アイロンゼッケンの剥がし方!キレイに取るコツを紹介

ゼッケン

アイロンゼッケンは剥がれないように作られたものですので簡単に剥がすことができません。しかしアイロンゼッケンを剥がす方法はあります。どのような剥がし方があるのか剥がし方ごとに手順や注意点をご紹介します。

アイロンゼッケンは剥がせる?

アイロンゼッケン剥がすイメージイラスト

アイロンゼッケン(アイロンで簡単に接着できるゼッケン)は頻繁に洗濯しても簡単に剥がれないように作られていますので、一度にきれいに剥がすのは難しいです。

アイロンゼッケンが布に貼り付くのは、アイロンゼッケンの裏に熱で溶ける粘着剤が塗られており、粘着剤がアイロンの熱で布に貼り付くためです。

ここからはアイロンゼッケンの剥がし方をご紹介します。

アイロンゼッケンの剥がし方

アイロンをかける女性

「アイロン」を使った剥がし方

アイロンを使ってアイロンゼッケンを剥がします。

<用意するもの>

  • アイロン
  • アイロン台
  • あて布(1枚)
  • ピンセット

<手順>

  1. アイロンの温度を160℃(中温)にします。
  2. アイロンゼッケンの裏にあて布を置きます。
  3. あて布の上から20秒~30秒程度、アイロンをあてます。
  4. 粘着剤が溶けてきたらあて布を取ります。
  5. ピンセットでアイロンゼッケンの端を挟んでゆっくり剥がします。
  6. アイロンゼッケンが剥がれたら終了です。

「濡れた布」と「アイロン」を使った剥がし方

頑固で剥がれにくい場合は水分を加えることで粘着剤が剥がれやすくなります。

<用意するもの>

  • アイロン
  • アイロン台
  • あて布:2枚(表用と裏用)
  • ピンセット

<手順>

  1. あて布を水に濡らします。(布はキツめに絞って余計な水分は取り除きましょう)
  2. アイロンの温度を160℃~180℃(中温)にします。
  3. 濡らしたあて布をアイロンゼッケンの上に置きます。
  4. 乾いたあて布はアイロンゼッケンの裏に置きます。
  5. 濡らしたあて布の上からアイロンを20秒~30秒程度、しっかり押しつけます。
  6. 粘着剤が溶けてきたらあて布を取ります。
  7. ピンセットでアイロンゼッケンの端を挟んでゆっくり剥がします。
  8. アイロンゼッケンが剥がれたら終了です。

ゼッケンを剥がすコツ

「少しずつ剥がす」

アイロンゼッケンの部分を少しずつアイロンで加熱し、加熱した部分だけを剥がす作業を繰り返すのがポイントです。

「ゆっくり剥がす」

アイロンゼッケンを無理やり引っ張って剥がすと生地が伸びることがあります。また一気に剥がすと粘着剤が残ってしまうため、ゆっくり剥がしましょう。

アイロンを出すのが面倒、アイロンを持っていない方はドライヤーを使って剥がすことも可能です。

ゼッケンに残った粘着剤の剥がし方

ガムテープ

再度アイロンをあてる

アイロンゼッケンを剥がした方法を再度おこないます。

<用意するもの>

  • アイロン
  • アイロン台
  • あて布:2枚(表用と裏用)
  • ピンセット

<手順>

  1. あて布を水に濡らします。(布はキツめに絞って余計な水分は取り除きましょう)
  2. アイロンの温度を160℃(中温)にします。
  3. 粘着剤が残っている部分に濡らしたあて布を置きます。
  4. 上からアイロンをあてます。
  5. 粘着剤が溶け始めたらピンセットでゆっくり剥がします。

粘着剤が衣類の繊維にからまっている場合は、剥がすのが難しくなったり、溶けた粘着剤が繊維にからまる可能性がありますので注意が必要です。

ガムテープを貼り付けて取る

<用意するもの>

  • ガムテープ、まはたコロコロなどの粘着テープ

<手順>

  1. 服に残っている粘着剤の部分にガムテープや粘着テープを貼って剥がします。
  2. 粘着力の強いテープは一気に剥がすと布を傷めることがありますので一箇所ずつ丁寧に剥がしましょう。

消毒用エタノールで落とす

<用意するもの>

  • 消毒用エタノール
  • 綿棒

<手順>

  1. 綿棒にエタノールを染み込ませます。
  2. エタノールを染み込ませた綿棒を粘着剤に優しくこすってなじませます。
  3. 粘着剤が剥がれてきたらピンセットなどで剥がします。
<注意点>
消毒用エタノールは繊維によっては、変色したり傷めてしまう可能性があります。衣類の裏の目立たない部分に綿棒でエタノールをこすりつけて、しばらく時間が経って変色したらエタノールを使用しないでください。

除光液で落とす

<用意するもの>

  • 除光液
  • 綿棒

<手順>

  1. 綿棒に除光液を染み込ませます。
  2. 除光液を染み込ませた綿棒を粘着剤に優しくこすってなじませます。
  3. 粘着剤が剥がれてきたらピンセットなどで剥がします。

除光液も使用する前に色落ちなどしないか、確認してから使用しましょう。

別のアイロンゼッケンを「重ね貼り」するのも有効!

アイロンをかける女性

兄弟のおさがりで体操服を使う場合、新しいアイロンゼッケンを重ね貼りしているママさんも多くいます。

しっかり貼りつけてあるアイロンゼッケンは綺麗に剥がれず、無理に剥がすと衣類を傷つけてしまう可能性があるので、今貼っているアイロンゼッケンの上から、別のアイロンゼッケンを重ね貼りするのも有効な手段です。

ただし、数枚重ね貼りすると衣類に厚みが出て見た目が悪くなったり、重ねたアイロンゼッケンが剥がれやすくなる可能性があります。重ね貼りは2枚くらいまでにしましょう。

剥がし方の注意点

アイロンをかける女性

必ずあて布をする

あて布をしないとアイロンに粘着剤がついてしまう可能性がありますので注意しましょう。

あて布は粘着剤がついても問題のないものを使う

粘着剤がついてしまう可能性があります。粘着剤がついても問題のない布を使いましょう。

アイロンは高温にしすぎない

アイロンの温度を高温にしすぎると粘着剤が溶けすぎてしまい剥がしにくくなる場合がありますので中温程度にしましょう。

やけどに注意する

粘着剤が高熱になっていますので、直接指で剥がさずにピンセットを使って剥がしましょう。

最後に

体操着を着た小学生

アイロンゼッケンがどうしても剥がれず、粘着剤が残ってしまうことがあります。

これ以上こすると繊維を傷める可能性もありますので、そんな時は無理せずに上から他のアイロンゼッケンを貼りつける方法を使ってみてください。

残っている粘着剤はアイロンの熱で溶けて綺麗に貼れますのでおすすめです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ゼッケン

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる