口閉じテープの代用にマスキングテープが使える?口呼吸を改善する方法

口閉じテープをして眠るイラスト

口閉じテープの代用にはマスキングテープがお得です。口閉じテープは口呼吸を改善して自然に鼻呼吸ができるようにするためのテープですが、市販品を購入すると費用面の負担が大きくなってしまいます。マスキングテープなら100均でも購入できます。今回は口呼吸の影響と口閉じテープの効果やマスキングテープの代用について紹介します。

口呼吸による影響

マスキングテープ

口閉じテープの代用品としてマスキングテープが使えるか?マスキングテープを口閉じテープの代用として使う必要があるのか?

まずはマスキングテープが必要な理由として、口呼吸による影響を確認しておきましょう。

口呼吸は酸素交換率が下がる

口呼吸は鼻呼吸と比較して呼吸が浅くなってしまうため、酸素交換率が20%~30%低下してしまうと言われています。

酸素交換率が下がってしまうと脳に送られる酸素が少なくなってしまうため、脳へ供給される酸素が足りなくなり、頭痛や肩こりや自律神経の乱れから免疫力が低下してしまう原因になっていることもあります。

また、口呼吸はいびきや無呼吸にもつながって睡眠の質が低下し深い眠りが得られないため睡眠不足になります。

風邪をひきやすくなる

鼻には外部から侵入するウイルスや細菌を除去したり、呼気を温め適度に湿らせてくれるの機能があるのですが、口呼吸の場合には口や喉の粘膜が乾燥してしまい感染リスクが高くなってしまうので、風邪をひきやすくなってしまうだけでなく、アレルギーや歯周病や内臓疾患にまで影響してしまうと言われています。

ほうれい線や二重あごの原因になる

また、女性の場合は7割程度の方が口呼吸をしていると言われていて、口呼吸をすると舌が前に出て顎が下がってしまうため、ほうれい線が深く出ることや二重あごの原因となってしまったり、顔のエラが張ってしまうとも言われています。

《 ポイント 》

  • 口呼吸をしていると身体に対して様々な悪影響があることがわかります。
  • 口呼吸をしていると、いびきや無呼吸につながって睡眠不足になってしまったり、頭痛や肩こり、自律神経を乱し免疫力の低下によってアレルギーや歯周病や内臓疾患まで引き起こしてしまう恐れがあります。
  • 口呼吸をしていると、ほうれい線が深く出てしまうことや二重あごや顔のエラが張ってしまうなどの影響があります。

口呼吸の改善には「口閉じテープ 」が効果的?

口閉じテープをする男性

すぐに口呼吸の改善ができる

口呼吸を改善するためには口の周りの筋肉を鍛えることや鼻詰まりの原因を解消することが重要になりますが、どちらを行う場合でもすぐに改善することができません。

そこで口呼吸を改善するには、口閉じテープや口閉じテープの代用品としてマスキングテープを使用するのが効果的です。

口閉じテープや代用品のマスキングテープは、就寝時に口の中央部分を縦にテープで止めて、物理的に口で呼吸をさせないようにして鼻呼吸を促します。

口呼吸をしていた人が口閉じテープを使用すると窒息してしまうのでは?と思うかもしれませんが、市販されている口閉じテープはどれもすぐ取れる程度の粘着力なので、苦しいと感じたら自分ですぐ剥がすことができます。

ただし、口閉じテープは鼻詰まりをしているときや鼻風邪をひいているときには使用を控えましょう。

《 ポイント 》

  • 口呼吸を改善させるためには、口の周りの筋肉を鍛えたり、鼻詰まりの原因を解消することが重要ですが、どちらもすぐ改善することはできません。
  • 口呼吸を改善させるために、テープを貼るだけで物理的に鼻呼吸を促すことができる口閉じテープを使用することが効果的です。

口閉じテープの代用はマスキングテープで使用できる

サージカルテープ

口閉じテープの代用品の条件は、口を閉じておけて、苦しいと感じたらすぐ剥がすことができることです。

その条件に合った口閉じテープの代用品は「マスキングテープ」です。

マスキングテープとは

マスキングテープは100均ショップでも購入することができる、ラッピングやノートなどを飾るといった様々な用途に使用することができるテープです。マスキングテープは剥がしやすい粘着力なので、口閉じテープの代用品として使用することができます。

市販されている口閉じテープは、中に入っている枚数を考えると価格的に少し高いと考えてしまいます。その点、100円で買えるマスキングテープはとても助かりますね。

マスキングテープは肌荒れしないか

口閉じテープの代用にマスキングテープを口に貼って肌荒れを起こしてしまうのではないか?かぶれて赤くなってしまったら…顔の目立つ場所なので困りますよね。

しかし、口閉じテープの代用にマスキングテープを貼って、肌荒れを起こすか起こさないかは個人によって差があるとしか言えません。

顔以外の部分に1日貼っておいて試してみないと大丈夫なのか、大丈夫ではないのかという判断をすることができません。1日貼っておいたとしても大丈夫な人もいれば、肌荒れを起こしてしまう人もいるので、すべての人に対しておすすめできるとは言えません。

肌荒れをしてしまう肌が弱い方はサージカルテープ

サージカルテープ

3M マイクロポア スキントーン サージカルテープ 不織布 ベージュ 25mm幅x9.1m 1巻入り 1533EP-1

肌が弱い方は、口閉じテープの代用品としてサージカルテープがおすすめです。

サージカルテープとは医療用の患部のガーゼや包帯をとめておくときに使用するテープです。医療用のため肌についていても肌荒れしにくいテープと言えます。肌が弱い方でも安心して使用することができます。

医療用のテープということで高いと思ってしまうかもしれませんが、市販の口閉じテープよりも安価で購入することができますし、長さもあるのでお得に使用することができます。サージカルテープはドラッグストアやインターネットの通販サイトで購入することができます。

《 ポイント 》

  • 口閉じテープは不快に感じり苦しくなった場合に、すぐ剥がすことができる程度の粘着力でなくてはなりません。
  • 口閉じテープがない場合は、マスキングテープを代用品として使用することはベストと言えます。
  • 口閉じテープの代用として使用する、マスキングテープは、人によっては肌荒れを起こしてしまう恐れがあるので、肌が弱い方は医療用のサージカルテープを代用品として使用しましょう。

口閉じテープ以外で口呼吸を改善する方法

鼻うがい

口閉じテープや代用のマスキングテープ以外で、口呼吸を改善する方法はいくつかありますので、ひとつひとつ確認しておきましょう。

口周りの筋肉を鍛え低下した口唇閉鎖力を鍛える

口を閉じるための筋力が低下して口が開いてしまい口呼吸をしてしまう場合は、口の周りの筋肉を鍛えることで改善することができます。口周りの筋肉を鍛えるための専用グッズも市販されていますが、専用グッズを用意しなくてもすぐ実践できる方法があるので実践してみましょう。

あいうべ体操

あいうべ体操とは口を大きく動かすことを意識して「あー」「いー」「うー」「べー」とそれぞれの口の形を1秒ずつキープするという口周りの筋肉を鍛える体操です。声は出しても出さなくても問題ありません。

「あー」「いー」「うー」「べー」を1セットとして、10回続けて行います。これを1日3回実施するので10回×3セット=30回行います。簡単そうに思えますが実際に行ってみると、思っている以上に疲れてしまうのでまとめて行わずに3回に分けて実施しましょう。

  • 「あー」の動きであごの筋肉を広範囲で使うことができます。
  • 「いー」の動きは頬や口や首の筋肉を鍛えることができます。
  • 「うー」の動きは表情筋のひとつである口輪筋を鍛えることができます。
  • 「べー」の動きで舌の筋肉を鍛えることができます。

お風呂に入っているときに実践することで、口の中が乾燥してしまうことがないのでおすすめです。

食事中に咀嚼回数を増やして口呼吸の癖を矯正する

食事を摂る際によく噛んで食べる癖をつけることで、自然に鼻呼吸ができるようになります。

1口あたり最低30回以上噛んで食べることで、食べ物が口に入っているときは自然と鼻で呼吸をするようになるので、よく噛むことを意識して食事を摂るようにしましょう。

鼻詰まりの原因を解明して調べて解消させる

鼻詰まりで鼻呼吸ができない場合は、その原因を調べて解消させることで通常の呼吸が鼻呼吸になるようにしなければなりません。一時的に鼻詰まりになってしまった場合は、鼻孔を広げる市販されている鼻に貼るテープを使って鼻から空気が通りやすい状態にしてみましょう。

一方、一時的な鼻詰まり以外の場合は何かしらのアレルギーが関係していることが多いので、その原因となる物質を取り除くため鼻うがいをしてみることをおすすめします。

鼻うがい

鼻うがいは市販されている生理食塩水を使用するか、水を1回沸騰させてから体温と同じ36℃~37℃に冷まして鼻洗浄専用の容器に入れて1日2回程度実施します。

沸騰させてから冷ましたぬるま湯を使う場合、500mlに対して4.5gの食塩を加えて溶かすことで、生理食塩水と同じ濃度にすることができます。

洗う方の鼻が上にくるように頭を60℃くらい後ろに傾けてゆっくり鼻に注ぎ込みます。この時の呼吸は口で行って洗浄し終えたら優しく鼻をかんでください。鼻うがいをしても鼻詰まりの症状が改善しない場合は耳鼻咽喉科に受診して治療してもらいましょう。

《 ポイント 》

  • 口閉じテープ以外で口呼吸を改善する方法は、口周りの筋肉を鍛え低下した口唇閉鎖力を鍛えるや食事中に咀嚼回数を増やして口呼吸の癖を矯正するや鼻詰まりの原因を解明して調べて解消させるで改善させることができます。
  • どの口呼吸を改善する方法でも、すぐに改善に結びつくものではなく、訓練によって改善されるものなので結果を急がずじっくり時間をかけて改善させると考えてください。

最後に

口呼吸する男性

口呼吸をしていると健康を害する恐れが多くあることがわかりましたね。

口閉じテープの代用品として、マスキングテープを使用することで自然に鼻呼吸になります。朝目が覚める時に喉が痛い、喉がすごく乾くという症状がある人は、口閉じテープの代用品としてマスキングテープを使用して眠るようにしてみましょう。

また、口呼吸はいびきの原因になりますので、一緒に寝る家族にも迷惑をかけることになってしまいます。口呼吸から鼻呼吸へは、口閉じテープの代用品のマスキングテープで簡単に始めることができるので、自分と家族のためにも実践してみてください。

口閉じテープをして眠るイラスト

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる