洋服についたシミにやってはいけないNG行為4選!汚れが落ちなくなる可能性も?

外出先で、不意に洋服にシミができると、焦ってしまいますよね。お気に入りの洋服を長く楽しむためにも、シミは残したくないものです。まずは、シミができたときに、やってはいけない行動を把握しましょう。ついやってしまいがちな行動が、実はNG行動だったということもあるので要チェック!シミに対する応急処置の方法も、紹介しています。

予期せぬ洋服のシミ、焦りますよね

ひどいシミ汚れ

お気に入りの洋服でお出かけしているとき、食べ物などによってできる予期せぬシミができたら焦りますよね。焦って対処した場合、もしかすると洋服についたシミがうまく取れず、ずっと残ってしまうかもしれません。

今回は、洋服についたシミに対するやってはいけない行動をご紹介します。NG行動を避け、できるだけ洋服にシミを残さないような応急処置を行いましょう。

洋服についたシミにやってはいけないNG行為4選!

口紅のシミ

洋服にシミができたら、やってしまいがちなNG行動をまとめました。シミに正しく対処するためにも、やってはいけないことを把握しておきましょう。

1.服に着いた花粉を広げてしまう

花粉のシミは、対処を間違えやすいので要注意!

  • 花粉を手で払う
  • 水で濡らした布などで吸着しようとする

上記のような対処法は、花粉のシミを広げてしまいます。花粉のシミは一度ついてしまうと素人では落とすのが難しく、繊維に入り込んだらプロでも除去できないこともあるので、こすらないようにしましょう。

2.おしぼりで食べ物のシミをごしごしこすって落とす

食事中に食べ物のシミが洋服にできたら、とっさにおしぼりで汚れをこすり取ろうとする人もいます。おしぼりは塩素系漂白剤を使っていることが多いので、洋服が色落ちしてしまうかもしれません。

ごしごしこすると汚れが服の繊維にしみこんでしまうので、クリーニングでも落としきれなくなってしまいます。

3.汚れをほったらかしにする

洋服にシミができて、そのまま放置してしまうのはよくありません。応急処置をすればシミは落ちやすくなるので、正しく処置してすぐに洗濯しましょう。時間経過とともに汚れは落ちにくくなってしまうので、放置してしまうと本来落ちるはずだった汚れも残ってしまいます。

4.汚れの中心からシミ抜きを試みる

洋服にシミができたら、シミが広がらないようにシミの外周から応急処置のシミ取りを行いましょう。汚れの中心部からシミを取ると、シミがどんどん広がってしまいます。

正しいシミの対処法

衣類を手洗いする様子

外出先で洋服にシミができてしまった場合、応急処置をして服からできるだけシミの原因となる物質を取り除きましょう。

  • 水性のシミ(コーヒーや醤油など)…ティッシュをシミの裏側に敷き、少し湿らせたティッシュで表からシミを押さえてシミを裏にティッシュに移す
  • 油分を含むシミ(カレーや口紅など)…ティッシュを裏に敷き、ハンドソープや石けんをシミになじませ、湿らせたティッシュで表から押さえてシミを移す
  • 花粉…ティッシュなどの柔らかくて乾いたもので、花粉を払い落とす

まずは焦らず行動しましょう。ある程度のシミが取れたら、できるだけ早く洗濯して、シミを取り除きます。どうしてもシミが取れないときは、早急にクリーニングに出しましょう。

まとめ

服を抱きしめる女性

お気に入りの洋服にシミができたら、正しい方法で早急に応急処置を行いましょう。シミ抜きは、時間との勝負です。帰宅後すぐに洗濯して、シミが残らないように対処して下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる