人生の辛い時期の乗り越え方とは!成長するチャンスにもできる

辛い時期を乗り越えるイラスト

生きていくうえで人生の辛い時期は大なり小なり誰にでもありますよね。その乗り越え方は人によってさまざまですが、上手に取り入れることができれば、辛さから解放されるきっかけになるはずです。今回は人生の辛い時期の乗り越え方を始め、偉人たちの名言やスピリチュアルな意味についても紹介しますので、一歩成長する大きなチャンスだと前向きにとらえてみましょう。

人生の辛い時期の乗り越え方

会話する女性

人生辛い時期があると、どうしても気分が沈みがちになってしまいますが、乗り越え方がわからなくてなかなか抜け出せずに困っていることもあるのではないでしょうか。

そんな方へ、人生が辛い時期の乗り越え方を解説します。

信頼できる相手に話す

人生辛い時期から抜け出せずにいる時には、一人で解決しようとせず信頼できる人に頼ってみることをおすすめします。

自分の心の内をさらけ出せる友達や家族がいるなら、その辛さを全て話すことで気持ちが落ち着いて楽になるでしょう。

自分の中だけで抱え込んでいると苦くなるだけなので、自分の良い面も悪い面も全て受け止めてくれる、そんな人に言葉にして吐き出すと、辛さから徐々に解放されていくはずです。

楽しみを見つける

自分が好きなことに没頭して、楽しいと感じることができれば辛い気持ちから解放されるきっかけになります。

人生辛い時期にはどうしても笑うような気持ちになれませんが、だからこそ楽しいことを見つけることによって、ポジティブな気持ちに変われるでしょう。

だからと言って、大がかりな楽しみは精神的に参っている時だと逆に疲れてしまって、心から楽しめないこともあるかもしれません。

海外旅行に行くというような派手なことでなくても、美味しそうなスイーツを探しにお店まわりをしたり、お気に入りの小説や雑誌を買って部屋でゆっくりくつろぎながら堪能するといったそんな程度の楽しみ方で十分です。

また、森林や海などマイナスイオンが溢れる場所に行ってみたり、ペットショップへ出向いて、小さな動物を眺めて元気をもらうのもおすすめです。

自分の好きな世界に入ることができれば、自然に頭の中が切り替えられて心のリハビリに繋がることでしょう。

運動をする

人生が精神的に辛い時期だと、何もしたくないとぼんやりしてしまいがちです。そんな時だからこそ思いっきり体を動かしてみましょう。

ジョギングやちょっとしたストレッチなど、運動することによってセロトニンと呼ばれる「幸せホルモン」が分泌され、気分がスッキリすると言われています。

幸せホルモンのおかげでストレスが解消され、辛い気持ちが和らぐことでしょう。体を動かす!という方法は、試してみる価値大いにありますよ。

ノートやブログに吐き出してみる

日記など、書くことは自分との会話です。走り書きでもどんな書き方でもかまいませんので、ノートにダーっと書いて思いを吐きだしてみましょう。

誰かに見せるものではないので、自由に自分の気持ちをぶちまけるのです。ノートや紙に限らず、ブログでもかまいません。

書いたあとにそれをじっくり読んでみると、客観的に内容を知ることができて、ふっと解決策が頭に浮かんだりもします。そして何より思いを吐き出すことで、気持ちが落ち着いていることに気づくでしょう。

時間の流れに身を任せる

「日にち薬」って言葉、知っていますか?「時間が解決してくれる」または、「時間が経てば悲しい気持ちもおさまる」という意味で使いますが、時間はとても強い味方です。

辛いできごとを完璧に忘れる事はできなくても、時間は必ず癒してくれます。人はどんなに辛いできごとでも、その深い傷を小さくする力を持っているはずです。

時間の流れに身を任せていると、時間が経てば経つほど心は軽くなっていることでしょう。

《 ポイント 》

  • 辛さを全て話すことで気持ちが落ち着く。
  • 楽しみを見つけるとポジティブになれる。
  • 運動するとセロトニンという幸せホルモンが分泌される。
  • ノートやブログに思いを吐き出す。
  • 時間を味方にして流れに身を任せてみる。

人生の辛い時期を成功に繋げるためには

情熱イメージ

情熱と自信を持ち続ける

Appleの設立者であるスティーブ・ジョブズの名言のひとつに「情熱さえあれば上手くいったも同然だ」という言葉があります。

仕事や人間関係などで、なかなか思い通りにならないとつい心が折れそうになりますが、そんな人生の辛い時期には「情熱があればなんとかなるんだ!」と、「熱い情熱」と「確固とした自信」を持ちましょう。

また、ドイツの思想家フリードリヒの「苦しい時が上り坂」という言葉は、苦しい上り坂でも一歩一歩進んでいけば、高い所に到達して視界が大きく広がるという意味です。

この二つは、日々頑張っているのに、なかなかうまくいかずに辛いという人に聞かせたい言葉です。

辛い時期は成長する大きな「チャンス」と考える

人生の辛い時期というのは、その経験を通じて大切なことに気づくという、自分が成長するのに大きなチャンスでもあります。

人間は問題に直面した時でないとなかなか気づかないので、人生の辛い時期をどう受け止めるかが大切ではないでしょうか。

《 ポイント 》

  • 「熱い情熱」と「確固とした自信」を持つ。
  • 辛い経験を通じて大切なことに気づける。

人生の辛い時期のスピリチュアル的な意味

転換期イメージ

「どんな辛いことがあっても超えられない試練などない」とは、よく耳にする言葉です。人生の修行、試練の辛い時期と捉えて、これを乗り越えれば楽になるというスピリチュアル的な意味も調べてみました。

転換期が訪れる前兆

人生が大きく変わる前兆として、「何をしてもなかなかうまくいかない」人生の辛い時期があると言われています。

今のこの辛さは、もしかして大きな転換期が近くまで訪れているからなのかもしれません。人生の節目の辛い時期だと思って過ごしてみましょう。

人生の転換期には眠気が続く

人生の転換期の予兆として、よく知られているのが「眠気」です。しっかり寝ているにも関わらず、一日中眠気が取れないような時は、無意識のうちに魂がスピリチュアルなコンタクトを行っている可能性があります。

自分自身を休息させ、自分の進むべき道すじを見つめるいい機会です。これに気づくか気づかないかで、意識が大きく違ってきますよ。

「試されている」期間

この試練に立ち向かって乗り越えられる人間なのかどうか、あなたの潜在意識のありかたを、スピリチュアル的に試されているのかもしれません。

絶望して生活をおろそかにしてしまうのではなく、今は修行中なのだと前向きに捉えて、地に足のついた生活をおくるようにしましょう。スピリチュアルはあなたを見ていますよ。

スピリチュアルなレベルが高ければ高いほど辛い

困難を乗り越えられるかどうかというギリギリの試練が訪れまた場合、その人のスピリチュアル的なレベルが高ければ高いほど、その苦労や苦しみは大きいようです。

苦しいことが多すぎたとしても、自分の人生に与えられた試練だと思って現実逃避せずにすごしてみてください。

流れが変わって幸せを引き寄せる

人生の苦しい辛い時期を超えると驚くような幸せを引き寄せることがあります。自分のスピリチュアルなレベルがアップした結果、自分が引き寄せる対象が大きく変わったのでしょう。

転換期の流れとして、初めに困難が訪れそれを乗り越えた後からは、今までとは大きく違った人生になっているという話はよく耳にします。

《 ポイント 》

  • 人生の辛い時期は修行、試練の時期と捉える。
  • スピリチュアル的なレベルが高いほど苦労や苦しみが大きい。
  • 人生の苦しい辛い時期を超えると流れが変わって幸せを引き寄せる。

辛い時期を超えた先にあるものとは

辛い時期と幸せの時期イメージ

今のこの状況に囚われる必要はありません。人生の辛い時期がこの先ずっと続くわけではないので、未来の自分は絶対幸せになっていると信じてみましょう。

試練を乗り越えた後には、よりレベルの高い自分を手に入れているはずなので、幸せの中にいる数年後の自分を想像してみてください。そこにいる自分は、どんな容姿をしてどんな家に住み、何をして楽しんでいるのかなど、具体的に考えてみましょう。

その前向きな姿勢には、期待通りの未来に近づける「力」が秘められているのです。想像には体力もお金も必要ありません。イメージした自分へ近づこうと努力することで、必要なものが引き寄せられてきます。

辛い経験をしている人は、人生観が豊かになるだけでなく人としても成長しているので、いずれは素晴らしい人生が訪れることでしょう。

《 ポイント 》

  • 未来の自分は絶対幸せになっていると信じる。
  • 人として成長しているので素晴らしい人生が訪れる。

人生が辛い時に読みたい名言10選

辛い様子の男性

人生が辛い時期にこの言葉を見ると元気がもらえるような、世界の偉人の名言10選を紹介しましょう。

自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。

プラトン(古代ギリシアの哲学者)

山は西からも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。

松下幸之助(日本の実業家、発明家)

人生における最大の失敗は、失敗を恐れ続けることである。

エルバート・ハバード(アメリカの作家)

行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。

ベンジャミン・ディズレーリ(イギリスの政治家)

人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。急ぐべからず。

徳川家康(江戸幕府の初代征夷大将軍)

止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。

孔子(中国の思想家、儒家の始祖)

自分自身を信じてみるだけでいい。きっと生きる道が見えてくる。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家)

岸が見えなくなる勇気を受け入れる覚悟がなければ、海を渡ることは決してできない。

クリストファー・コロンブス(アメリカ大陸発見者)

凧が高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない。

ヴィストン・チャーチル(イギリスの政治家)

私は決して天才ではありません。ただ人より長く「1つのこと」と向き合ってきただけです。

アルベルト・アインシュタイン(20世紀最高の物理学者)

最後に

綱渡りのイラスト

ここまで、人生の辛い時期の乗り越え方や前向きになれる偉人の名言、さらにはスピリチュアル的な意味について解説してきました。

人生の辛い時期には一人であれこれ悩まずに、信頼できる人に相談したり、名言から勇気をもらったりと、苦痛から解放されるきっかけを上手に取り入れてみましょう。

人生の辛い時期を乗り越える方法は人によって異なるので、この記事を参考にしていろいろ試してみてください。自分にピッタリ合った乗り越え方が見つかれば、いつの間にか辛いとは思わなくなり、思いのほか早く立ち上がることができるかもしれませんよ。

人生の辛い時期の真っただ中にいたとしても、今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるでしょう。そして、誰に遠慮することなく、すばらしい未来を夢見てくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
辛い時期を乗り越えるイラスト

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる