革靴の寿命は何年?買い替えサインの見極め方や長く履くためのコツを解説

黒の革靴

革靴は履き続けていると靴底のすり減りや型崩れなどが気になりますよね。履きなれた革靴は歩きやすいこともあり、まだ履けるか、または買い替えが必要なのかの判断が難しい時もありますよね。革靴の寿命や買い替えのサイン、長く履くためのコツをご紹介します。

革靴の買い替えサイン

革靴と靴用ブラシ

革靴の買い替え時は、靴の製法や履き方で大きく変わってきます。靴にはあらかじめ耐久年数があるものでもなく、履く頻度や日頃のお手入れによって寿命は左右されます。

また、底を除いたアッパー部分だけが古くなっている場合は、修理で修復できることもあります。革靴の買い替えのサインは次を参考にしてください。

  • 靴底(ソール)がすり減り薄くなっている
  • 歩きづらくなっている
  • 足への衝撃が強くなり、履いていると以前より疲れる
  • 皮の部分がひび割れたり、穴が空きそう(空いている)
  • 修復できない雨染みがついている
  • 気になるニオイが取れない

などです。

革靴の寿命は製法によって異なる

男性用の黒と茶色の革靴

革靴の製法の種類

一般的な革靴の製法は大きく3つに分類できます。製法により、修理に出せる・出せない、など違いがあるため、寿命もそれぞれ違ってきます。

  • グッドイヤーウェルト製法:靴底(ソール)を何度でも張り替えられるため、長期間履くことが可能
  • マッケイ製法:靴底(ソール)を張り替えられないので、修理できるのは数回程度
  • セメント製法:接着剤でくっつけられた革靴で、安価で耐水性に優れているのが特徴

グッドイヤーウェルト製法の寿命は約10年

グッドイヤーウェルト製法は伝統的な靴の作り方で丈夫で重厚です。高級紳士靴に使われていて、他の製法に比べて長持ちします。

靴底(ソール)を少なくとも3回以上は交換することができるため、10年以上履けるものが多く、中にはお手入れ次第で20年近く履けることもあるそうです。ですが、1足当たりの価格は40,000円以上が相場と他の製法の革靴より高価です。

マッケイ製法の寿命は約5年

マッケイ製法は、靴底(ソール)と甲革(アッパー)を直接縫い合わせる作り方です。革靴の中底を見て、縫い目があるのはこの製法であるはずです。この靴の特徴は、軽く履き心地も良く幅広いデザインに対応できます。

価格は、20,000~40,000円で購入できるものがほとんどです。ですが、伝統的なグッドイヤーウェルト製法に比べると靴底(ソール)の修理ができるのは1~2回程度のため、寿命は5~10年とされています。

セメント製法の寿命は約2年

レディースの革靴

セメント製法は紳士用の革靴だけでなく、レディース靴やスニーカーなどにも幅広く使われている製法です。1足20,000円以下という他の製法より安価で購入でき、耐水性があるのがメリットです。

しかし、靴底(ソール)と甲革(アッパー)を接着剤で貼り付けたものなので、修理ができません。そのため、靴底(ソール)がすり減ってきたら寿命となり、早いと1年で寿命となる場合もあります。お手入れ次第では3年以上履くことも可能のようです。

革靴を長く履くためのコツ

メンズビジネスシューズ

革靴を長く履くためには、日頃の扱い方とお手入れで大きく寿命が左右されます。気を付けることややっておくべきことを習慣化させ、長持ちさせましょう。

  • 革靴を履くときは必ず靴ベラ(シューホーン)を使う
  • 携帯用の靴ベラ(シューホーン)を持ち歩く
  • 脱ぐときはかかとの部分を片手で抑えながら脱ぐ
  • 正しい姿勢で歩く
  • サイズに合った革靴を履く
  • 汚れやほこりはこまめにブラッシングをして落としておく
  • 毎日同じ革靴を履かず、1~2日休ませる
  • 保管の際は必ずシューキーパーを使う
  • 定期的に甲革(アッパー)にはシューケアー用のクリームを塗る
  • 防水スプレーを使用する

寿命は靴の製法と扱い方で変わる!

革靴とシューズ用ケア用品

革靴の寿命は、靴の製法が大きく左右します。修理ができるグッドイヤーウェルト製法とマッケイ製法の革靴は、靴底(ソール)がすり減ってきても修理で修復できることもあるため、まずは販売店や修理店で相談してみましょう。

また、普段の履き方やお手入れ方法でも寿命は変わりますので、ご紹介した「長く履くためのコツ」を参考にしてみ

この記事のタイトルとURLをコピーする
黒の革靴

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる