夜泣きする赤ちゃんにしてはいけない『NG行為』5選

赤ちゃんが夜泣きを繰り返していると、親としては堪えますよね。もしかしたら、夜泣きする赤ちゃんへの対応に問題があるのかもしれません。今回は、世なくする赤ちゃんへのNGな対応方法をご紹介します。赤ちゃんの夜泣きに有効な対処法も紹介しているので、ぜひ実践してみてください。

赤ちゃんの夜泣きは大変!

夜泣きの子どもを抱っこする母親

赤ちゃんが成長するにしたがって、夜泣きが始まる子もいます。毎日夜中に赤ちゃんの泣き声で起こされると、パパとママは大変ですよね。赤ちゃんの発達の一環で嬉しく思うべきことではありますが、毎日いつまで続くかわからない夜泣きに付き合い続けるのは心身ともに堪えます。

今回は、夜泣きする赤ちゃんにすべきではない行動をご紹介します。夜泣きがひどいときの対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

夜泣きする赤ちゃんにしてはいけない『NG行為』5選

めそめそする赤ちゃん

赤ちゃんの夜泣きで悩んでいるときに、すべきではない行動をまとめました。日頃の赤ちゃんへの対応などを振り返ってみましょう。

1.たっぷり昼寝させる

月齢を重ねた赤ちゃんは、昼寝をしすぎると夜寝づらくなってきます。日中活発に過ごして体力を使い、夜ぐっすり眠るサイクルができるよう、できるだけ昼間はたくさん遊ぶようにしましょう。

お散歩やお買い物など、家の中から出て活動すると赤ちゃんにたくさん刺激を与えられますよ。

2.寝る直前に前触れなく消灯

大人であれば、部屋の電気を消して目を閉じるだけでいつのまにか寝ていますよね。しかし、赤ちゃんは明るい場所からいきなり暗い場所に移されると不安になって泣いてしまうことがあります。

夜寝る前は、就寝前30分ほど前から部屋を暗くして眠りやすい環境を整え、布団に横になって絵本を読み、頭をなでてあげるなどのルーティーンを作ってあげましょう。

3.抱っこでぐっすり寝かしつけてしまう

赤ちゃんが泣いてすぐに抱っこしてあげることは、とてもよいことです。両親のぬくもりを感じて赤ちゃんは安心できるだけでなく、大人も赤ちゃんへの愛着がわきやすくなります。

しかし、寝ているときに少し泣いたからといってすぐ抱っこしてしまうのはNG。寝ぼけているだけかもしれないので、まずは様子をみましょう。

抱っこでぐっすり寝かしつけてしまうと、抱っこしていなければ寝ないという悩みが発生しやすくなります。眠るときは赤ちゃんの横に寝て、おなかを優しくトントンして安心させてあげましょう。布団が寝る場所と認識してくれれば、赤ちゃんは横になったまま眠れるようになりますよ。

4.すぐに声をかける

赤ちゃんは、寝ているときに日中あったことを思い出していろいろなことを学習します。その日あったことを思い出しているときに、少しぐずってしまうこともあるでしょう。

寝ていて少しぐずった場合、寝ぼけている可能性があるので、すぐに声をかけず泣かないかを見守ってみてください。再び寝始めたら、そっとしておきましょう。

5.激しく揺さぶる

毎日夜泣きが続くと、どうしてもイライラしてしまいますよね。だからといって、激しく赤ちゃんを揺さぶってしまうのは絶対NG!脳を損傷してしまう可能性があります。

赤ちゃんの夜泣きの対応は、パパとママが力を合わせて行うと、負担が軽減しやすくなります。仕事で疲れているなどの理由はあるかもしれませんが、どちらか一人に育児を押し付けてしまうのはよくありません。

赤ちゃんの夜泣きを泣き止ませる方法

寝かしつけをする父親

夜泣きがひどいときは、以下のようなことを試してみてください。

  • 室温や湿度の見直し、調整
  • 夜泣き対策グッズや、夜泣きの効果がある歌などを聞かせてみる
  • 授乳
  • 抱っこして異常がない確認する
  • 散歩やドライブをして気分を変える

赤ちゃんの夜泣きが改善されそうにないときは、まず身体の異常がないかを確認してみましょう。汗をかいていないか、おむつが蒸れていないかなど、赤ちゃんが心地よく寝られる環境が整っているかを再確認します。

SNSなどで泣いている赤ちゃんが泣き止む動画などが配信されている場合は、有効活用するのもおすすめです。どうしても泣き止まないときは、外の空気を吸って親子で気分転換してみてください。

まとめ

ぐっすり眠る赤ちゃん

夜泣きは永遠に続くものではないので、環境を整えて赤ちゃんと無理なく向き合ってあげましょう。いろいろな対策方法を試しつつ、夜泣き期間を乗り越えてください!

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる