瓶の蓋が開かない時の対処法!簡単な開け方から危険なNG方法まで

「瓶の蓋が開かない」、こんなトラブルに見舞われた経験を持つ人は多いはず。いざ使おうという時に、びくともせずの状態では困るものですし、急を要する時ですと恨めしい気持ちにすらなってしまいますよね。でも、ちょっとしたコツを押さえておけば簡単に開けられます。女性でもすぐに実践できる方法もありますので、スマートな開封を目指しチェックしてみましょう。

瓶の蓋が開かないときの開封方法

瓶の蓋を開けようとしている女性

ガムテープを使う

ひとつに、ダンボールを閉じる時などに使う、布タイプのガムテープを利用した開け方があります。やり方はとっても簡単です。

まずは蓋の外周に沿うようにガムテープを巻いていきます。その際、完全には巻き切らず、少し貼らない部分を残しておきましょう。ガムテープが立ち上がった状態になっているはずですが、立っている部分を蓋の上部に貼り付け、端っこに持ち手を作ります。

後は本体をしっかりと握って、作った持ち手をぐっと引っ張るだけです。瓶の蓋が開かないのは、手が滑ることで力が逃げてしまうのがひとつの理由ですが、ガムテープを使うことで摩擦力が高まり簡単に開けることができるのです。殆ど力も要らないため、女性はもちろん子供でも簡単に開けられます。

ゴム手袋でも簡単に開く

ほかにもゴム手袋を使った開封方法もあります。やり方はごくシンプルで、ゴム手袋をはめた状態でいつも通りに蓋を回すだけ。ゴムがしっかりと密着することで強固な摩擦力を生み出し、まるで怪力になったかのようにスムーズに開けることができますよ。

もし、ゴム手袋がないという場合は、輪ゴムでも代用することが可能。蓋の周りに何本かを巻いたら、あとはぐるっと回すだけで気持ち良く開封できるはずです。

蓋を温める

瓶の蓋が開かない時には、蓋を温めてみるのも有効。湯せんやドライヤーなどで温めることで、それまで強固に開かなかったのが、嘘のように簡単に開けることができます。

蓋が開かないのは、真空状態で内側に引き込まれることや、冷えたことで蓋が収縮している、内側にこびりついた調味料などが原因なのですが、温めることでこれらが解消されます。

反発する力が失われれば、開かなかったのが不思議なくらいにするっと開けることができますよ。なお、温めた時は蓋や本体が熱くなっています。ヤケドに注意をしながら開封作業を行いましょう。

瓶の蓋を開ける際にやってはいけないこと

点火中のコンロ

コンロで蓋をあぶる

温める方法が有効とお伝えしましたが、その際に注意したいのが、コンロであぶる方法は避けてください。蓋が開かない時についついやってしまう行為かと思われますが、下手をすると瓶が割れてしまう恐れがあります。中身が台無しになるどころかケガの危険性もありますので、迂闊に火に当てるようなことは避けましょう。

瓶と蓋の隙間に物を差し込む

他にも、瓶と蓋の隙間に物を差し込んで開ける方法もNGです。例えばスプーンやバターナイフなどを隙間に入れて、空気を入れ込むことで開封するという方法ですが、真空状態が解消されて開くこともあるものの、これもまた瓶が割れてしまう恐れがあります。

それに、無理に力を入れ過ぎてしまうことで、蓋の変形を引き起こしてしまうこともあるでしょう。すると今度は蓋をする時に不便になったり、密封性が悪くなり中身が傷みやすくなったりもします。後々のことも考えながら作業することが大切ですので、力任せの開け方には注意したいところですね。

瓶の蓋が開かない!にはもう困らない

蓋が開いたビン

不意に訪れる瓶の蓋が開かないトラブル。持てる力を出し切っても開かなかったり、男性に頼ってもダメだったりすることもあるものですが、紹介してきた方法を知っておけばもう困ることはないはずです。力任せに開けようとするのではなく、コツを押さえて対処していくことが大切。これからも出番のある豆知識かと思われますので、忘れずに覚えておきましょう。