夫の単身赴任におけるメリット6選

426978692

夫の単身赴任と聞くと、ワンオペ育児や浮気など悪いイメージを抱く人も多いでしょう。もちろん夫が不在で大変に感じることもありますが意外とメリットも多くあるのです。そこで今回は夫の単身赴任におけるメリットを紹介します。

転勤の辞令が多い時期は?

355814434

転勤の時期は企業によって異なりますが、多くの企業は3月と9月に決算期を迎えるため、転勤の辞令が多い時期は4月や10月という企業が一般的でしょう。

夫の単身赴任におけるメリット6

275188547

1.ご飯作りが楽になる

夫がいると帰宅する時間に合わせて夕飯作りをしている人も多いでしょう。しかし単身赴任中は子どものご飯だけ考えればいいので料理の負担が減ります。

2.夫を気にせず外出できる

夫を気にせず外出できるのも単身不妊のひとつのメリットでしょう。夫の夕飯も考えなくて済むので気軽に両親の家に遊びに行けて子供を預けることも可能です。また家に仲の良いママ友を呼んでおしゃべりすることもできます。

3.その日の気分で家事の手抜きができる

その日の気分に合わせて家事の手抜きができるもメリットのひとつでしょう。部屋の掃除を1日休んだり、スーパーでお惣菜を購入したり夫の目を気にせず家事をおこなえます。

息抜きができる日があるだけで気持ち的にも楽になりますよね。

4.夫が家事の大変さに気付いてくれる

単身赴任中は、夫自身で料理や掃除など家事を行わなければいけません。仕事と家事の両立がどれだけ大変なのか理解することができるはずです。

単身赴任が終わった後は夫が積極的に家事を手伝ってくれるようになるかもしれません。

5.けんかで体力を使うことが減る

日々生活をしていると些細なことでけんかに発展することもあるはず。けんかをすると精神的にも体力的にも疲れてぐったりすることもあるでしょう。単身赴任中は適度な距離が生まれるため、喧嘩の回数も一気に減るかもしれません。

6.子どもの環境を維持できる

夫が単身赴任してくれる場合、子どもの環境を維持できるのもひとつのメリットです。今の環境で子どもに友達が出来始めているときなどは、友達との悲しい別れを経験させずにすみます。

ただし父親と離れて過ごすことで悲しい思いをするかもしれません。定期的に父親と子どもが会う機会を作ることが望ましいでしょう。

単身赴任には意外とメリットが多い

268786555

子どもが小さいうちはワンオペ育児で大変な思いをすることもあるでしょう。
一方で家事が調整できたり、自由に時間を使えるなど多くのメリットがあることも事実です。

夫に赴任の辞令が出たときは夫婦でじっくり話し合いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
426978692

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる