『嫌われやすい女性』に必ず共通している6つのこと

仮面をつけた女性

周囲の人の気持ちを考慮せず、「それをいうの?」ということを堂々と言ってしまう女性は、なぜかどこにでも現れます。そういった女性には、共通している部分があるので事前にチェックして距離を取りましょう。意地悪な女性から目をつけられないためのコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

性格がよくない女性はどこにでも1人いる

噂話をする女性

なんでこの人、こんなこというんだろう?と思うようなことを相手にいう女性をみると、関わりたくないなと思いがちです。職場でも地域の集まりでも、どこにでもそういった女性はなぜか必ず1人はいます。

周囲から嫌われていようがお構いなしの強気な態度で、周囲を圧倒する女性の特徴とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。嫌われている女性から目をつけられないためのコツも、紹介しています。

『嫌われやすい女性』に必ず共通している6つのこと

社内いじめの様子

嫌われやすい女性には、共通する点があります。

1.ネガティブな言葉ばかり連発する

なにかにつけて、相手の気持ちややる気を下げてしまう発言をする女性は嫌われやすいものです。

  • ウザい
  • めんどくさい
  • 意味が分からない
  • やりたくないなど

自分のやる気が出ないからといって、周囲を巻き込む女性には要注意。かまっていると、作業効率が落ちてしまいます。

2.人を見下す

自分ができることをほかの人ができない場面を、嫌味を言う女性は見逃しません。

  • そんなこともできないの?
  • 頭悪いんじゃない
  • 向いてないねなど

人を見下す発言をする人は、自覚を持って言っている人と無自覚の人がいます。無自覚だから許されると思っている人も、一定の確率でいますよ。

3.相手を見てあからさまに態度を変える

自分が好きだと思っている人や、仲良くしようと思う人には猫なで声で近寄り、嫌いな人には適当な返事しかしない。こういった態度の女性も、周囲の人から嫌われます。こういった女性は、仕事だけでなくプライベートの交友関係でもこのような態度を取る傾向が強いです。

4.挨拶や謝罪、お礼を絶対いわない

周囲から嫌われる女性は、基本的な挨拶をしません。こちらから挨拶をしても、「はいはい」など適当な返しをしたり意図的に無視することが多いものです。

また、自分のミスで相手に危害があったとしても、基本的に謝罪やフォローに対するお礼はいいません。謝罪をしなければならない場面であっても、心が全くこもっていない謝罪の言葉を適当に言って終わるパターンがほとんどです。

5.自分のミスを認めず、嫌いな人に押し付ける

なにかミスをしたとき、周囲の目を気にしない女性は自分のミスを認めません。それどころか、自分が嫌いだと思っている人にミスを押し付けようとします。ミスを押し付けようと思っている相手の気持ちには興味がないため、平気でそういった行動を取るのです。

6.余計なことばかり話す

世の中には、余計な一言という言葉があります。しかし、周囲の人の気持ちを配慮できない女性は、一言に限らず余計なことばかり話してしまいます。無駄なことを話しているという自覚はなく、自分が話したいことを人の目を気にせず好きなだけ喋ってしまうのです。

嫌われやすい女性に目をつけられないための秘訣

耳を塞ぐ女性

人に対して嫌な態度を取る女性は、常に他人のウイークポイントを探しています。いじめやすい人を本能で嗅ぎ分ける能力を持っているので、目をつけられないためには以下のようなポイントを押さえましょう。

  • 堂々として、自分に自信を持つ
  • おどおどしない
  • 不自然な笑顔をふりまかない
  • できるだけ距離を取り、業務連絡以外はスルー
  • きっちり住み分けをする意識を持って接する

意地悪が生きがいの女性は、なにかにつけてうわさ話や悪口を生成します。相手から目をつけられないようにするためには、相手女性に対して堂々と居続けることです。

あなたはあなた、私は私という意識を持ち、なにかいわれてもスルーしましょう。反応が薄い状態が長くなると、飽きて次のターゲットを探し始めます。

まとめ

微笑む女性

嫌われる女性は、理由なくいつも強気な態度で接してきます。なにか難癖をつけられたとしても真に受けず、聞かなければならないところだけ拾い上げるスキルを身に着けましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
仮面をつけた女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる