ペットボトルのコーヒーはまずい?容器が原因?缶コーヒーとの違い

ペットボトルのコーヒー

コンビニやスーパーの飲料コーナーで必ず見かけるペットボトルのコーヒー。味がイマイチといった声をよく聞きます。ペットボトルのコーヒーがまずい理由や缶コーヒーとペットボトルのコーヒーの違いなどについてご紹介します。

ペットボトルのコーヒーはまずい?

ペットボトルのコーヒー

ペットボトルのコーヒーをまずく感じる一番の理由はコーヒーが薄味だからでしょう。ゴクゴクとがぶ飲みができるように、あえて薄くあっさりとした味わいに仕上げてあるようです。

また、キャップの開け閉めをして「ながら飲み」するのを想定して作られていますので、風味に乏しくコーヒー好きの方にはまずいと感じる方が多いようです。

《 ポイント 》

  • ペットボトルのコーヒーがまずいと感じるのはコーヒーの味が薄目だから。

ペットボトルのコーヒーがまずいと感じるのは容器が原因?

ペットボトルコーヒー

近年、多くのメーカーがペットボトルのコーヒーの開発と販売に力を入れています。

また、誰もが自分に合うコーヒーを飲むことができるように、さまざまな味の濃さや甘さのコーヒーを開発しています。

しかし、それでも「ペットボトルのコーヒーはまずい、おいしくない」という声が無くなりませんので、ペットボトルのコーヒーがまずい理由は味だけなのか?を調べたところ、「味」以外に「容器」も原因していることが分かりました。

コーヒーがまずく感じる原因は容器のプラスチック臭

ペットボトルのコーヒーをまずいと感じるのは、ペットボトル独特のプラスチック臭が原因のようです。味やにおいに敏感な方、コーヒーの味にこだわりのある方には、どうしても気になってしまうかもしれません。

容器のプラスチック臭が気になる時の対策

〈ペットボトルから別の器に移し替えて飲む〉
ペットボトルのにおいが原因で中身のコーヒーをまずいと感じる人は、コーヒーカップやグラスに移し替えて飲むことをお勧めします。

ペットボトル独特のにおいが気になるのは、ペットボトルを口につける際に感じるものですので、コーヒーを飲む器を取り替えることで気にならなくなるそうです。

〈ボトル缶タイプのコーヒーを選ぶ〉
ペットボトルのコーヒーがまずいと感じる方は、ペットボトルのコーヒーではなく、ボトル缶タイプのものを選ぶと良いでしょう。

ボトル缶とは、缶と同じ材質の容器に、蓋が付いたものになります。ボトル缶は、缶と違いキャップ付きなので、ペットボトルと同じ感覚で持ち歩きできます。

また、ボトル缶のコーヒーは、ペットボトルコーヒーと比べて濃い目にいれられており、コーヒーの風味がしっかりあることも特徴です。

ペットボトルの独特のニオイが気になったり、ペットボトルコーヒーに言われている、風味が薄くてコーヒーのコクや香りを感じられないことが不満な方には、ボトル缶タイプがおすすめになります。

《 ポイント 》

  • ペットボトルのプラスチック臭が気になってまずいと感じる方は、ペットボトルから別の器に移し替えて飲むか、ボトル缶タイプのコーヒーにする。

ペットボトルのコーヒーにもメリットはたくさんある

ペットボトルのコーヒー

ペットボトルコーヒーにとっては、少し分の悪いような内容が続いてしまいましたが、ここからはペットボトルコーヒーの持つメリットについてご紹介していきたいと思います。

ペットボトルコーヒーラバーの皆さんによる、ペットボトルコーヒーのメリットは以下のような内容になるようです。

  • キャップを閉めておけば倒してもこぼれないので仕事中に飲みやすい。
  • 量が多く、味が薄めなので、のどが渇いたときに水やお茶のようにがぶ飲み出来る。
  • キャップがあるので、ちびちび時間をかけて飲める。
  • かばんに入れての持ち運びが楽にできるので便利。
  • 車の運転中でも、こぼれにくくて便利。

ペットボトルコーヒーと缶コーヒーの違い

缶コーヒー

ここでは、これまでのコーヒー飲料の王道スタイルであった缶コーヒーとペットボトルコーヒーの 違いについて比較してみました。

ペットボトルコーヒーと缶コーヒーでは内容量が違う

ペットボトルコーヒー缶とコーヒーの大きな違いは、ペットボトルコーヒーと缶コーヒーの容量の差と言えます。缶コーヒーの場合は、多くの商品が200ml前後の容量で販売されています。

容器キャップの有無

ペットボトルコーヒーには、容器にキャップがついており、開け閉めをしながらゆっくり時間をかけて飲むことができますが、缶コーヒーは一度封を開けるとふたを閉めることはできません。

時間をかけて移動しながら飲めるか、その場で短時間で飲むか

ペットボトルコーヒーは、キャップの開け閉めができるので、風味を比較的損なわずに時間をかけてゆっくり飲めて移動の際にこぼさず持ち運べます。

対する缶コーヒーは、一度開封するとフタを出来ませんので、なるべく短時間で飲み切る必要があります。

缶コーヒーは風味豊かで味わい深く、コーヒーのおいしさを引き立てているというメリットは大きいのですが、一度開けてしまうと風味がどんどん落ちてしまいますし、長い移動や乗り物での移動には不便だと言えます。

最後に

ペットボトルコーヒー

今回は、ペットボトルコーヒーがまずいと感じる理由を中心にご紹介しました。

缶コーヒーと比較すると同じコーヒー飲料ではありますが、それぞれの持つ本来の目的が大きく違うものだということが見えて来たのではないかと思います。

手軽さと水やお茶代わりのライトさを追求したペットボトルコーヒーと、コーヒー本来の風味や味わい、旨味を封じ込めることを追求した缶コーヒーは、似て非なる商品ではないかな…?ということが正直な感想になります。

その時の状況や気分に応じて、ペットボトルコーヒーと缶コーヒーを飲み分けて見たいと思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ペットボトルのコーヒー

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る