子供部屋にNGな風水5選!ダメな方位や置いてはいけないものを解説

子供部屋は、子供が長い時間を過ごす大切なプライベート空間です。だからこそ、子供の成長と発達を促せるような環境を整えてあげたいですよね。まずは、風水的にNGな子供部屋の特徴を確認してみましょう。子供部屋におすすめの方角と、インテリアについても紹介しています。子供部屋を作る、模様替えをするときなどに取り入れてみましょう。

子供部屋のレイアウトには注意!

女の子の子ども部屋

子供部屋のレイアウトを全て子供に任せきりにするのは要注意!風水的にNGな子供部屋の環境が整ってしまうと、学業や子供の生活態度などによくない影響が出てしまうかもしれません。

今回は、子供部屋に取り入れるべきではないレイアウトや、子供部屋に不向きな方角をご紹介します。我が子の部屋の位置や、室内の雰囲気を見て、改善点がないかをチェックしましょう。

子供部屋にNGな風水5選!

バツ印を出す女の子

子供部屋に取り入れるべきではない、風水的なNGポイントをまとめました。

1.部屋全体の印象が暗い

子供部屋に足を踏み入れたとき、部屋全体がなんとなく暗い印象を抱きやすい状態なのはNG。

  • モノトーンや黒一色で、家具やインテリアの色が統一されている
  • 日光が入りづらい方角にある
  • 常にカーテンを閉め切っている

子供部屋に限らず、家は日光と風通しが良好な状態を保ちたいものです。子供部屋に選ぶならば、日光が入って風通しがよい、明るい部屋を選びましょう。

2.部屋全体が散らかっている

風水学において、部屋が散らかっている状態は運気を下げるため絶対NG。子供部屋も、その例外ではありません。

だからといって、毎日子供部屋に無断で入って部屋の整理整頓をしてしまうのもNG。子供のプライバシーを傷つけるだけでなく、掃除という面倒ごとを放置していても親がやってくれると思い込んでしまいます。子供部屋をきれいにするよう適度に声掛けを行い、成長と自立を促しましょう。

3.北西に子供部屋を置く

北西方向は、家の主人の部屋を置くべき方角です。この方位に子供部屋を置いてしまうと、家庭内のパワーバランスが崩れる恐れがあります。

家族円満、いつまでも仲良く過ごしたいのであれば、子供部屋を設置する部屋の方位にも注目!

4.鉄製の家具を置く

鉄製のベッドや机、インテリアを置いてしまうのはNG。運気を下げてしまうだけでなく、なんらかの衝撃で家具が転倒してきた場合、大きなけがにつながります。鉄製の家具は重くて転倒しにくい分、転倒した際の衝撃は大きくなりやすいものです。

子供部屋のみならず、大人の寝室やリビングの家具も鉄製のものはおすすめできません。

5.人物のポスターを貼る

アイドルや俳優の大きなポスターを室内に飾ると、集中力が低下しやすくなります。大きなポスター類は、部屋に飾らない方が得策。推しのアイドルや俳優がいる場合は、ポスター以外のグッズを集めましょう。

子供部屋におすすめの方角とアイテム

勉強する男の子

子供の健やかな成長を促すためにも、子供部屋におすすめの方角とアイテムを取り入れましょう。

  • 方角は、北・東・南東・南・西がおすすめ
  • 天然素材の家具を置く
  • 子供とフィーリングが合う、カーテンやカーペットの色を選ぶ
  • 勉強机は壁に向かって置き、余計なものが視界に入らないよう配慮

子供部屋は、毎日子供が使う大切なプライベート空間です。子供が過ごしやすい環境を整えてあげることを優先的に考え、インテリアや好みの色柄のものを置くようにしましょう。

部屋が散らかっていると、運気を下げる原因になります。部屋の片づけなどはこまめにするよう声をかけ、様子を見守ってあげてください。

まとめ

子供部屋は、子供の心と体の成長を促す大切な空間です。子供の好みなどを聞き、運気が下がりにくいインテリアを選んで、過ごしやすい環境を整えてあげてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる