『無口な人』の性格や心理6選!口数が少ない人が考えている事とは?

口をふさぐ女性

世の中には、いろいろな人がいます。その中でも、無口な人はなにを考えているのかつかみにくい傾向。どうして言葉数が少ないのか、相手の心理や性格を把握することから始めましょう。無口な人と距離を詰めるための、正しい接し方も解説しています。相手の気持ちを尊重しつつ、少しずつ仲良くなれるよう接してみてください。

無口な人に持ちやすい印象

口を隠す女性

人は、いろいろな性格や特徴をもっています。その中でも、無口な人に対して以下のような印象を持ちやすい傾向です。

  • なにを考えているかわからないから、少し怖い
  • クール
  • 落ち着いている
  • 根暗なのかも

無口な人は、口数が少ないため、どんなことを考えているかわかりにくいものです。まずは、無口な人の心理や性格をチェックしましょう。

『無口な人』の性格や心理6選!

紙袋をかぶる女性

無口な人は、どんな心理や正確な人が多いのでしょうか。

1.相手に対して警戒心を持っている

相手に対して警戒心を持っている場合、人は無口になりやすいものです。初対面の人や周囲の評判などを聞き、警戒心を持っているのかも。

こちらからどんどん話しかけて、警戒心を解くこともできます。しかし、相手のペースに合わせて少しずつ会話を重ねて警戒心を解いていく方がおすすめ!相手に負担をかけずに、自然と距離が縮みやすくなりますよ。

2.人見知りでなにを話すべきか悩んでいる

人見知りな人は、初対面の相手に対してどんな話をすべき悩みやすいものです。相手に対しての嫌悪感を持っているわけではなく、自分の発言で相手を不快な思いをさせることに対しての不安が強い傾向。

仲良くなればなんでも話してくれるかもしれませんが、仲が深まるまでには時間がかかります。

3.相手から嫌われたくない

過去、自分の発言で相手を深く傷つけてしまった経験がある人は、相手を傷つけないよう言葉数が少なくなることがあります。

自分の発言を誰かからバカにされたり笑われたといった経験も、無口になってしまう大きな原因です。相手から嫌われたくないという思いを持つと同時に、自分を守るために言葉数が少なくなっていることもあります。

4.一人の時間を大切にしたいと思っている

周囲の人となれ合わず、自分の時間を大切にしたいと思っている人は、必要以上の発言を控えています。プライベートなことはほとんど口にせず、雑談にもあまり気乗りしないようであれば、少し距離を取って相手と接していくのが得策かもしれません。

5.目立つことに抵抗を感じている

自分の言動で周囲の注目を集めるなど、目立つことに対して抵抗を感じていると口数が少なくなるりやすいものです。とにかく目立ちたくないという気持ちが先行している場合は、話題を振られても、うなずいたり必要最低限の言葉しか話さないという人もいます。

6.自分の情報を周囲に知られたくない

秘密主義の人は、自分の情報を周囲に漏らさないため、ほとんど雑談はしない傾向です。仕事などで話さなければならない状況になればしっかり会話ができるのに、プライベートな話になると口を閉じてしまうのであれば、詮索をしない方が無難。

無口な人との付き合い方

会話する女性

無口な人は、あまりは喋らないためどうやって付き合おうか戸惑うこともあると思います。無口な人と距離を縮める際には、以下のようなことを試してみてください。

  • 無理やり話を長く続けようとせず、相手のペースを尊重する
  • 話題を提供し、フランクに話しかけてみる
  • 会話の主導権を持ち、いろいろな話題を振って相手の心を解きほぐす

喋ることそのものが苦手である場合、なにを話していいのかわからなくて無口になっていることもあります。まずは、こちらから話題を提供して相手がリラックスして話せるよう配慮しましょう。

いくつか話題を振って、迷惑そうにしているのであれば、無理に距離を詰めない方がよいでしょう。

まとめ

話をする女性

無口な人は、周囲の人に警戒し続けているわけではありません。こちらから話題を提供し、徐々に仲良くなれそうな場合は距離を詰めていきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
口をふさぐ女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる