コストコで買ってはいけない商品ランキングワースト5!NGな理由や買うべき商品を解説

コストコの外観

皆さんは会員制店舗『コストコ』を利用したことはありますか。多くのコスパ抜群な商品があることで有名ですが、中にはコスパを重視しすぎて失敗してしまったという声も…今回は、コストコで買うべきではない商品ワースト5を紹介します。

多くの商品をリーズナブルに購入できる会員制店舗『コストコ』

コストコの外観

皆さんはコストコの会員になっていますか。今では日本国内にも多く店舗がオープンされているコストコは、会員制の大型スーパーです。食品から日用品、さらには娯楽用品まで、多くの商品が販売されていて、見ているだけでも楽しいですよね。

特に、食品や日用品は、大量にまとめ買いすることができ、1つ1つの値段を見るととてもリーズナブル!家計管理をしている主婦にとって、強い味方でもあります。

最近では、TwitterやInstagramなど、SNSでもコストコの良品を紹介する投稿が多く見られ、アメリカ発の会員制スーパーは、今では多くの日本国民に愛されています。

コストコで買ってはいけない商品ランキングワースト5

悩むエプロン姿の女性

リーズナブルな価格で大量の商品を購入できるコストコですが、中には「買って損した!」という声が多い商品も潜んでいます。食品の消費期限や日用品の使い勝手など、安価だけれど損をしてしまうコストコ商品を紹介します。

5位.マフィン

コストコに行ったことのある人は必ず見かけたことがあるであろうマフィン。様々な味があり、とても美味しそうなマフィンですが、以下の理由でワースト入りしてしまいました。

  • 1個約600kcalと高カロリー
  • 1パック12個入っていて意外と消費が進まない

知らなかった人にとって衝撃が走る1個600kcalというハイカロリーな数字です。ダイエット中の人はもちろん、多くの女性にとって非常に恐ろしいカロリー数字です。

また、コストコのマフィンは、6つ入っているパッケージを2つ購入、または12個入りのパッケージというセット商品なので、全部で12個消費しなければいけません。大家族やパーティー用にはぴったりですが、2〜3人暮らしのご家庭には、消費が意外と難しい商品です。

4位.ストレッチタイトフードラップ

サランラップ

コストコのラップと聞くと、多くの人がピンとくる商品です。他のラップと比較して、肌触りがよく、サイズも大きめ、大容量といった特徴を持つため、人気の商品です。

しかし、日用品として注目を集めている一方で、コストコファンの間では賛否両論分かれていることをご存知でしょうか。「買うべきではないかも」という声の理由は、以下の通りです。

  • 大きすぎて食品用ラップとしては使い勝手が悪い
  • 電子レンジに対応していない
  • ラップ自体にほんのり人工的な匂いがある

この3点が気になり、あまり好みではないと感じる人が多いようです。コストコはアメリカ発の店舗なので、輸入品が多いのが特徴です。そのため、日本人にとって匂いや使い勝手が悪いと感じる商品も実は多いです。

3位.食器用洗剤ジョイレモン2.66L

お皿を洗っている女性

大容量タイプの食器用洗剤もコストコならではです。こちらの食器用洗剤は、コスパが良く、なんと言っても車のホイール油汚れにも対応可能なほど、油汚れに強い食器用洗剤です。頑固な食品油をスルリと落としてしまう品質の高さがわかります。

しかし、そんな便利で機能性の高い食器用洗剤にも、日本人ならではのデメリットがあります。

  • 強いレモンの香りが苦手な人が多数
  • 大容量タイプは大きすぎて詰め替えにくい
  • ボトルが大きすぎて置く場所がない

日本の住居環境を考えると、外国製の大きいサイズは置き場所がなく困るという声が多くあります。また、アメリカならではの独特の強い香りは、多くの日本人が「きつすぎて好みじゃない」「苦手」と感じるようです。

上記のデメリットをあまり重視しない人にとっては、油汚れも簡単に落ちる非常に便利で機能的な商品と言えます。

2位.カークランド ボトルウォーター

ミネラルウォーターをグラスに注いでいるところ

500mlのペットボトルに入った水が、40本1セットで販売されているボトルウォーターです。これほど大容量にも関わらず、値段は1000円未満と驚くほどコスパの良い商品です。

ミネラルウォーターであれば、この大容量、値段で「お得!」と感じるかもしれません。しかし、実際このボトルウォーターに入っている水は、ミネラルウォーターではなく、アメリカで汲まれた水道水です。

売り物として飲めるように改良されているものの、実際は水道水をボトルに入れただけと聞くと、コスパが良いのか、悪いのかと頭を抱えてしまいます。

日本の水道水も飲料用として優れており、ご家庭で水道料金のみで飲むことができると考えると、このボトルウォーターに料金を払うのは、損と言えるかもしれません。

1位.ハーフシートケーキ

皆さんはコストコのハーフシートケーキをご存知でしょうか。長方形のアメリカンサイズのケーキです。SNS映えなどで、一時期話題沸騰した商品ですが、実際に購入してみると、とにかく大きくて食べきれないという声が続出しました。

ハーフシートケーキの「ハーフシート」とは、新聞紙を半分折りにしたサイズという意味があるようで、この意味を知るだけでもどれほど大きいのか想像つくかと思います。

実際、何人分のサイズなのかというと、その数は48人分!パーティー用として購入するケーキなので、日本の文化に当てはめると、少々容量が大きすぎるケーキと言えるでしょう。

また、購入したはいいけれど、ケーキのサイズが大きすぎて、冷蔵庫に入りきらないという声も多く聞こえました。

コストコで買うならこれ!コスパも使い勝手も良い商品たち

スーパーとショッピングカート

以上、紹介した5つの商品は、ネット上でも賛否両論、むしろ日本人にとってはあまり使い勝手が良いと言えない商品と言えます。しかし、コストコにはとにかく多くの商品が並んでいます。その中から、コスパも使い勝手も良い、買うべき商品を紹介します!

  • グラッド プレスシール フード保存ラップ
  • プレミアムビッグロールタオル
  •  生肉(豚肉、牛肉、鶏肉など)
  • コストコ オキシクリーン

スーパーでも購入できる生鮮食品は、コストコで大容量になってリーズナブルに販売されています。冷凍保存すれば長持ちするので、食費を節約したい方にオススメです。

他にも日用品も多く揃っているので、ご家庭の収納スペースや香りなどを考慮しながら、コスパと使い勝手の良い商品を選びましょう。

量や大きさを考慮してご家庭に合った商品をチョイスしよう!

たくさんのパンを買う女性

いかがでしたでしょうか。コスパが良いことで有名なコストコですが、好奇心だけで購入してしまうと、結局使い切れないなどの理由で損してしまうことも…。購入する際は、量や大きさを考慮して、ご家庭に合った商品を選びましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
コストコの外観

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる