子どもの感受性が低くなってしまう親のNG行為4選

泣き顔の子供の横顔

子どもは生まれつき感受性の高い子が多いです。せっかく持って生まれたものですから、その感受性を活かしてあげたいと思うのが親心ですよね。しかし、子供の感受性は、親のある行動でどんどん低くなってしまいます。では、子供の感受性が低くなってしまうのは、親のどのような行為が関係しているのでしょうか。

子どもは感受性豊かな子が多い!

仲良しの子どもたち

「子どもは感受性が豊かで素晴らしい」という言葉をよく耳にします。そもそも「感受性が豊か」とはどのような意味なのでしょうか。

一般的に、子どもは外から受ける刺激や印象を素直に受け止め、素直に反応します。多くの刺激や印象を受け止めることで、様々な経験をすることができます。そのため、多くの感情を知り、感情豊かになります。これが「感受性豊か」の意味と考えてください。

外からの刺激(体験)を素直に受け止め、そこに豊かな感情を入れ込むことは、大人にとっては意外と難しいです。感受性が豊かだからこそ、純粋に友達を思いやり、純粋に感動し、人や動物、芸術作品に共感することができるのです。そう考えると、とても素晴らしい才能だと思いませんか。

親としては感受性を育ててあげたい!

母親にキスをする子供

子どもはそんな豊かな感受性を生まれ持って持っています。大人になっても他人を思いやることができ、多くのことに共感し、感動できることは、とても素晴らしいことです。親としては、この素晴らしい才能を活かして育ててあげたいと思いますよね。

しかし、周囲を見渡すと、大人で子どもと同じような感受性の高さを持っている人は少ないと感じませんか。残念ながら、人は様々な経験を通すことで、感受性が失われてしまうことはよくあります。むしろ、そういった人の方が多いかもしれません。

そしてその原因の中には、一番身近な人物である親も含まれていることを忘れてはいけません。特に、幼い頃は最も関わりの深い親から影響を受けやすいです。親の行動によっては、子供の感受性が低くなってしまうこともあるのです。

子どもの感受性が低くなってしまう親のNG行為と対処法4選

母親に叱られて耳をふさぐ女の子

多くの親は、少なからず子どもの感受性を育ててあげたい、あるいは維持してあげたいと思うでしょう。そのためには、感受性を低くしてしまう親のNG行為を知る必要があります。以下のような行動は、子供の感受性を押し込めてしまうので、控えるようにしましょう。

1.子どもの話を聞かずに親のいいなりにさせる

大人に叱られうつむいている少女

言葉だけ聞くと「かわいそう」と誰もが思ってしまうかもしれませんが、実際に無意識のうちにこれを行っている親は多いです。

もちろん、多くの親は「子どもの話を聞いてあげたい」「子どもをわかってあげたい」と思っているでしょう。しかし、現実的には時間に追われ、忙しい日々を送っている親は、なかなか子どもの話を聞いてあげる時間を取れません。

また、話を聞いてあげる時間を取れたとしても、心身ともに疲れていると、その話をゆとりを持って受け止めてあげることができず、つい「こうするべきよ」「早くこうしなさい」と強く指示してしまうことが多いのではないでしょうか。

しかし、これは子どもの考えや感情をその時点で止めてしまう行動です。この行為が繰り返されると、徐々に子どもは感情を押し込めてしまい、次第に感受性が失われてしまうのです。

2.「ダメ」と否定的な言葉を頻繁に使う

泣きじゃくる幼い子供

最近よく言われていることですが、幼い子どもにとって「ダメ」などの否定的な言葉は、非常に強烈です。あまりにも「ダメ」と言われすぎてしまい、自身を否定された気分になり、「ダメ」という言葉を聞いただけで泣いてしまう子も少なくありません。

親としては「しっかりマナーを学ばせないと」「これをしたら危ないじゃない」と子どものためを思って言っていることが多いですよね。

また、「どうしてこうしたの?」「こうしてほしいな」といった優しい言葉をかけようと思っても、イヤイヤ期のお子様や興奮状態に陥っているお子様は、聞く耳を持ちません。そのため、どうしても手っ取り早い「ダメ」を使ってしまいます。

しかし、前述したとおり、幼い子であればあるほど、「ダメ」という言葉は強烈に印象付けられます。何がダメなのか明確に理解できないため、「自分が何かをすることがダメである」「自分がダメなのでは」「ママは僕のことが嫌い?」と思い込んでしまうのです。

「ダメ」という言葉は、その子にとって本当に危険が迫っている時、あるいは他の子に危害を加えそうな時のみ使用するようにし、その他は新たな刺激として受け入れる努力をしてみましょう。あらかじめ子どもがやりそうなことを予測し、対応が取れると心にゆとりが持ちやすくなります。

3.子どもの感情を押し込めるような態度をとる

泣きじゃくる子供に頭を抱えている母親

子どもの感情が高ぶって大泣きしたり、奇声を発したり、暴れまわったりすると、親としてはため息をつきたくなりますよね。こちらも感情がヒートアップしてしまい、つい「こら!」と声を荒げてしまうこともあるでしょう。

しかし、子どもの感情をまったく無視したり、怒鳴りつけることで感情を支配しようとするような態度をとったりすると、子どもは次第に感情を押し込めるようになり、感受性も失ってしまいます。

親も人間なので、どうしても感情をコントロールすることが難しい時も多々あると思います。その場合は、自分を冷静にするために、「ちょっと待っててね」と一声かけ、別の部屋に移動したり、子どもの安全を確認した上で離れ、ブレイクタイムを入れるなどしましょう。

そのちょっとした時間を設けることで、親の感情もリセットされますし、何より子どももヒートダウンし、少し落ち着くことができます。そのタイミングを見計らって、「何がイヤだった?」「こうしたかったの?」などと子どもの話を聞いてあげましょう。

4.刺激を受けられる機会を奪ってしまう

ルーペを使っている少年

コロナウイルスが感染拡大したことで、なかなか子どもにいろいろな体験をさせてあげられないと悩んでいる親御さんは多いですよね。子どもは刺激をたくさん受けることで感受性が育ちます。できる範囲で多くの経験をさせてあげたいものです。

しかし、親の都合で刺激を受けられる機会を奪っていることもあります。例えば、後片付けが面倒だからと「やりたい!」と子どもが言っている絵の具を「今日はダメ」と奪ってしまったり、雨だから外へ行きたくないと外に連れて行かなかったり…。

同じ親として、非常に気持ちはよくわかるのですが、なかなかいろいろな場所へ連れて行けない時期だからこそ、このように子どもから発信してくれる「やりたい!」を叶えてあげるべきです。

雨の日は濡れるし汚れるから外に行きたくないのも、もちろんよくわかります。しかし、雨の日だからこそ経験できる匂いや音、遊び、感覚が多くあります。クレヨンではなく絵の具だからこそ感じられる楽しさがあります。

親が疲れ切ってしまうため、毎日すべての要求を受け入れてあげる必要はありません。それでも、できるだけ多くの刺激や印象を受けられるように、1日1〜2個は望みを叶えてあげるようにしてあげましょう。

「今日は何がしたい?2つ言ってみよう!」などと子どもに問いかけ、自分と子どもの間で数を決めて楽しみを見つけるというのも、1つの教育として良い影響を与えてくれるでしょう。

感受性を伸ばすには子どもの感情や好奇心を受け止める努力を

楽しそうに子供と接している母親

いかがでしたでしょうか。幼い子どもの感受性は、親の行為によって大きく左右されることがあります。育児は大変なので、完璧にする必要はありません。少しばかり子どもの感情や好奇心を受け止めることを意識して、自分も新しい発見を一緒に楽しむ気持ちを持つと良いでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
泣き顔の子供の横顔

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる