手帳の色と風水効果!運気を上げる色や使い方

手帳と風水

手帳の色は何色ですか?風水では、手帳の色によって運気が変わるとされています。仕事運がアップする手帳の色、金運がアップする手帳の色、恋愛運がアップする手帳の色、勉強運がアップする手帳の色など、手帳の色によって変わる運気の種類もさまざまです。また、手帳が何曜日から始まるかでも運気は変わります。たかが手帳…と思わずに読んでくださいね。

手帳の使い方と風水

手帳の年月日

風水では手帳の色によって運気がアップすると言われています。運気をアップさせるために手帳の色はとても重要なポイントですが、それ以外に手帳の使い方によっても運気が変わると言われています。

ここでは幸運アップに効果がある、手帳の使い方をご紹介します。

月曜日から始まる手帳を使う

風水では手帳の色だけでなく、手帳の始まりの曜日も重要なポイントです。手帳が何曜日から始まっているかによって運気に関わるものがありますので、手帳を使う際には注意が必要です。

スケジュール手帳やシステム手帳など予定を書き込む手帳は、月曜日から始まる手帳が運気アップに最も適していると言われています。月曜日は一週間の最初の曜日で、色々な予定を立てたり見返したりすることがあるので願望が叶いやすくなるようです。

他には日曜日で始まる手帳もありますが、日曜日は陽気が強い曜日で、思いっきり太陽を浴びて次の週にエネルギーを蓄える曜日です。日曜日にエネルギーが補充された月曜日から始まる手帳を使うことをおすすめします。

手帳は1年ごとに交換して12月から使い始める

風水では時の運を司る手帳は1年ごとに新しいものに交換するのが基本です。システム手帳など中身を交換するタイプの手帳は、カバーだけでも新しくする方が良いとされています。

手帳を使い始めるタイミングは、12月からから始めるのが良いとされています。理由は1年の12ヵ月を十二支に当てはめた場合に、12月は十二支の始まりの「子年※」にあたり運気が上がるからです。

※子年は、新しいものが生み出される年とされ物事を始めるのに良いとされています。

なかでも12月の冬至の日(2021年は12月22日)に手帳を使い始めるのが良いとされています。冬至の日は一年の中で一番夜が長い日なのですが、この日を境に昼の時間が長くなる開始の日なので手帳を使い始めるのに良いと言われています。

手帳の色と風水効果

カラフルな手帳

風水において、手帳の色で運気が変わると言われています。運気の良い手帳の色は、青・赤・緑・オレンジ・ピンクなどが良いようです。

手帳の色の効果

  • 青色の手帳:集中力を高めることができる
  • 赤色の手帳:やる気が湧く
  • 緑色の手帳:時間を充実させる
  • オレンジ色の手帳:対人運が上昇する
  • ピンク色の手帳:恋愛運を上げる

手帳の色と風水効果

<仕事運がアップする色>
風水で仕事運がアップする手帳の色は「青色」「緑色」「赤色」です。青色は集中力を高め判断力などをアップしてくれるので仕事運アップになります。

また、緑色は鎮静作用があり緊張を和らげてくれるので落ち着いて行動することができ、赤色は行動力をアップさせるので仕事運アップになります。

<恋愛運がアップする色>
風水で恋愛運がアップする手帳の色は「赤色」「緑色」「ピンク色」です。赤色は情熱があり華やかさも兼ね備えているので相手に好印象を与えて恋愛運がアップします。

また、ピンク色は優しさと可愛らしさがあり相手に愛情を伝えられるので恋愛運アップにつながります。

<金運がアップする色>
風水で金運がアップする手帳の色は「黄色」です。黄色は幸福と智恵などの明るいイメージがあり、明るいところに金運が舞い込むと言われているので金運がアップします。

また、金色も金運がアップすると言われていますが、色が派手すぎて使うのに勇気がいるかもしれませんね。

<勉強運がアップする色>
風水で勉強運がアップする手帳の色は「青色」「緑色」「オレンジ色」です。青色は集中力を高め判断力などをアップしてくれるので勉強運アップになります。

また、緑色は鎮静作用があり緊張を和らげてくれるので落ち着いて行動することができ、オレンジ色は緊張しないで力を発揮させてくれるので勉強運アップになります。

手帳の色の選び方

カラフルな手帳

ここでは風水で良いとされている手帳の色ごとのイメージと効果をご紹介しますので、手帳を選ぶときの参考にしてください。

手帳の色で相手に与えるイメージ

手帳は1年間は使い続けるので、自分が愛用したくなる色を選ぶことが大切になります。手帳の色には相手に与える印象があり、自分の象徴となるイメージがあるので、自分に合った手帳の色選びから購入するのもおすすめです。

手帳の色ごとのイメージと効果

<赤色系の手帳>
風水で赤色の象徴は生命力、行動力、情動、華やか、革命、争いなどになります。活力を感じさせ気持ちを前向きにさせる心理的効果が見られ、アドレナリンを分泌し興奮を促します。また熱や暖かさを感じさせ、目を惹き関心を集める効果もあります。

この色を選ぶことにより人に与えられるイメージはポジティブなものでいくと勇気や愛情、勝利、積極性といったものがあります。一方、ネガティブなものだと、危険や緊張、怒り、争いといったものになります。

<黄色系の手帳>
風水で黄色の象徴は希望、にぎやか、智恵、幸福、うるさい、目立つ、未熟などがあります。集中力を発揮させ、判断力や記憶力を高めてくれます。また注意力を促す効果や、気分が明るくなるといった心理的効果もあります。

この色を選ぶことによる人への印象はポジティブイメージが明るい、楽しい、活発、幸福といったものになります。一方、ネガティブイメージは危険、緊張、不安、軽率といった印象も与えてしまいます。

<緑色系の手帳>
風水で緑色の象徴はやすらぎ、平和、平等、公平、調和、自己顕示弱いといったものになります。心や体の疲れを癒し、疲れた目を休ませてくれます。また鎮静作用で緊張を緩和し、リラックスさせ、穏やかな気持ちを与えるといった心理的効果も期待できます。

この色を選ぶことで相手にはポジティブイメージとして若さや新鮮、癒し、安全といった印象を与えられますが、ネガティブなものだと未熟、受動的、保守的といったものも与えてしまう可能性があります。

<青色系の手帳>
風水で青色はさわやか、冷静、知的、信頼、保守的、消極的が色の象徴として現れます。こちらも黄色同様に集中力を高めてくれるほか、興奮を抑え、気持ちを落ち着かせる効果や、睡眠を促進する効果もあると言われています。

色が与える印象としてはポジティブなものだと信頼や誠実、開放感、知性といったものが挙がります。しかし一方では不安、冷酷、悲しみ、寂しさといったネガティブな印象を与えてしまうこともあります。

<オレンジ色系の手帳>
風水でオレンジ色(橙色)の場合は、活気、楽観、健康、親しみ、暖かい、庶民的、明るいが色の象徴となります。ビタミンカラーのイメージもあるため、食欲を増進させる効果や、にぎやかさを感じる陽気な気分になったりエネルギーと開放感を与えたりします。

また仲間意識を高めたり、緊張を和らげ力を発揮できる状態に持っていく心理的効果もみられます。この色を選ぶことにより人に与えるイメージはポジティブなもので家庭的、元気、にぎやか、陽気、ネガティブなものだとわがまま、下品、八方美人といったものになります。

<紫色系の手帳>
風水で紫色は高級、上品、伝統、古典、不安、不安定、美意識を象徴としています。心理的効果としては創造力をかき立て感性を豊かにするほか、緊張や不安を癒し穏やかな気分にする、心と体の回復を促す、勘を鋭くするといったものが挙げられます。

また性的なものを感じさせる、催眠効果があるといった少々危なげな効果も出てくる色です。ポジティブイメージとしては神秘、高貴、優雅、感性といったものであり、ネガティブイメージになると不安定、下品、孤独、二面性といった印象を相手に与える色なっています。

<ピンク色系の手帳>
風水でピンク色(桃色)の場合は女性的、繊細、愛情、可愛らしさ、抱擁、優しい、不安定、幼稚、弱いといったものを象徴しています。

幸せな気持ちや優しい気持ちになる効果を持ち、心も体も若くなる心理的効果が期待できます。他にも安らぎに満ち足りた気分になったり、緊張が和らいだりします。

ピンクが人に与える印象は象徴にもある通り、ポジティブなものだと優しい、幸福、解放、愛情、若いとなり、一方ネガティブになると繊細、幼稚、不安定、弱いといったイメージを与えます。

<茶色系の手帳>
風水で茶色は象徴として温もり、安らぎ、安心感、温和、穏やか、陰気、汚いといったものになっています。緊張を緩和し、ぬくもりを感じさせる色となっています。またコツコツと物事を継続させる心理的効果もあります。

人に与える印象としてはポジティブなものだと温和、安定、伝統、堅実、ネガティブなものだと地味、頑固、退屈と言ったものになっています。

そのため印象として安定感や堅実さ、信頼感を与えるので落ち着いた色として選ばれることが多いのです。

<黒色系の手帳>
風水で黒色は力強さ、モダン、上品、重厚、暗い、抑圧、保守的に象徴される色になります。自己主張を強くする効果があるのですが、実際のものよりものを重く感じさせる効果や、老化を促進させるなどあまり良い効果ではないものも挙がります。

ただ相手に与える印象としては、ポジティブなものだと高級、神秘、自信、威厳といったものになり、ネガティブなものなど絶望、孤独、恐怖、暗いになるのです。

そのためこちらもビジネスシーンにおいては、強さや圧力、権力など力を感じさせるだけでなく、プロ意識や上質といったものも与えることができるので、よく利用されます。

<白色系の手帳>
風水で白色が象徴するのは清潔、純粋、真実、幸福、さわやか、別れとなります。始まりを感じさせる効果の他、気分を一新させる、広さを感じさせる心理的効果もあります。

色が与えるポジティブイメージが潔癖、平和、祝福、勝利となる一方、ネガティブイメージは冷淡、薄情、空虚、味気ないという印象になります。

こちらも清潔な印象や、始まりの印象が就活生には適している色と言うこともあり利用されることが多い色なのです。

手帳で運気を上げる書き方

手帳を書く男性

風水で手帳の使い始めの月日や色も、運気アップには大切ですが、手帳で運気を上げるには書き方も重要になります。手帳は使いながら、共に成長していきますで、幸運になる手帳の書き方を紹介します。

<将来の目標や願望も書く>
風水の手帳で運気を上げるための書き方には、自分の予定だけ書くだけではなく、将来の目標や願望などを書くこともとても大切です。そうすることで、手帳に幸運を運ぶ手伝いをしてもらうと考えて願いを込めて書くのが良いと言われています。

風水の手帳で運気を上げるには前向きな気持ちが必要ですので、失敗した反省点など悪いことは書かないで、成功するための対策や回避の方法を書くようにしましょう。

最後に

手帳を書く男性

風水において手帳の色で運気が変わる話をしましたが、アップさせたい運気によって手帳の色を選びましょう。また、手帳は新しい年の始まりの1月から使う方が多いと思いますが、風水では12月の冬至の日から使うと運気がアップするようですので覚えておきましょう。

あなたの願いがかなう色の手帳を使って運気アップにつなげてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
手帳と風水

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる