IHクッキングヒーターにしてはいけないNG行為7選

IHクッキングヒーターは、操作が簡単で火を扱わないので安全性の高いキッチン用品です。しかし、IHクッキングヒーターの使い方を誤ると、破損や故障だけでなく、発火する可能性があることをご存知でしょうか。今回は、IHクッキングヒーターの誤った使い方をご紹介します。自宅での使い方の見直しを行うきっかけにしてみてくださいね。

幅広い年齢層が安心して使用できるIHクッキングヒーター

片手鍋が乗ったIHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターとガスコンロの最大の違いは、火を使わない点です。火事が起きる可能性が低いため、小さなお子さんや高齢者でも扱いやすくて使い方も簡単!

しかし、火を使わないといっても、絶対に火が発生しないというわけではありません。間違った使い方をすると、思わぬ事故を招くこともあります。事故や故障を避けるためにも、してはいけない行動を確認しておきましょう。

IHクッキングヒーターにしてはいけないNG行為7選

エプロン姿で困る女性

IHクッキングヒーターにしてはいけない行為についてまとめました。自宅にIHクッキングヒーターがあって使用していたり、これから購入を検討している人必見です。

1.トッププレート上に汚れ防止のマットを敷く

IHクッキングヒーターを使っていると、使用後にトッププレートに焦げ付きのような汚れが残りやすくなります。トッププレートの汚れ防止のために市販のシートを使う家庭もありますが、これは危険!IHクッキングヒーター内の温度センサーが作動しにくくなり、発火する可能性があります。

2.IHクッキングヒーターの上でIH炊飯器を使う

同じIH商品であっても、IH炊飯器をIHクッキングヒーターの上に乗せて使用するのはよくありません。重量があるのでプレートに負担をかけるだけでなく、炊飯器の底面にある加熱コイルの磁波がIHクッキングヒーターのコイルに影響を及ぼすためです。

最悪の場合故障してしまうので、IH炊飯器は別の場所に設置しましょう。

3.金属製のたわしや耐水性の研磨紙でメンテナンスする

IHクッキングヒーターのトッププレートは、強化ガラスです。衝撃にはある程度耐えられますが、金属製のたわしや耐水性の研磨紙でメンテナンスを行っていると細かな傷がプレートに入ってしまい、耐久力が落ちてしまいます。

4.重いものを乗せる

IHクッキングヒーターのプレートは、ガラス製です。耐久性が高いといってもガラスであることには変わりありません。あまりにも重いものや勢いをつけてなにかをプレートにたたきつけてしまうと破損します。

強化ガラスなので、交換や修理に想像以上にお金と時間がかかってしまうかもしれません。

5.吹きこぼして調理し放置する

料理をしていると、ふとしたときに水分が鍋やヤカンから吹きこぼれてしまうことがありますよね。IHクッキングヒーターは機械なので、プレートとキッチントップの隙間に水分が入ってしまうと、故障の原因になります。水分がこぼれたら、できるだけ早く拭きとしましょう。

6.底が変形した鍋やフライパンを使用する

鍋やフライパンの底が変形していると、IHクッキングヒーターの温度センサーが正しく作動しにくくなります。作動しても調理器具に熱が伝わりにくかったり、一か所だけに熱が集中しやすくなるため、温度が集中して高温になり発火するリスクが高まるので要注意!

7.空焚きする

何も入っていない鍋やフライパンを長時間空焚きすると、調理器具に熱が入りすぎてしまいます。そこに油を注ぐと発火することがあるので、空焚きするのはよくありません。余熱を入れるときも、調理器具が高温になりすぎないように注意しましょう。

IHクッキングヒーターの正しい使い方

IHクッキングヒーターで調理

IHクッキングヒーターの正しい使い方は、とても簡単です。

  • IHクッキングヒーターに対応している調理器具を使う
  • 料理内容に合わせて調理専用ボタンを活用する
  • 料理に使用する適切な油の量を守る
  • 使用後は硬く絞った布巾などで拭いてこまめにメンテナンスを行う

IHクッキングヒーターの平均寿命は、10年前後です。寿命を迎えるまでの期間、基本的な操作方法やメンテナンス方法を守って故障しないように使用しましょう。

まとめ

何も乗っていないIHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、ガスコンロと使い方が異なる点がいくつかあります。双方の違いを把握して、安全に調理を行いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる