『心が狭い人』の特徴3選!よくする行動や対処法を解説

イライラする女性

職場や地域など、人がある程度集まる場所には、いろいろな人が集まります。中には心が狭い人もいることがあり、どう接するべきか悩みますよね。今回は、心が狭い人にみられやすい特徴をご紹介します。まずは、自分が当てはまっていないかチェック!心が狭いなという印象が強い人との適切に付き合うための、対処方法についてもまとめました。

心が狭い人っていますよね

怒っている女性

職場や学校など、集団生活を送っていると「心が狭いなあ」と感じる人と出会う機会が少なからずあるのではないでしょうか。

心が狭いという印象を持ちやすい人には、いくつかの特徴があります。まずは、自分がその特徴に当てはまっていないかをチェック!相手の特徴を正しく把握して、適切な接し方を身に着けましょう。

『心が狭い人』の特徴3選!

キリキリする女性

心が狭いという印象を持たれやすい人には、以下のような特徴があります。

1.プライドが高い

心が狭い人は、プライドが高い人が多い傾向です。

  • 人の意見に耳を貸さない
  • 謝らない
  • 自分が相手に劣っていることを認めない
  • 損をすることはしたくない

自分が今いる集団の中で劣っていると思われる瞬間があるということが恥であり、耐えられないことだと感じている人もいます。

自分のプライドを傷つけられることをとにかく嫌うため、心が狭いと周囲から思われてしまうような態度を取っているケースもありますよ。

2.イライラしがち

心が狭い人は、怒りの動線が短めです。

  • 話しかけただけで怒る
  • 八つ当たりがひどい
  • 相手の意見を頭ごなしに否定して、押し付ける

みんなで楽しく話をしていたとしても、途中で割り込んできて、話題そのものに対して否定的な意見を言う人もいます。心が狭い人は、自分が気に食わないことがあるとすぐにイライラし、そのイライラを鎮められず、いつまでも心がぎすぎすしていることが多い傾向です。

3.自分に甘い

心が狭い人は、自分のことになると普段見せない寛大な心を発揮します。

  • 他人のミスには厳しい
  • 自分のミスには言い訳をする

自分が恥をかくことそのものを心が受け付けないため、自分がミスをしたら言い訳をして誰かにミスを擦り付けようとする人もいます。

心の狭い人と接するときの対処法

考える女性

心が狭い人と接するとき、相手の気分を損ねてしまわないかと内心気が気ではないこともあります。気を使いすぎると心労につながるので、以下のような接し方を試してみてください。

  • 無条件に相手が怒ってきたときは、ある程度聞き流す
  • もめごとが起こらないよう、心が狭い人にまとめ役は任せない
  • 見返りを求めずに行動する
  • ネガティブで否定的な意見をいったん聞いてあげる

心が狭い人との付き合いが一時的なものであった場合は、期間中だけと割り切って相手にある程度付き合ってあげる対処法も有効。相手の機嫌を損ねないだけでも、周囲の雰囲気がかなりよくなりますよ。

長く付き合わなければならないときは、適度に相手の意見を聞き流してストレスを溜めないように心がけましょう。

まとめ

心が狭い人と接するのは、気を使うため疲れやすいですよね。あまり気負わず、八つ当たりなどは聞き流して心の健康を害さないよう心がけてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
イライラする女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる