余熱はNG!?IHクッキングヒーターの危険行為5選

280954362

ガスコンロのように火の危険がなく、掃除がラクなIHクッキングヒーター。最近ではリフォームのときにガスコンロからIHクッキングヒーターへ交換する家庭も多いようです。一見安全なIHクッキングヒーターも使い方をあやまってしまうと、壊れてしまったり事故を起こしてしまったりすることも。そこで今回は、IHクッキングヒーターにやってはいけないNG行為を5つ紹介します。

1.汚れ防止マットを敷く

400956247

IHクッキングヒーターは、ガスコンロより掃除が簡単であるものの、吹きこぼれたりフライパンの焦げが移ったりすることがあります。そのような汚れがつかないと注目されているのが「汚れ防止マット」です。

汚れ防止マットとは、IHクッキングヒーターのトッププレートに敷くことで汚れや焦げ付きを防止できる商品ですが、各社メーカーの取扱説明書には汚れ防止マットを使用しないようにと明記されています。
マットの素材によっては加熱することで溶け出してしまったり、トッププレートに張り付いてしまったりする危険性があります。汚れ防止マットを使うのはおすすめできません。

2.予熱を長時間おこなう

292691048

炒め物をするときなどフライパンに予熱をしてから油を入れますよね。IHクッキングヒーターは火を使わないのでついそばを離れ長時間放置してしまいがちですが、これは危険な行為です。

IHクッキングヒーターは、じわじわと熱くなるガスコンロと異なり、加熱する力が非常に強いため、空焚き状態だと急激に温度が上がってしまいます。高温のフライパンに油を入れると、発火をする危険性があるので注意が必要です。

3.硬いスポンジや金属タワシで掃除する

363782581

汚れにくいIHクッキングヒーターですが、ガラストップに汚れや焦げがついてしまうことがあります。キレイにするために硬いスポンジや金属タワシでゴシゴシと掃除してしまうと表面を傷つけてしまい汚れやすくなってしまいます。

IHクッキングヒーターの汚れはすぐに落とすのが鉄則です。冷めてから水拭きをするか、油汚れなら中性洗剤で簡単に落とすことができます。柔らかいスポンジやキッチンペーパーを使用するようにしましょう。

こびりついてしまった汚れならクレンザーや重曹を使い、丸めたラップで強くこすらず、やさしく丁寧に磨くことがポイントです。

4.ガスコンロ専用の調理器具を使う

137780290

IHクッキングヒーターはガスコンロ専用の調理器具は使えません。使ってしまうと十分な熱が伝わらないだけでなく、安全装置が正常に動かず、火災や事故を引き起こしてしまうことも。

最近ではIHクッキングヒーター用のフライパンやお鍋だけでなく、土鍋や鉄製フライパンも販売されています。IHクッキングヒーターに使用できる調理器具を揃えるようにしましょう。

5.とがったものや硬いものを上から落とす

203381453

IHクッキングヒーターの表面はガラスでできています。そのためキッチンバサミや包丁などとがったものやフライパンなどの硬くて重いものを落としてしまうと割れてしまう可能性があります。割れてしまうと自分で修理はできず業者を呼ぶことに。

IHクッキングヒーターのうえには物を吊り下げたり、落とさないように十分注意するようにしましょう。

IHクッキングヒーターは取り扱いに注意して使用しよう

81117698

掃除がラクで火を使わず安全なIHクッキングヒーター。しかし使い方をあやまってしまうと火事を引き起こしたり、故障してしまったりすることがあります。過信せずに取り扱いには十分注意することが大切です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
280954362

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる