実はNGな”冷房の設定温度” コスパよく部屋を冷やせるのは何度なの?

夏の暑さをしのぐうえで、室内の温度を快適な状態に保つ冷房は欠かせないアイテムです。しかし、冷房の設定温度を間違えてしまうと、健康を損なったり電気代が高くなってしまうかもしれません。今回は、冷房のNGな設定温度をご紹介します。効率よく室内を快適な温度にするコツも紹介しているので、ぜひ試してみてください。

部屋を涼しくする冷房

28℃のエアコン

夏の暑さをしのぐためには、エアコンは必須のアイテムです。室内を快適な温度で保てるため、夜間使用している家庭も多いのではないでしょうか。

家を長時間空ける際エアコンをオフにすると、帰宅したとき室内には熱気がこもりがち。エアコンを使って、できるだけ効率よく室内の温度を下げるだけでなく、電気代も節約したいですよね。

今回は、冷房のNGな設定温度をご紹介します。コスパよく部屋を冷やす温度とコツもチェックして、賢く夏を乗り切りましょう。

実はNGな”冷房の設定温度”

21℃の温度計

ムシムシした熱気のこもった部屋を早く涼しくしたいと思ったときに、ついやってしまいがちな冷房の使い方をご紹介します。温度設定の面に注目したNG行為を紹介しているので、自宅でのエアコンの使い方を思い返してみてください。

低い温度で設定にする

室内の温度を一気に下げたいからといって、設定温度を低くしてしまうのはよくありません。エアコンから出る冷風は、直接浴び続けると寒さを感じやすくなります。最初は涼しいと思えていても、気が付いたら手足が冷たくなってしまっていることも。

特に、女性や小さなお子さん、老齢の人がいる環境でのエアコンの設定温度は少し気を使って体を壊さない温度に設定しましょう。

室内の温度と室外の温度の差を大きくしすぎる

室内と室外の温度差が、大きくなればなるほど電気代がかかります。エアコンを使い始めるときは、室外との温度差が開きすぎていないタイミングがベスト!夏場であれば、早朝が使用開始のおすすめ時間帯です。

効率よく室内を涼しくする温度とコツ

観葉植物とエアコン

エアコンは電気を消費するから、電気代を節約するためにも効率よく室内を冷やしたいですよね。まずは、理想の室内温度をチェック!効率よく室内を涼しくするコツも、確認してみましょう。

冷房の理想の温度設定は28℃

昨今、夏の外気温は年々上昇傾向です。例年最高気温を更新する夏の日々に、心身共に参ってしまいますよね。

暑い時期の理想の設定温度は、28℃前後といわれています。これは、外の暑さを和らげて体への負担が少ない温度です。冷房の冷たい風を浴び続けるのは、体への負担が大きくなるのでNG。28℃の冷たすぎない風を上手く循環させて、室内を快適な状態に保ちましょう。

効率よく室内を涼しくするコツ

熱気がこもった部屋を効率よく快適な温度にするには、以下のようなことを行ってみましょう。

  • 窓を開けて、室内の熱気を逃がす
  • 窓を閉め、遮光カーテンや断熱シートを使って太陽光を遮断し、部屋が冷えやすい環境を作る
  • サーキュレーターや扇風機を使って、エアコンの冷風を循環させる
  • 自動運転を活用
  • 長期間家を空けないときは、つけっぱなしにする

エアコンは、室内が設定温度になるまでの期間、多くの電力を消費します。消費電力が多いと、電気代も膨らみやすくなるため、長時間家にいるときや短時間の外出の場合はエアコンをつけっぱなしにする方が電気代が節約できますよ。帰宅後、室内の温度を下げる手間も省けます。

まとめ

稼働中のエアコン

エアコンの設定温度は、少し高めでも十分室内を快適な状態に保てます。冷えすぎないよう工夫し、家族みんなが快適に過ごせるよう、エアコンとほかのアイテムを併用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる