買うべきではない『パイナップル』3選!見極めるコツ・選び方を徹底解説

買うべきではないパイナップルとは

パイナップルは、お店に並んでいるものの中でも鮮度にばらつきがあることがあります。購入するならば、新鮮で甘いものを見つけ出したいですよね。今回は、購入時に注意したいパイナップルの特徴をご紹介します。新鮮で完熟しているパイナップルを見つけ出すコツも紹介しているので、パイナップルを丸ごと購入しようと思っている人必見!

甘酸っぱくておいしいパイナップル

カットしたパイナップル

パイナップルは、少しクセがあって幅広い年齢層の人から愛されている果物です。スーパーでも売られていて、丸ごと1個購入できるのも嬉しいですよね。せっかく1個丸ごと購入するならば、おいしくないパイナップルは避けたいものです。

今回は、お店でパイナップルを購入する前にチェックしたい、買うべきではないパイナップルの特徴をご紹介します。おいしいパイナップルを見極めるコツも紹介しているので、パイナップルを購入する前にぜひチェックしてみてください。

買うべきではない『パイナップル』3選!

青い板の上のパイナップル

お店に並んでいるパイナップルであれば、どれでもおいしいと思ってしまうのはよくありません。買うべきではないパイナップルも紛れ込んでいる可能性があるので、購入前に確認してみましょう。

1.葉に元気がない

パイナップルに限らず、収穫から時間が経っている野菜や果物は、葉の部分がしおれやすくなります。葉の部分に元気がなく、先端が枯れているような印象のものは鮮度が落ち気味かもしれません。

葉の部分を全てカットして売られているものは、お尻の部分をみて鮮度をチェックすることもできます。

2.手に持ったとき想像よりも軽い

パイナップルを手に持ったとき、思っていたよりも軽い印象のものは、実が詰まっていない可能性があります。パイナップルは果汁が多い果物なので、水分は多い方がジューシーです。

重さを具体的に測るのであれば、同じくらいの大きさのパイナップルを手に取ってみるのがおすすめ!同じくらいの大きさのものを複数持ち比べて、重いものを探し出しましょう。

3.底にカビが発生している

パイナップルは、いつも地面に接しているお尻の部分から傷み始めます。収穫後間もないパイナップルは、お尻の部分がまだ緑色で周囲の葉もしっかりしていて新鮮さが伝わってきやすいものです。

収穫から時間が経ったパイナップルは、お尻の部分からカビが発生していることもあるので注意してチェックしてみてください。

おいしいパイナップルを見極めるコツ

食べやすくカットしたパイナップル

おいしいパイナップルには、以下のような特徴があります。

  • 手に持ったとき、見た目よりも重い印象
  • 果実部分がしもぶくれしている
  • 甘い香りが感じられる
  • 葉がしっかりとしていてツヤがある

完熟しているパイナップルであれば、手に持ったときにほのかに香りが漂ってきます。完熟しているだけでなく、葉の状態などにも注目して鮮度が高いものを選びぬきましょう!

まとめ

輪切りにしたパイナップル

パイナップルは、手軽に購入できる果物のひとつです。丸ごと1個購入する場合は、鮮度と熟成度に注目して家族みんなが満足するようなパイナップルを入手しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
買うべきではないパイナップルとは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる