飲みかけのペットボトルを放置するとどうなるの?どんな悪影響がある?

ペットボトルで水を飲む女性

ペットボトルで飲料水を購入する人は多いでしょう。500mlのペットボトルであれば、持ち歩きにも便利ですよね。しかし、最後まで飲みきれなかったペットボトルをそのまま放置すると、一体どうなるのでしょうか。今回は、飲みかけのペットボトルを放置するとどうなるのかを解説します。

ペットボトル入り飲料水は持ち歩きにも最適!

屋外に置かれた2本のペットボトルとタオル

皆さんは普段、ペットボトルの飲料水を購入しますか。持ち歩きに便利な500mlから、ご家庭で家族全員で飲むことができる2lサイズのものまで、いくつかサイズにも種類があり便利ですよね。

最近では、店舗ではなくネットで購入することができる商品も増えているため、わざわざ重いペットボトル飲料をお店から運び出す必要も無く、楽に購入できるようになりました。

そのため、水や麦茶などはもちろん、ジュースや炭酸飲料など、あらゆる飲料水をペットボトルで購入しているという人も多いでしょう。

500mlでも飲みきれないという女性は多い

外出時には、コンビニや自動販売機で500mlのペットボトルを購入し、日中は持ち歩いているという人は多いです。しかし、女性の中には500mlでも多く、最後まで飲みきることができないという人もいるのではないでしょうか。

その際、1日で飲みきれなかったペットボトルはどうしていますか。飲みかけのペットボトルを放置していると、思わぬ落とし穴が潜んでいるかもしれません。

飲みかけのペットボトルを放置するとどうなるの?

ペットボトルでお茶飲む女性

では、飲みかけのペットボトルを放置している場合、どうなるのでしょうか。実は非常に恐ろしい健康被害に繋がる恐れもあるので、飲みかけのペットボトルの取り扱いには注意する必要があります。

口を付けたペットボトルは細菌が増殖する

タンクトップ姿で水分補給をしている女性

500ml、あるいは800mlのペットボトルの場合、注ぎ口に直接口を付けて飲む人も多いですよね。一度口を付けたペットボトルは、時間が経過することで、注ぎ口(口を付けた部分)から細菌が増殖しています。

注ぎ口から増殖した細菌だけでなく、口を付けたことによって、少量の唾液がペットボトルの飲料に混ざり、飲料水の中でも繁殖している恐れがあるのです。

そのため、口を付けたペットボトルを放置し、数日後に飲んでしまうと、最近だらけの飲料水を飲んでいることになり、最悪の場合、食中毒症状を引き起こす恐れもあります。

飲料水によって細菌の増殖スピードが異なる

ペットボトルに入っている飲料水には、さまざまな種類があります。水や緑茶、麦茶、ジュース、炭酸飲料など、ペットボトル飲料と言っても幅広いです。

飲みかけのペットボトルは細菌が繁殖する恐れがありますが、ペットボトルの中に入っている飲料水の種類によっても細菌の増殖スピードが異なります。

例えば、水や麦茶、緑茶といった飲料水であれば、増殖スピードはさほど速くありません。特に水は無味無臭、何も余分な成分が含まれていないため、他の飲料に比べて口を付けていても細菌が繁殖しにくいと言われています。

対して、炭酸飲料やジュースなどの香料や砂糖が含まれている飲料水は、一度口を付けてしまうと細菌が増殖するスピードが速く、一晩に1個から10万個まで増えたという研究結果が残っているほどです。

口を付けなければ細菌の増殖スピードは弱い

ペットボトルの水をコップに注いでいるところ

では、口を付けずにペットボトルからコップに注いで飲んでいる場合はどうなのでしょうか。口を直接付けていないペットボトルであれば、口を直接付けたペットボトルに比べると、細菌の増殖スピードは弱いです。

しかし、一度蓋を開けたペットボトルには、細菌が少量ですが入り込んでいるため、飲料水の中で増殖する恐れはあります。こちらも一度開けたら、なるべく早く飲みきるようにしましょう。

飲みかけのペットボトル…いつまで飲める?

机に置かれた水の入ったペットボトルとコップ

最後に、飲みかけのペットボトルは、具体的にいつまで飲めるのかを解説していきます。飲みかけのペットボトルを安全に飲める期限は以下の通りです。

  • 口を付けたペットボトルはその日のうち
  • 口を付けていないペットボトルは2~3日推奨

口を付けたペットボトルは、なるべくその日のうちに、翌日までには必ず飲みきるようにしましょう。ただし、細菌の繁殖スピードが弱い水や緑茶の場合は、2~3日経ってからも飲めることがあります。色や臭い、味などを確かめてから飲んでください。

口を付けていないペットボトルであっても、一度開けたペットボトルであれば、できるだけ2~3日で飲みきりましょう。こちらも口を付けていないため、4日以降も色や臭いなどを確認した上で、自己責任ですが飲むことは可能です。

どちらの場合も、糖分や香料が含まれている飲料水の場合は、上記の日数を過ぎたら廃棄しましょう。無理に飲んでしまうと、食中毒を引き起こす恐れがあるからです。

ペットボトルに残った飲料水は早めに飲みきって

緑の背景でコップに水を注いでいるところ

今回は飲みかけのペットボトルを放置するとどうなるのかを解説しました。ペットボトルは非常に便利ですが、一度口を付けてしまうと細菌が増殖していくため、早めに飲みきる必要があります。口を付けた飲料水をその日のうちに飲みきれなかった場合は、無理に飲まず、流しに捨てるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ペットボトルで水を飲む女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる