ズボラ習慣で大ダメージ!髪質がパサパサになるNGケア3選

352228100

お風呂上がりの髪のケアにどれくらい気をつかっていますか?家事や子育てにおわれて適当なケアをしているとパサついた残念な髪になってしまいます。ついついやってしまいがちな髪質がパサパサになってしまうNG習慣を紹介します。

1.自然乾燥はNG

33829584
ドライヤーで髪の毛を乾かす時間が無いし、ドライヤーの熱で髪を傷めてしまいそうだから自然乾燥でいいやと思っていませんか?

自然乾燥は髪はもちろんのこと、頭皮にもダメージを与えてしまうためNGです。髪の毛が濡れているとキューティクルが開いてダメージを受けやすくなります。また、長時間髪を濡れたままにしておくと雑菌が繁殖して頭皮のターンオーバーを妨害し、乾燥の原因にも。髪の毛を乾かす時間を作って根本までしっかり乾かすようにしましょう。

2.ドライヤーの熱のあてすぎはNG

123005972
生乾きや自然乾燥はNGですが、ドライヤーの熱をあてすぎるのもNGです。早く乾かすためにドライヤーを近づけて乾かすと、頭皮が熱くなるうえに髪に余計なダメージをあたえてしまいます。長時間かけすぎると髪がパサパサになってしまうので気を付けましょう。

髪がロングの人は、くしなどを通してからドライヤーをかけるようにしてください。髪が絡まったままドライヤーをかけると絡まっている部分にダメージを与えてしまい、髪が傷む原因になります。

3.トリートメントつけすぎはNG

330073261
髪質をよくするためにとにかくトリートメントを使えばいいと思って大量につけても効果は期待できません。また、保湿力の高いものを使えばいいというわけでもないので注意しましょう。トリートメントをつけすぎると頭皮に付着して毛穴をふさいでしまい頭皮トラブルを引き起こすこともにもなりかねません。

髪質の乾燥や傷みのレベルに合わせてトリートメントは作られています。軽度のダメージなのにダメージが大きい人向けのトリートメントを使っても髪の毛が栄養を吸収できず逆にパサついてしまったり、乾きにくくなったりと悪循環になることもあります。

トリートメントは表示に合わせた適量を使用し、自分の髪に適したレベルのものを使うことを意識しましょう。

忙しいからこそ髪のケアには時間をかけて

109211762
髪質をパサパサにしてしまうNG習慣についてまとめました。昔から女性の命ともいわれている髪の毛。
家事や育児で時間がなくても正しくケアをしてツヤとうるおいのある状態を保っておきたいですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
352228100

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる