用のものを選びましょう。そうすることで、衣類への負担を減らし、余分なシワを作らず色落ちを防ぎながらお洗濯できますよ。

仕上がった洗濯物は、洗濯タグの指示に従って陰干し等で乾かしましょう。

おしゃれ着洗いを使うときの注意点

仕上がった洗濯物

衣類への負荷が低いおしゃれ着洗いを使用するときの注意点は、以下の通りです。

  • コストがかかる…通常コースが約10円、安価なおしゃれ着コースが約20円かかる
  • 汚れ落ちはよくない…おしゃれ着洗剤に含まれる界面活性剤が低いため

このような点を踏まえると、おしゃれ着洗いを通常のお洗濯で毎日使用するのは不向きです。毎回おしゃれ着洗いで洗濯していたとしても、生地には少なからずダメージが蓄積されていくため、徐々に型崩れしやすくなりますよ。

洋服は、消耗品です。大切に、素材に適している洗濯方法を選び、楽しみながら着用しましょう。

まとめ

大切な洋服を長く着用するためにも、衣類の素材に合った洗濯コースや洗剤を選びましょう。おしゃれ着洗いは、お出かけ用の大切な衣類を洗うときに使用し、型崩れなどを防止してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
洗剤を入れる様子

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る