汚れた食器をシンクに溜めてはいけない『4つの理由』

汚れたシンクがNGな理由

お皿洗いは、面倒だと思う人が多い家事です。面倒だという気持ちが勝ってしまい、なかなか片付けに踏み切れないこともあるでしょう。しかし、毎日長時間シンクに使用済みのお皿を置きっぱなしにしてしまうのはNG。どうしてNGな行動なのかを把握し、シンクをきれいに保つための工夫を実践しましょう。

ついさぼってしまいがちなお皿洗い

食器がたまっている様子

夕食が終わったあとの大量のお皿を見ると、お皿を洗おうと思えずつい後回しにしてしまいがちですよね。面倒だという気持ちはわかりますが、使ったあとのお皿をシンクに置きっぱなしにしてしまうのはNG!

どうしてNGなのか、理由を確認してみましょう。シンクにお皿を溜めないための工夫も紹介しているので、参考にしてみてください。

汚れた食器をシンクに溜めてはいけない『4つの理由』

バツ印を出す女性

使用済みの汚れた食器をシンクに置きっぱなしにしてしまうと、以下のようなことが起こる可能性があります。

1.油や食べかす汚れがカビなどの頑固汚れにつながる

お皿についている油汚れや食べかす汚れを、長時間放置シンクに放置してしまうのはNG。頑固なカビや汚れとしてシンクにこびりつき、こすり洗いだけではきれいに落ちなくなってしまうかも。

カビや食べかす汚れは、頑固汚れだけでなく、悪臭のものとにもなるので要注意!

2.排水口や下水管が詰まる原因につながる

排水口や下水管が詰まるのは、使用後の油を流すことだけが原因となっているわけではありません。実は、使用後のお皿から滴り落ちる油や調味料などが原因になっていることもあります。

汚れを放置すると、排水口から独特のイヤなニオイが立ち上ってくるかも。下水管が詰まってしまうと、修理に時間とお金がかかります。思いもよらない出費につながるので、注意しましょう。

3.スポンジが汚れを吸収してしまう

シンクの中に使ったあとの食器を放置してしまうと、お皿を洗うために置いているスポンジが汚れを吸ってしまうことがあります。

スポンジは水分であればなんでも吸収するため、汚れているものであっても吸収します。そうするとスポンジ内が菌だらけになって、菌の温床になってしまうかも!そのスポンジを使って食器を洗うと、食器に菌を移してしまいます。

4.ゴキブリやコバエなどの害虫を呼び寄せる

ゴキブリやコバエは、食べ物の状態に構わずすぐによってきます。シンクに使用済みのお皿を放置したまま寝てしまうと、お皿に寄ってきて残っている養分を吸収し、繁殖の手助けをしてしまう恐れがあります。

シンクに汚れたお皿を溜めないためには

お皿を洗う主婦

使い終わったお皿をすぐに片づける気になれないときは、いったん休憩を挟むのも有効な手段です。しかし、あまり長く休憩を取ってしまうと、やる気そのものがゼロになってしまう可能性があるため、休憩はほどほどに。

使用済みのお皿をシンクにな手ないためには、以下の工夫を実践してみましょう。

  • できるだけ早く片付ける
  • 立ったついでに片付ける
  • 食器洗い乾燥機を導入

面倒なことは、後回しにせず手早く片付けてしまうのが1番!家族内で当番制にするなどして、家事の負担を軽減しつつ早めにお皿を片付けましょう。食器洗い乾燥機の導入は、家事の手間を大幅に削減できるのでおすすめです。

まとめ

お皿洗いは、家事の中でも面倒な部類に入るものです。だからこそ工夫を凝らし、シンクの中が汚れないよう手早くお皿を片付けてその後の時間をゆったりと過ごしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
汚れたシンクがNGな理由

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る