IHクッキングヒーターの『絶対NG行為』7選!最悪火事に発展することも…?

IHクッキングヒーターとケトル

近年、ガスではなく電気を使ったIHクッキングヒーターをコンロに採用するご家庭も増えてきています。ガスコンロよりも危険性が少なく、安全機能が充実していることも関係しています。しかし、こうした安全機能によって油断を生み、火災に発展しているケースも少なくありません。皆さんはIHクッキングヒーターを誤って使用していませんか。

火を使わないIHクッキングヒーターの人気が急増中!

料理している女性

近年、従来のガスコンロではなく、内部の金属に電流を流すことでクッキングヒーターに乗せた調理器具を加熱させる仕組みのIHクッキングヒーターの需要が高まっています。

ガスコンロのように火を使わないため、火災が起こるリスクを下げることができたり、安全装置が標準装備なので、高熱になりすぎると自動的に機能が停止したりと、様々な安全機能が搭載されていることも人気の理由です。

しかし、そんな安全機能が優れているIHクッキングヒーターも、使い方を誤れば危険なトラブルを引き起こします。IHクッキングヒーターを使っている方は、今一度、正しい使い方を確認しましょう。

火事の原因に!?IHクッキングヒーターの『絶対NG行為』7選

IHクッキングヒーターと調理器

IHクッキングヒーターは安全性が高いと言われています。しかし、使う側が誤った使い方をしていれば、当たり前ですが怪我や火災といったトラブルを引き起こす可能性はあります。ここでは火事の原因にもなり得るIHクッキングヒーターの絶対NG行為を紹介します。

1.金属製のタワシで強くこする

IHクッキングヒーターは、湿らせた柔らかい布に中性洗剤などを染み込ませて、サッと拭くだけで清潔な状態を保てます。このお手入れの簡単さも人気の理由の1つです。

しかし、焦げ付きなどを落とそうと金属製のタワシでゴシゴシと強くこすってしまうと、トッププレートに使われている強化ガラスに傷がついてしまいます。また、この細かい傷が継続的についてしまうことで、加熱した際に割れてしまう恐れがあります。

怪我の原因になるため、非常に危険です。金属製のタワシや研磨剤でこすってお手入れする行為は避けてください。

2.目を離した隙にお湯を吹きこぼしてしまう

IHクッキングヒーターで最も多いトラブルが、目を離してしまう行為です。目を離してしまう行為は、いくら安全性の高いIHクッキングヒーターであっても厳禁です。

目を離した隙に、沸かしていたお湯が吹きこぼれてしまうと、吹きこぼれたお湯がプレートとヒーターの間に入り込み、内部に大きなダメージを与えてしまいます。故障の原因にもなるため、調理中は絶対に目を離さないようにしましょう。

3.調理器具とIHの間に鍋敷きなどを載せたままにする

こちらも「IHだから」と油断したことで報告されるトラブルの一例です。調理器具とトッププレートの間に、うっかり鍋敷きを載せたまま加熱してしまい、正常に安全装置が機能せず、火災が起こってしまう事例があります。

IHクッキングヒーターは、基本的に鉄などIHに対応した調理器具を置くことで反応します。そのため「鍋敷きなら熱が反応しないかも」と勘違いしている方もいますが、そうではありません。

必ずしも反応しないとは限らないので、安全装置が機能せず、前述のように反応してしまった場合、布製の鍋敷きなどに熱が当たり火災を引き起こす原因となるのです。必ず加熱する前にトッププレートの上に余計な物が載っていないか確認しましょう。

4.IH対応でないフライパンや鍋を使用する

木製カウンターの上のフライパンと稲穂

IHクッキングヒーターは、IHに対応した調理器具を使う必要があります。対応していないフライパンや鍋を使用しても、基本的には反応しなかったり、なかなか加熱されなかったりするため、使うことができません。

しかし、中には正常に反応せず、通常の加熱以上にフライパンや鍋が加熱されてしまい、火災の原因となる恐れもあります。これは調理器具に使われている素材などが影響すると考えられます。危険性を伴うので、買うのが勿体無いからと無理に使うことは避けましょう。

5.IH上や周辺に可燃物を置きっぱなしにする

IHクッキングヒーターは、調理台と同じく平らな状態なので、ついトッププレートの隣の調理台付近にさまざまな物を置きがちです。しかし、トッププレート状やIH周辺に可燃物が置いてあると危険です。

加熱した際に、熱が可燃物にも反応してしまい、発火現象を引き起こす恐れがあります。最悪の場合、火災につながる非常に危険な状態なので、トッププレート状はもちろん、周辺にも可燃物を置かないように注意しましょう。

6.空焚きする

IHクッキングヒーターとフライパン

IHクッキングヒーターの説明書にも記載されていますが、フライパンをトッププレートに載せ、具材を何も入れていない状態で空焚きするのは厳禁です。

空焚きしてしまうと、具材がない分、調理器具に過剰に熱が入ってしまい、油や液体を入れた時に発火する恐れがあります。また、空焚きしてしまうと熱が入り過ぎてしまい、調理器具自体が割れてしまうケースも報告されています。

さまざまな危険が伴う行為なので、IHクッキングヒーターで空焚きする行為は避けてください。油を先に引き、少しフライパンを温める場合は、温め過ぎないよう細心の注意を払ってください。

7.調理器具や重量のある物を勢いよく載せる

IHクッキングヒーターのトッププレート部分は、強化ガラスでできています。そのため、調理器具や重要のある物を勢いよく載せてしまうと、強化ガラスに衝撃が走り、割れてしまったり傷をつけてしまう恐れがあります。

その状態で加熱してしまうと、正常に作動せず、トッププレートが割れたりヒビが入ったりしてしまう恐れもあるので、大変危険です。トッププレート上で調理器具などを扱う際は、優しく丁寧に扱うようにしましょう。

安全性の高いIHクッキングヒーターも油断は禁物!

キッチンで料理をする女性

いかがでしたでしょうか。IHクッキングヒーターは安全性に優れていることで人気を集めています。しかし、安全性が高いからといって、必ずしもトラブルが起きないわけではありません。油断せず、説明書に従って正しく使用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
IHクッキングヒーターとケトル

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる