朝起きれない人必見!気持ちよく目覚めるための6つのルール

背中を伸ばす女性

朝の目覚めがよくないと、1日中調子が出にくいと感じる。そんなときは、朝の目覚めをよくするルールを試してみてください。紹介しているルールは、どんな家庭でも簡単に試せるものばかりです。よい寝起きに欠かせないのが、質の高い睡眠です。睡眠の質を上げる方法も紹介しているので、ぜひ試してみてください。

朝なかなかスッキリ目が覚めない

眠くて起ききれない女性

朝の目覚めがよくないと、本調子になれないですよね。朝の目覚めをよくしたい人必見の、目が覚めたあとに行うべきルールをご紹介します。明日の朝から取り入れられるものばかりなので、試せそうなものを取り入れてスッキリと目を覚ましましょう。

朝の目覚めをよくするために、前日の夜に行いたいことも紹介しています。

気持ちよく目覚めるための6つのルール

朝気持ちよく起きた女性

朝気持ちよく目覚めるための、ルールをご紹介します。特に難しいものは取り上げていないので、気軽にトライしてみましょう!

1.目が覚めたらカーテンを開ける

カーテンを閉めて薄暗くしている空間は、居心地がよくてつい二度寝したくなりますよね。それを堪えて、カーテンを開けてしっかりと朝日を浴びましょう。

日光を浴びると、人間の体内時計はリセットされます。暗い場所から明るい場所に出たことで、目が覚めやすくなりますよ。

2.顔を洗って水をコップ一杯飲む

なかなか目が覚めないときは、冷たい水で顔を洗ってみてください。冷たい水が顔全体に触れることで、副交感神経が働いて目が覚めやすくなります。体内を起こすためには、コップ一杯の水を飲むのがおすすめです。内臓が起きて稼働し始めると、眠気も吹っ飛びます。

3.朝食をしっかり摂る

朝は、できるだけ栄養バランスが整った食事を摂るよう心がけましょう。パンだけ、おにぎりだけ、コーヒーだけなどはNG!栄養が偏ると1日中体のだるさを引きずってしまうかもしれません。朝日を浴びることができる窓辺で取る朝食が、特におすすめです。

4.朝の時間帯に予定を詰めすぎない

早起きしてヨガ、ジョギングなどの無理な予定を立ててしまうと、時間に追われてしまいます。朝はできるだけ心にゆとりを持ってリラックスできる時間をキープしたいので、無理に予定を詰め込むのはよくありません。

5.お気に入りの音楽やラジオをかける

朝好きな音楽やラジオをかけると、テンションが上がりやすくなります。楽しい気分で朝の時間が過ごせるため、よい流れで1日をスタートできますよ。

お気に入りの音楽を、目覚まし音にしてしまうのはNG。まだ寝たいという気持ちを持ちながら音楽が鳴って起きると、着信音に設定している音楽を嫌いになってしまうかもしれません。自分の好きなものは、自分が気持ちを高めたいときに使うべきです。

6.休日もできるだけ同じ時間に起きる習慣を作る

休日の前日は、つい夜更かししがちですよね。翌日起きる時間も、いつもより遅い時間に起きることもあるでしょう。朝の目覚めを重視するならば、就寝や起床の時間は守るのがおすすめです。

休日だけ少し遅い時間に寝起きするのは大丈夫ですが、いきなり昼夜が逆転してしまうような生活を送ってしまうのはよくありません。

朝スッキリ起きるために前日の夜に試したいこと

寝る前に歯磨きをする女性

朝すっきり起きるためには、質の高い眠りが取れているかが重要になります。夜間ぐっすり眠るために、ちょっとした工夫を試してみましょう。

  • 浴槽のお湯に浸かって、ゆっくり疲れを取る
  • 寝る前にホットな飲み物を摂取
  • 心が落ち着く、ゆったりとした音楽を聴く
  • 寝る前のルーティーンを作り、入眠しやすくする
  • 寝る寸前までスマホやテレビを見ない

眠りの質を高める行動も、今日から試せるものばかりを集めました。ライフスタイルに合うものを選び、実践してみてくださいね。

まとめ

朝のコーヒーを楽しむ女性

眠りは、翌日につながる充電期間です。しっかり体力や気力を充電して、朝スッキリと目覚めましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
背中を伸ばす女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる