スキーウェア&スノボウェアの洗濯方法、自宅で洗う際の注意点

ウィンタースポーツに必携のスキーウェアやスノボウェアですが、かさばってなかなか洗濯できないなんてこともありますよね? ここではそんな手間がかかりそうなウェアの選択方法をご紹介します。また自宅で洗う際のポイントなども併せてご紹介していきます。

スキーウェアとスノボウェアは自宅でも洗濯できる!

スキーウェア一式

スキーウェアとスノボウェアは自宅では洗えないとクリーニング店に出している人も多いですが、実は家でも簡単に洗うことができます。今回はスキーウェアとスノボウェアの正しい洗い方と自宅で行う際の注意点について詳しくご紹介していきます。

スキーウェアやスノボウェアを洗濯する頻度

はしゃぐ子どもたち

スキーウェアやスノボウェアには撥水加工がされているのでしょっちゅう洗濯をしてはいけないと思いがちですが、実は使用する度に洗うのがベストと言われています。

スキーウェアやスノボウェアは見た目には汚れていなくても汗や泥が付いていることも多く、そのままの状態にしておくとスキーウェア自体が劣化する原因になってしまうのです。そのため、使ったら洗うということを習慣にしておくのがおすすめです。

スキーウェア&スノボウェアを洗濯しないとどうなる?

そりを引いている子供

ウィンタースポーツのシーズンになると毎日のようにゲレンデに行くという人であれば、毎回洗うのは難しいでしょうから、その場合は一週間に一度程度のペースで洗うようにします。

また、子供の場合はちょっとした動作であっても汗をかきやすいので、そのままの状態で保存しているとカビの原因になってしまいますし、汚れが付いたままだと撥水性も落ちてしまいます。

撥水性が落ちてしまうと生地表面の繊維を塞いでしまうため、水蒸気の逃げ場がなくなってしまうのです。そうなるとスキーウェアの中で結露が起こり、着ていて不快感を覚えるようになります。

ちょっとした汗や汚れならそのままでもいいやと放置しているとスキーウェア自体の性能まで損なってしまいますので、使ったら洗うということを徹底することが大切です。

スキーウェア&スノボウェアの洗濯前に確認しておくこと

カラフルな洗濯表示のアイコン

まずは、自身が所持しているスキーウェアやスノボウェアが自宅で洗濯できるものかを確認してみましょう。中には自宅では洗えないものもありますので、洗えるかどうかの確認をしておかないと次に進めません。

スキーウェアに付いている洗濯表示を確認し、例えば洗濯機や手洗いに関して×と表示されているものは、自宅では洗うことができません。もしこのような表示がある場合は、クリーニング店にお願いするのがベストです。

表示を無視して洗濯してしまうと撥水加工が取れてしまったり、生地を傷めてしまったりする可能性があるので避けた方が賢明です。また、色落ちしやすい素材も洗濯機で洗うのが難しい場合があります。色落ちしやすいかどうかを事前に確認する為に、スキーウェアの目立たないところで確認してみましょう。

用意するものは洗濯洗剤とティッシュです。洗剤を付けた後、ティッシュで押さえます。もしこの段階でティッシュに色が付いてしまう場合は、洗うことで色落ちしてしまう可能性が高いと言えます。

洗剤の種類を変えて試すこともできますが、色落ちしやすいものを洗うのは相当なリスクがありますので自宅で洗うことはやめましょう。洗濯を始める前にはこの2つをしっかり確認し、どちらも問題ないと判断できれば自宅でも洗うことが可能です。

スキーウェアとスノボウェアを自宅で洗濯する際のポイント

洗濯機を使う

スキーウェアやスノボウェアを自宅で洗う場合、手洗いか洗濯機を使うかの2つの方法がありますのでそれぞれの方法を詳しく説明していきます。

手洗いの場合

まず、手洗いをする場合に用意してほしいのが、ウェアが丸ごと入る大きさの容器と大きなタオル、中性洗剤です。初めに容器にぬるま湯を溜めて、中性洗剤を溶かしましょう。使用する洗剤によって分量が異なりますので、表示に従って調整しておきます。もし、大きな容器がない場合はお風呂場や洗面台を利用しても良いでしょう。

洗剤を溶かしたら、次にスキーウェアを入れます。スキーウェアのファスナーやボタンなどは全て閉じ、軽く畳んだ状態にしておくと洗いやすくなります。洗浄液に浸しながらゆっくり押し洗いをしていきましょう。これを20回程度繰り返したら、洗いは完了です。

その後、キレイな水ですすいでいきます。この時も押し洗いの手順で行います。水が透明になったらすすぎを終え、脱水します。

手洗いの場合は洗濯機と違い、脱水を自分でしなければなりませんから大きなタオルに置き、全体の水分を吸い取るように脱水しましょう。後は風通しが良い場所に干し、しっかり乾燥させれば完了です。

スキーウェアがしっかり乾いたら、撥水スプレーをしておくことを忘れないようにしましょう。防水スプレーと混同してしまう人がいますが、スキーウェアの場合は防水スプレーではなく撥水スプレーが適しています。全体に行き渡るようにスプレーしておきましょう。

洗濯機を利用する場合

洗濯機を使う場合は、 洗濯ネットを使用します。スキーウェアのファスナーやボタンを閉め、洗濯ネットに入る大きさに軽く畳んでおきます。洗濯機に洗剤を入れ、ドライコースもしくは手洗いコースを選択し、脱水まで行えば洗濯完了となります。

洗濯機を使用する場合には、撥水加工の影響で脱水がうまくいかないことがありますので、事前に確認しておくことが大切です。後は手洗いの時と同じで、風通しの良い場所で干しておきましょう。

スキーウェア&スノボウェアを乾燥機に入れるのはNG!

乾燥機イメージ

スキーウェアやスノボウェアを自宅の洗濯機で洗うのは大きさ的に大変だけど、クリーニングにも出したくないという人もいるでしょう。コインランドリーを活用すれば大きいものでも洗えるので、そちらを利用したいという人もいるかもしれません。

コインランドリーを利用する場合、注意してほしいのが乾燥機は使用しないということです。スキーウェアやスノボウェアというのは熱にとても弱く、乾燥機で乾かしてしまうと生地がダメージを受けてしまいます。そのため、コインランドリーで洗う場合は洗いまでで終わらせて自宅で干すのが良いでしょう。

ただ、コインランドリーを使用した際には故障させてしまう可能性もあるのでその点には注意が必要です。万が一故障させてしまうと修理代を請求されてしまいますので、心配な場合はクリーニング店に出すか自宅で洗うのが良いでしょう。

クリーニング店に出す場合、上下セットで2,000円~3,000円ぐらいが相場となり、少々高く感じてしまうかもしれません。クリーニング店ではオプションとして抗菌加工を施してくれたり、撥水加工もしてくれるのでそうなるとより料金がかかることになります。

ですが、手間をかけずにキレイな状態にしたいのであれば一番手軽と言えます。特にシーズン終わりに洗濯する場合は、次のシーズンに快適に着るためにもクリーニングに出すのが良いでしょう。

コインランドリーにしても、クリーニング店に出すにしても、どちらにもメリットとデメリットがあり、どれが一番良いかということはその人のニーズに寄ります。自宅で洗濯するのが一番コスト的にはかかりませんが、洗濯機が壊れてしまうリスクもある為、クリーニング店にお願いする方が良いと判断する人もいるでしょうし、年に数回しか着ないのだから自宅で洗うという人もいるでしょう。自分のニーズに合った方法を選ぶことが大切です。

まとめ

スキーウェア

スキーウェアとスノボウェアは使用する度に洗うことが大切です。そのままの状態で放置しておくと生地を傷めてしまう原因になりますので注意しましょう。自宅でもポイントさえ押さえれば簡単に洗うことができます。

洗い終わったスキーウェアはしっかり乾燥させ、撥水スプレーをかけておきましょう。場合によってはコインランドリーやクリーニングも活用するとより快適に着られます。