洗面台の水垢を落とすコツとは?4つのテクニックとNG行為を解説

白いシンク

洗面台は毎日使う場所なので、水垢などの汚れが付着しやすいですよね。頻繁にお手入れしているつもりでも、気が付いたときには頑固な水垢汚れができていたという経験をした人も多いのではないでしょうか。洗面台の水垢は、自宅にある掃除グッズで簡単に撃退可能!頑固汚れになる前に、簡単メンテナンスをして汚れがこびりつくのを防ぎましょう。

洗面台の汚れの原因とは

汚れている蛇口

毎日使う洗面台が汚れていると、気持ちよく使えないですよね。洗面台の汚れの原因は、いくつか考えられます。

  • 水垢
  • 皮脂
  • せっけんカス

中でも水垢は、毎日使用する水道水に含まれるミネラルが酸素や二酸化炭素に触れることが原因でできます。白くなってこびりついた水垢は、除去するのが大変!

こすっても落ちにくく、中性洗剤を使っても思っているほどの効果が得られにくいため、きれいに落とすのに時間がかかることもあります。

洗面台の水垢を落とす4つのテクニック

シンクの掃除

洗面台に張り付く頑固な水垢を落とすための、すぐに試せるお掃除術をまとめました。

1.クエン酸スプレーを使う

洗面台に限らず、頑固な水回りの汚れを撃退するには、クエン酸スプレーがおすすめです。クエン酸は水垢汚れを落とすのに幅広く使われているので、洗面台の水垢も簡単に除去できます。

  • クエン酸水(水200ml+クエン酸小さじ1)を作って、スプレーボトルに入れる
  • クエン酸スプレーを水垢に吹きかけて放置
  • 水分を拭き取って、乾拭きして完成

放置する時間を有効活用して、ほかの家事を片付けてしまうこともできます。頑固汚れには、スプレーをかけた後にラップをかぶせてパックすると効果が出やすくなりますよ。

2.酸性洗剤でピカピカにする

水垢だけでなくせっけんカスも気になっているのであれば、酸性洗剤を使ってみてください。水垢とせっけんカスはアルカリ性なので、酸性洗剤で洗うことで汚れが落ちやすくなります。お風呂洗い用の酸性洗剤であれば、洗面台を傷めずに使用可能です。

酸性洗剤を使うときは、皮膚を保護するためのゴム手袋を着用してください。

3.クエン酸で落とす

クエン酸も酸性なので、水垢汚れには有効!

  • クエン酸水(水200ml+クエン酸小さじ1)をスプレーボトルに入れる
  • 水垢に吹き付けて2~3分ほど放置…汚れがひどいときはラップをかぶせ、放置時間を伸ばす
  • 水分を拭き取り、乾拭きして完成

汚れと水分がなじんでいるときが、拭き取りのタイミングです。こまめに様子を見て、タイミングを見計らいましょう。

4.メラミンスポンジを活用

どうしても水垢が落ちきれないときは、メラミンスポンジを使ってみましょう。

使用する前に、自宅の洗面台がメラミンスポンジ使用可能かどうか説明書を読んで調べておくことをおすすめします。特に記載がない場合は、傷がつかないか目立たないところで試してみてください。使用方法は、以下の通りです。

  • メラミンスポンジを使いやすい大きさに切り、水を含ませて軽く絞る
  • 汚れが気になる場所を軽くこすり、浮いた汚れを水拭き

使い方は簡単なので、使用できる場合は活用してみてください。

洗面台が汚れてしまうNG行為

たまった髪の毛

洗面台の水垢やそのほかの汚れの原因となるものは、複数あります。

  • 手洗い洗剤や歯磨き粉の放置
  • 口をゆすいだ後に水で流さない
  • 髪の毛が落ちても放置
  • 一日の終わりに水分を残したままにしておく

水垢汚れは、水道水が長時間洗面台に付着していることで起きます。使用後毎回水を拭き取るのは大変なので、一日の終わりに拭き上げて水分が残っていない状態にしましょう。

せっけんや歯磨き粉は洗面台に残さないよう毎回洗い流し、うがいなどで口をゆすいだ後も流し残しがないよう配慮すると汚れにくくなりますよ。

髪の毛を洗面台に放置するのは、汚れだけでなくほかに使用する人が不快な思いをする原因になります。自分の髪の毛は責任を持って回収し、処理してください。

まとめ

美しいシンク

洗面台の水垢汚れは、ほかの汚れと併せて撃退しましょう。自宅にあるお掃除グッズを駆使して、気になる水垢汚れを一掃してきれいな状態をキープ!

この記事のタイトルとURLをコピーする
白いシンク

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる