レモンが掃除で大活躍!5つの意外な活用方法

レモンを掃除に活かして家中をキレイにしてみませんか?果汁を絞った後、ほとんどの人が捨ててしまうであろうレモンですが、ただ捨ててしまってはもったいないです。レモンは家中の掃除に使うことができ、洗剤や薬剤を使わずに掃除がしたいという人におすすめなのです。とくにキッチン周りの頑固な汚れの掃除に使うことができます。

レモンに含まれているリモネンが掃除に活用できる

レモンを切っている女性

レモンが掃除に活かせる理由は、レモンに含まれているリモネンという成分に油汚れを落とす作用があるからです。油汚れにリモネンが染み込むと、どんなに頑固な油汚れもやわらかくして落としやすくしてくれるのです。このリモネンの作用を使って掃除をしてみましょう。レモンに含まれているクエン酸や香りにもお掃除に活かすことができます。

レモンで掃除をする活用方法5選!

電子レンジとレモン

①電子レンジの油汚れを落とす

電子レンジは飛び散り汚れによって汚れがたまってしまっています。とくに油汚れやニオイは水拭きしただけでは落ちにくいですよね。電子レンジ用のクリーナーを使っても油汚れのベタベタやニオイが落ちずに困っているとき、レモンを使ってみてください。

掃除の手順

  1. 耐熱容器に水とレモンを入れます。耐熱容器がなければマグカップなどでもOKです。
  2. 高温に設定して電子レンジを温めます。耐熱容器に入れた水がお湯になると蒸気が発生します。
  3. その蒸気によって電子レンジ内の頑固な汚れをやわらかくすることができます。
  4. 蒸気によって汚れをやわらかくすることができたら、拭き掃除をして汚れを拭き取ってください。

②ポットやカップの着色汚れを落とす

透明なカップに入ったレモン

紅茶を飲むときのポット、コーヒーを飲むときのマグカップ、緑茶を飲むときの急須など、着色汚れが気になりますよね。スポンジでゴシゴシ擦ったところで簡単に落ちてはくれません。毎日キレイに洗っていても着色汚れはついてしまいます。そんな頑固な着色汚れもレモンを使って落とすことができます。

掃除の手順

  1. ポットやマグカップや急須の中にレモンを入れ、沸騰したお湯を注ぎます。
  2. そのまま着色汚れが落としやすい状態になるまで5分から10分ほど放置します。
  3. お湯を捨てたらいつものようにスポンジを使って洗います。

③ガスレンジ周りのベタベタ汚れを落とす

シルバーのガスレンジ

ガスレンジ周りは油汚れや食べ物の飛び散りなどでベタベタしやすいですよね。壁にも油や食べ物が飛び散ってしまっているのではないでしょうか。そんなときもレモンを使って掃除することができます。

掃除の手順

  1. レモンの切り口に塩を少しだけつけます。
  2. そして、ベタベタ汚れが気になる部分を擦ります。浮き出してきた油汚れはキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。
  3. 仕上げは水拭きでも良いですし、キッチン用のクリーナーを使って仕上げても良いです。

※ガスレンジ周りの壁を掃除する場合には、レモンの酸に弱い素材でないかを確かめてから使うようにしましょう。素材によっては壁を傷めてしまう可能性がありますので注意してください。

④まな板の除菌をする

まな板とスライスされたレモン

レモンにはシトラールという成分が含まれているのですが、抗菌作用や殺菌作用のある成分です。この作用を使ってまな板の除菌をすることができます。

掃除の手順

  1. レモンの切り口をまな板に擦るようにして磨いていきます。まだ果汁が絞れるようであれば絞ってもOKです。
  2. 磨いた後は水洗いしましょう。

食べ物をそのまま置いて切るまな板ですから、なるべく洗剤や薬剤は使用したくないですよね。料理で使ったレモンがあれば、捨てる前にまな板を磨いて除菌しておきましょう。

⑤鏡の水垢を落とす

水垢と書かれた鏡

お風呂の鏡って、水垢ですぐに白くなってしまいますよね。水垢はアルカリ性の汚れです。酸性であるクエン酸で落とすことができます。お料理で使ったレモンを捨てる前に、レモンに含まれているクエン酸で鏡の水垢を落としておきましょう。

掃除の手順

レモンの切り口や皮を使って鏡を磨きます。

水垢を落とすことができるだけではなく、曇り止めの効果もあるのでおすすめです。

まとめ

搾られたレモン

「あの汚れがなかなか落ちない…」という部分があれば、ぜひレモンを使って掃除してみてください。洗剤や薬剤では落ちなかった頑固な汚れがスルンと落ちてしまうかもしれません。レモンの爽やかな香りも広がるので、掃除も楽しくなりますよね。

まな板とスライスされたレモン

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる