運気を大幅に下げてしまう『NG行為』7選!実は普段の何気ない行動が間違っていた!

運気を下げるNG行為とは

メディアでも取り上げられることの多い風水は、占いの一種ではなく環境学の1つです。風水において、私たちが普段何気なくしている行動の中に、運気を大幅に下げてしまうNG行為があることをご存知でしょうか。今回は、そんな運気を大幅に下げてしまうNG行為を紹介します。

風水は人々の生活を豊かにする環境学の一種

風水を参考にしよう

皆さんは日頃から風水を気にしていますか。気にしている人もいれば、「信じていない」という回答をする人もいるでしょう。後者の中には、風水を占いの一種として捉えている人も多いですが、実は風水は環境学の一種です。

自分の周りの環境を整えることで、自分を取り巻く運気を上げていくという考え方が風水の主な考え方なので、必然的に自身の行いや住む環境を正すことに繋がっていきます。

したがって、風水においてやってはいけないと言われている行為を継続していると、健康や金銭面などに悪影響を及ぼす、いわゆる「運気が下がる」ことに繋がることもあるのです。

運気を大幅に下げてしまうNG行為7選

何が運気を下げている?

私たちの生活を取り巻く環境を使って運気を上げていく風水において、NGとされている行為にはどのような行為があるのでしょうか。今回は、私たちが普段何気なくやりがちなNG行為を紹介していきます。

1.冷蔵庫に食品を詰めすぎている

まずはキッチンから見ていきましょう。キッチンの中でも、冷蔵庫に関するNG行為が風水には多いです。家電は気を乱す物として考えられているため、キッチンの中でも最も大きな家電であることも影響しているでしょう。

中でも冷蔵庫に多くの食品を詰め込みすぎてしまうと、冷蔵庫内の気が悪くなってしまうため、金運が下がると言われています。

これは生活環境的に見ても、冷蔵庫の中に食品を詰め込みすぎてしまうと、どの食材が残っているかを一目で把握することができないため、食品の買いすぎに繋がります。また、冷蔵庫の稼働性が下がるので、食材が早く傷んでしまう原因にもなるのです。

2.1つの部屋に置く家具の色がバラバラ

バラバラすぎる色はNG

1つの部屋にいくつもの家具を置いていると思いますが、家具の色が統一されていない場合、健康運が下がると言われています。

実際、色が統一されていないカラフルな部屋は、住む人の情緒を不安定にさせやすいと言われています。できるだけ1つの部屋に設置する家具やインテリア雑貨の色は、統一性のある物を選ぶと良いでしょう。

3.窓ガラスを掃除せず曇ったまま

窓ガラスを掃除せず、曇ったままにしていると、家全体の運気が下がってしまいます。曇った窓ガラスからは良い気を入れることができず、悪い気を外に逃がすこともできないので、悪い気が家の中で循環してしまうのです。

同じ理由で換気をしないことも運気を大幅に下げてしまう原因となります。家全体の空気を1日1回は入れ換えるようにし、尚且つ窓ガラスは常にきれいにしておきましょう。

4.玄関に多くの物を置いている

皆さんの家の玄関には、たくさん物が置かれていませんか。靴が乱雑に置かれていたり、おもちゃやスポーツ用品が置かれていたり、中には宅配便のダンボールを折りたたんで玄関に置いているご家庭もあるでしょう。

しかし、前述したように玄関に多くの物を置いていると、気が乱れてしまったり、玄関から良い気を入れることができなくなってしまい、家全体の運気が大幅に下がってしまいます。

生活する環境としても、玄関が散らかっていると、朝出掛ける時や夜に帰宅したときに、どこかどんよりをした空気を感じ、気持ち良く過ごせません。また、玄関が掃除しにくく、汚い状態が維持されてしまいがちです。

玄関にはなるべく余計な物を置かないようにし、常にさっぱりとした清潔な状態を保つよう心掛けてください。玄関近くに収納スペースを作り、その中におもちゃやスポーツ用品を入れるのもおすすめです。

5.玄関の真正面に鏡を設置する

玄関の真正面はNG

風水の中でも有名なNG行為として、玄関の真正面に鏡を設置する行為が挙げられます。これは、玄関から入ってくる気をはね除けてしまうため、良い気が家の中に入ることができないことが理由です。

実際、玄関の真正面に鏡を設置してしまうと、出掛けようと玄関外を向いている体は鏡を見ることはありません。一方、疲れて帰ってきたときには、自分の疲れ切った顔を見ることになるので、気分が滅入ってしまうこともあります。

玄関に鏡を置く場合は、玄関に向かって左右どちらかに置くことをおすすめします。玄関の隣に置くことで、外に出る際に身だしなみをチェックしやすくなりますよ。

6.表札を掲げない

最近、防犯の面から表札を掲げない家も増えてきましたが、やはり「ここはこの人の家である」ということを示す表札は重要です。風水的にも表札を掲げないことは運気ダウンに繋がると考えられています。

実際、表札を掲げていないと、配達員がどの家かわからずに一度持ち帰ってしまったり、他の家に間違えて届いてしまったりといったトラブルが多くなります。生活する上で不便なので、表札はできるだけ掲げ、鍵を二重にするなど他の面で防犯を強化しましょう。

7.自分の寝姿が映る場所に鏡を置く

寝室には気を配って

寝室に姿見を置いている場合、就寝中に生気を吸い取ってしまい、体が疲れてしまうため、健康運が下がってしまうとされています。

実際に自分の寝姿が姿見に映っていると、姿見に映った自分の姿が気になってしまい、良質な睡眠がとりにくいとされています。

ワンルームの場合、どうしてもベッドと同じ部屋に鏡を置くことになりますが、布をかけたり、ベッドとは違う方向に向けるなど工夫してみると良いでしょう。良質な睡眠がとれないと、疲労がたまったり、肌が荒れたりと悪い状態が重なってしまいます。

風水のNG行為を改善して運気を大幅に上げよう!

いかがでしたでしょうか。風水のNG行為をやってしまうと、生活の質も落ち、運気が下がってしまいます。実際に金銭面や健康面などに影響が出ることばかりなので、少しでも快適な生活を送るために、今回紹介したNG行為だけでも改善してみてくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
運気を下げるNG行為とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる