お蔵入りしがちな『家電』5選!必要性を考えてから買うように!

家電量販店の店内の様子

家電製品は、日々いろいろなものが売り出されています。テレビや雑誌で注目を集めるものもあり、特集を見るとどうしても入手したくなりますよね。しかし、勢いで家電を購入してしまうと、気づいたときにはお蔵入りになってしまっているかもしれません。では、どのような家電がお蔵入りになりやすいのかを見てみましょう。

せっかく買った家電、活用していますか?

考える女性

家電は、どれも手軽な価格で購入できるものばかりではありません。しかし、テレビの特集などを見ると、とっても便利に見えて購入したくなるものです。しかし、購入した家電を全部活用できているわけではない人が大半です。

今回は、購入したけれど使わなくなってしまう人が多い家電製品をご紹介します。購入して使用頻度が高い家電も紹介しているので、プレゼントなどの参考にしてみてください。

お蔵入りしがちな『家電』5選!

ヨーグルトメーカー

購入当初は使用頻度が高くても、気が付いたらお蔵入りしてしまいがちな家電をまとめました。

1.ホットサンドメーカー・ワッフルメーカー

ホットサンドメーカーやワッフルメーカーは、あるととても便利ですよね。朝食やおやつなど軽食を作るときに使われやすいアイテムです。

しかし、材料の準備などの前準備に手間がかかるのが難点。洗い方もメーカーによって異なるため、水洗いできないものもあってメンテナンスに手間がかかってしまいます。

2.ヨーグルトメーカー

自宅で簡単にヨーグルトが作れる、ヨーグルトメーカー。一時期流行りましたが、継続使用する人は少なめです。

ヨーグルトメーカーは、ヨーグルトを作る以外の使用方法が見つけにくいのが難点。自作のヨーグルトが絶対においしく仕上がるわけではないため、結局市販のものを購入する人が多いようです。

3.美容家電

家庭用の美顔ミストや小顔アイテムなど、購入後はしばらく使用されやすいものです。しかし、忙しさや日々の疲れに押されてしまって、気が付いたときには戸棚の奥に収納されてしまっていることも…。

美顔器などは年々性能が上がっているため、中古品をリサイクルに出しても価格が付くにくい可能性があります。

4.ジューサー・ミキサー

ジューサーやミキサーは、手軽に食材を粉々にしてくれるアイテムです。自宅に居ながらにして出来立てのジュースが楽しめますが、野菜や果物の搾りカスなどがたくさん出てしまい、洗うのが大変。

子どもの離乳食作りなどにも重宝しますが、離乳食を完了してしまえば使用頻度が激減してお蔵入りになってしまう家庭も多々あります。

5.フードプロセッサー

野菜を刻む手間を省くために購入したフードプロセッサーですが、使用後に洗う部品が多いためお蔵入りしやすい傾向です。

また、準備をする手間もかかり、野菜を丸ごと入れて粉砕できるわけではないため結局包丁を使用することになります。

購入して使用頻度が高い家電

ロボット掃除機

購入後も継続して使用されやすい家電は、以下のようになります。

  • 自動調理鍋…料理初心者でも失敗が少ない
  • ロボット掃除機…掃除をする暇がない忙しい人におすすめ
  • モーニングトリオ…トースターとコーヒーメーカーと焼きプレートがひとつになっているため、お弁当作りにも活用可能
  • 食器洗い乾燥機…家事の手間を大幅削減家事の手間を減らしてくれる

便利な家電は、年齢問わずあると重宝します。自宅にないのであれば導入を考え、引っ越し祝いの家電を選びたいのであれば上記のものを参考にしてみるのもおすすめです。

まとめ

料理をする女性

お金を出して家電を購入するのであれば、先々のことを考えて購入しましょう。長く使用できる家電を入手して、日々の家事の負担を軽減してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
家電量販店の店内の様子

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる