買って後悔した『生活家電ランキング』ワースト7

掃除機のダストカップのゴミ

皆さんは過去に家電を買って後悔したことはありますか。便利な反面、購入してみると「こんな落とし穴が!」という家電もちらほら見かけます。今回は、買って後悔したという声の多い家電ワースト7を紹介するので、これから家電購入を検討している方は参考にしてください。

多くの人が家電を買って後悔した経験あり!

ショックを受ける女性

皆さんは家電を購入して後悔した経験はありますか。家電は他の商品より比較的高額なため、購入する際は慎重になる人も多く「後悔することは少ないのでは」と思われがちです。

しかし、最近では機能性が優れているため、便利な反面、「使いこなせない」「手入れが面倒くさい」と言った後悔の声も多く聞こえます。また、特定のシーンでしか使用しない家電は、便利で楽しい反面、「使う機会が少なく使わなくなった」という声も。

実際、あるメディア調査では、家電を購入して後悔したことがあると回答した人が半数を超えたという結果も出ているほどです。

また、家電製品を購入する際は平均で何件ぐらいの店を見に行くか尋ねたところ、2件以上見に行く人が68%という結果となった。複数の店舗を見て回り、よく検討してから購入する生活者が多数派であることがうかがえる。

しかしその一方で、「家電製品を購入したあと、何らかの理由で後悔したことはありますか」との質問に対しては、66.5%が「ある」と回答した(「何度もある」14.6%、「1度か2度はある」52.0%の合計)。

出典:家電を購入して後悔した経験、66.5%が「ある」 -掃除機、エアコンなど | マイナビニュース

このように、家電を買ったけれど後悔した経験を持つ人は少なくありません。

買って後悔した『生活家電ランキング』ワースト7

家電量販店売り場

では、実際に購入した人から「後悔した」という声が多いのは、どのような家電なのでしょうか。ここでは後悔したという声の多い家電とその理由をご紹介します。

1.掃除機

意外にも使う頻度の高い掃除機がランクインしています。掃除機の「購入して後悔した」理由は、使う頻度が少ないという理由ではなく、主に機能面での公開が多く見られます。

例えば「高額だったのにそこまでの価値を感じられない」や「ハンディータイプは吸引力が弱い」「ゴミがすぐいっぱい溜まってしまう」といった声が多く聞こえました。

他にも「特定の場所(カーペットなど)で吸引力が弱まる」や「コード付きのものを購入したけれど、いちいちコードを気にしなければいけないのが面倒くさい」といった声も多く聞こえました。

2.フードプロセッサー

フードプロセッサー

時短家電として注目を集めているフードプロセッサーは、食材を入れるだけでみじん切りにしてくれるとても便利な調理家電です。しかし、実際に購入して使ってみると「時短…?」と疑問を浮かぶような声が上がっています。

「入れる食材が大きいと結局包丁で切らなければいけないから面倒」や「使った後に部品を洗わなければいけないから大変」といった声が多く聞こえました。

食材をみじん切りにするために、様々な部品が使われていますが、食材を扱う手前、常に清潔にしておかなければいけません。1つ1つ部品を取り外して洗う手間を考えると、調理時間は短縮できますが、洗う時間がかかってしまう可能性も考慮するべきかもしれません。

3.美顔器

美顔器を使う女性

女性に多い買って後悔した家電に美顔器がランクインしています。実際、綺麗になりたいという思いから美顔器を購入したけれど、使うのが面倒くさくなってしまい、今では使っていないという人も多いのではないでしょうか。

「お手入れも使い方も簡単でサロンのような仕上がりに」と謳われている美顔器も多いですが、実際に使ってみると、たしかに効果は感じるけれど、準備や後片付けの手間が面倒に感じたという声は少なくありません。

購入を検討する際は、詳しく準備の仕方や後片付けの方法、使用方法、そしてお手入れ方法などを調べた上で検討するべきかもしれません。

4.〇〇メーカー系

ホットサンドメーカーの上のパン

サンドメーカーやパンメーカー、ヨーグルトメーカーなど、様々な〇〇メーカーが販売されています。とてもユニークで自宅で様々な料理を作ることができるため、好奇心から買ってしまったという人もいるのではないでしょうか。

しかし、購入した商品によっては「実際にはあまり使わない」「後片付けが面倒くさい」といった声が多く聞こえます。商品によっては清潔に保たなければいけない一方で、水洗いができないといったお手入れ方法が少々難解なものもあります。

そして、〇〇メーカー系は、その料理のみしか作ることができないため「最初は面白くて便利だから使っていたけれど、飽きてしまった」という声も多いです。本当に長く使えるのか、自分の家に必要なのかを考える必要がありそうです。

5.ミキサー

フレッシュジュースミキサー

ジュース作りや調理にと、様々な用途で活躍してくれるミキサーは、便利だし時短にもなるとして人気を集めています。しかし一方で「掃除が面倒くさい」「結局自分で調理したほうが早い」といった声も聞こえます。

ミキサーもフードプロセッサーと同様に、中の部品を洗わなければいけないのが厄介という意見が多いです。また、ジュースを作る目的で購入した人の場合、飽きて使わなくなったという人もいます。

ミキサーの使い道を確認し、本当にご家庭で必要な調理器具なのかを熟考しなければ、使わなくなるだけでなく、ミキサーを置く場所を無駄に取ることにもなりかねません。

6.マッサージ機

マッサージチェアーやハンディタイプのマッサージ器など、様々なタイプのマッサージ機が販売されています。育児、家事、仕事など、疲れがたまる現代人にとっては救世主のような存在です。

しかし、マッサージ機は使えば快適ですし効果もありますが、コンセントを挿す場所を探さなければいけないことや、良い置き場所が見つからないなどのデメリットもあります。また「最初は使っていたけれど、使う前の準備が面倒に感じて使わなくなった」という声もあります。

こうした後悔ポイントが重なり「買わなければよかった」「無駄遣いしてしまった」と感じる人が多いと考えられます。

7.多機能電子レンジ

オーブンレンジを操作しているところ

最近の電子レンジは、電子レンジ1つで調理ができてしまうほど高機能なものが多いです。しかし、高額な金額を出して多機能電子レンジを購入したはいいものの、実際には機能を活用していないという声も多いです。

普段の自分の生活を思い返してみても、電子レンジを解凍や食事の温めにしか利用していないという人は多いのではないでしょうか。

電子レンジを使った時短料理に活用する際も、通常の温め機能を活用したものが多いため、特別便利な機能を搭載している電子レンジを必要としていないご家庭も多いです。

こうした普段の電子レンジの用途を考慮して、本当に「多機能」な電子レンジが必要かどうかを再考する必要がありそうです。

家電購入は本当に必要か使いこなせるかの塾考を

家電店で電子レンジを選んでいるカップル

いかがでしたでしょうか。家電は他の商品よりも高額なものが多いため、本当に必要であるか、また使いこなせるか、使い続けられるかという3点を塾考する必要があります。無駄な高額出費を増やさないためにも、家電購入には慎重になりましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
掃除機のダストカップのゴミ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる