驚くほど綺麗になる『トイレ掃除』の極意4選

真っ白な便座

毎日トイレ掃除をしているのに、なんだかトイレがスッキリしない…。もしかすると、トイレ掃除の方法を間違えているのかもしれません。トイレの中をスッキリさせるためには、ちょっとしたコツをつかむことが重要!おすすめのトイレ掃除グッズも紹介しているので、それらを上手に使いこなして清潔感溢れるトイレを目指しましょう!

トイレの掃除をしているのにスッキリしない

トイレ掃除をする女性

毎日トイレ掃除をしているのに、少し距離をとってみるとなんとなくすっきりしない印象を持ってしまうとなると、残念ですよね。トイレ掃除を行う、意欲の低下にもつながります。

トイレ掃除は、コツをつかむと汚れを広げず清潔に保てやすくなりますよ!念入りに掃除を行う目安も紹介しているので、参考にしてみてください。

驚くほど綺麗になる『トイレ掃除』の極意4選

きれいなトイレ

トイレをきれいに保つコツをピックアップしました!毎日行うトイレ掃除の負担を減らすきっかけにしてみてください。

1.ホコリなどのすぐに片付く汚れを除去

トイレには、想像以上にホコリがたまります。トイレ掃除を始める際、備え付けのタオルか掃除シートで主なホコリ汚れを拭き取ります。

  • ドアノブ
  • ペーパーホルダー
  • ゴミ箱
  • タンクの上
  • 便座のフタ

上記の場所には、ホコリがたまりやすいので毎日チェックして掃除してくださいね。

2.便座の外側を拭いて、スリッパ裏と床を拭く

便座の外側は、汚れていないようで実は汚れやすい場所。掃除シートを使って、しっかり拭き掃除をしましょう。シートの未使用部分を使って、トイレで使うスリッパの裏や床、壁などを拭き取ります。

3.便座掃除を行う

便座の裏は、その日の汚れがびっしり!かなり汚れが付着する部分なので、その日の汚れはその日のうちに除去してスッキリしましょう。

便座のフチや裏にも、汚れがかなり付着しています。裏はみえない部分なので、念入りに拭き掃除を行ってください。

4.念入り掃除は日にちを決めて行う

毎日の掃除以外の掃除を行う場合は、日にちを決めて行いましょう!窓枠や換気扇周辺の掃除は、1週間~2週間に1回を目安に行うのがおすすめです。

ウォシュレットのノズルの掃除も、同じくらいの頻度を目安に行いましょう。ウォシュレットのノズルは、汚れが見えていないだけでかなり汚れやすい場所です。定期的にメンテナンスを行い、尿汚れなどがこびりつかないように管理してください。

トイレをきれいに保つお役立ちアイテム

トイレ掃除グッズ

トイレをきれいに保つためには、使い勝手がよく清潔なお掃除アイテムを選びましょう。

  • 使用後に流せるトイレブラシ
  • トイレスタンプを使い、汚れをガード
  • 厚手のトイレシートを使い、便器や床をしっかり拭く
  • しつこい汚れには強い酸性洗剤を使用…換気必須!
  • 手が込んだ掃除を行った日は、泡スプレーを使って汚れを一掃

トイレの床や便座は、掃除をする機会が多いので、厚手のシートを使うのがおすすめです。厚手のシートは価格が少し高めですが、安くて薄いシートは破けやすく、何枚も使用しなければならないため、厚手のシートの方が非常に使いやすいですよ。

便座掃除を行ったモップをそのままにしておくとニオイの素になるため、トイレに流せるモップを使ってニオイわない爽やかなトイレを目指しましょう!

まとめ

トイレ掃除をする様子

トイレは、毎日のちょっとした掃除方法の積み重ねで清潔感に差が出ます。特別なことを毎日する必要はないので、コツをつかんで短時間で掃除を済ませ、家事の負担を減らしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
真っ白な便座

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる