レタスが苦い原因と対処法2つ!苦味の取り方を覚えておこう

苦いレタスを食べる男性

レタスを食べて苦いという経験をしたことはありませんか?レタスは時期によってすごく苦いと感じる物があります。苦いレタスは何とか苦味を取り除いて食べたいと思いますよね?今回はレタスを食べて苦いと感じる原因とその苦味を取り除く方法と、レタスが苦い場合のおすすめの食べ方を紹介するので参考にしてください。

レタスが苦い原因

サラダボウルの中のカットレタス

レタスを食べて普段は苦いと感じることは無いと思いますが、稀にとても苦いレタスがあることがあります。レタスが苦いというイメージは無いと思いますが、レタスが苦いときの原因は何か調べてみました。

レタスの苦味成分

レタスには実は苦味成分が含まれています。この苦味成分はラクチュコピクリンと言います。

レタスの茎をよく見てみると白い液体が出てきていることがあるのですが、この苦味成分はその白い液体の中に含まれています。このラクチュコピクリンは、ポリフェノールの一種なので体に害はありませんが、含有量が多い場合には強い苦味やえぐみを感じさせる原因になります。

ラクチュコピクリンは柔らかい葉の部分にはあまり含まれておらず、固い茎の部分に多く含まれています。

レタスが苦い原因は「レタスが大きく育ちすぎてしまう」こと

冬場に育つレタスは成長のスピードが緩やかなので、レタスが育ちすぎてしまうということもないので苦いと感じることはありませんが、夏場に育つレタスは日照時間が長く、気温も高いのでぐんぐん成長します。そうなると苦味成分であるラクチュコピクリンも成長に合わせてどんどん増えることになります。

このことから夏場に収穫されたレタスは苦いと感じることがあります。

レタスの水分が蒸発してしまうとラクチュコピクリンの濃度が高くなってしまうので美味しいと思っていたレタスが苦いレタスにかわってしまうこともあります。

夏に購入するレタスは葉がギュッと締まって重たいものは、乾燥してラクチュコピクリンの濃度が高くなってしまっている可能性が高いので、夏にレタスを購入するときは葉がふんわりとして軽いものを選ぶと苦いレタスを避けることができます。

《 ポイント 》

  • レタスが苦い原因はレタスの苦味成分であるラクチュコピクリンです。
  • ポリフェノールの一種なのでレタスが苦い場合でも決して傷んでしまって苦くなっているわけではない。
  • 夏場の日照時間が長い季節にレタスはぐんぐん成長する。
  • 大きく育ったレタスの水分が蒸発することで苦味成分が濃縮されてしまうので苦いレタスが存在する。

レタスが苦い時の対処法2つ!

レタスを洗う

レタスが苦い時の対処法は2つの方法があります。苦みを抜いた後のレタスの使用方法でどちらの対処法をするか使い分けるようにしましょう。

水に浸ける

レタスが苦かった場合はレタスの葉を半日程度水に浸けておきましょう。苦味成分であるラクチュコピクリンは水溶性なので、半日程度水に浸けておくことで水に溶けだします。

水に浸ける際は手でレタスをちぎることをおすすめします。手でちぎることでレタスの繊維を破壊を最小限に抑えることができるので、その後の変色を防ぐことができます。

すぐ食べたいから半日も浸けておけないという場合は50℃前後のお湯に数分浸けて、冷水ですすいであげると苦味を落とすことができます。

加熱する

レタスが苦い時の対処法のもうひとつはレタスを加熱調理することです。加熱調理することでレタスの甘みを出し苦みを感じにくくさせることができます。また炒めるときなどは油を使うのでコーティングされるため苦みが感じにくくなります。

《 ポイント 》

  • レタスが苦い時の対処法は「水に浸ける」ことと「加熱すること」です。
  • レタスの苦味成分であるラクチュコピクリンは、水溶性のものなので水に浸けておくことで溶け出すのでレタスの苦味を取り除くことができる。

家庭菜園のレタスが苦い理由

レタス畑

家庭菜園で作るレタスが苦くなってしまう理由はちゃんとあります。

理由のひとつは、家庭菜園では肥料をあげ過ぎてしまうことがあります。

この肥料のあげ過ぎが原因となって苦くなってしまうことがあります。特に窒素系の肥料を多くしてしまうと苦くなると言われています。また、必要な栄養や水の量が足りない場合でも苦くなってしまいます。

理由のふたつ目は、レタスを収穫する時間帯です。

夏場のように暑く、日照時間が長い季節ではレタスの成長が活発になります。レタスはレタスが持っている元々の糖分を消費しながら成長します。

そのため日が昇って気温が上昇した時間に収穫してしまうと苦いレタスを収穫することになります。日が昇る前に収穫するなどの工夫をすることで苦くないレタスを収穫できるようになります。

《 ポイント 》

  • 家庭菜園で育てるレタスが苦くなる理由は、肥料をあげ過ぎてしまうことやレタスの成長に必要な栄養や水の量が足りない場合に苦味が増してしまう。
  • 夏場のレタスは収穫する時間帯で苦くなってしまう。
  • レタスはレタスが持っている糖分を消費しながら成長するので、甘みが減り苦くなってしまう。

苦いレタスのおすすめの食べ方

レタスチャーハン

中華料理

苦いレタスをあまり苦味を感じないように消費するおすすめの食べ方は、中華料理を作るときに使用することです。チャーハンや、野菜炒めを作るときにレタスを加えてみましょう。レタスのシャキシャキ感が味や食感のアクセントになるので美味しく食べることができます。

レタスは火が通るとすぐしなっとしてしまうので、レタスを加えるのは料理の仕上げのときに多めに切って用意しておいたレタスをどさっと投入するようにします。油が絡んでコーティングしてくれるのでレタスの苦味が感じづらくなるので美味しく食べることができます。

中華料理のメニューを作るときは2人分を作るとレタス半分くらいすぐに消費することができるのでおすすめです。

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶと聞くと以外かと思うかも知れませんが、レタスの苦味を取る方法でお湯に浸けるという方法も紹介していることに加え、レタスは豚肉との相性がとても良いということが挙げられます。レタスをさっと湯通しするだけでも苦味はだいぶ消えるので苦味を感じずに美味しく食べることができます。

スープ

細かく刻んだレタスを野菜のポタージュスープに加えてみたり、コンソメスープに加えることで苦味を感じることなく、レタスを美味しく食べることができます。鶏ガラスープに彩りを考えてトマトと卵とレタスを加えると3色の色鮮やかで美味しいスープを食べることができます。

《 ポイント 》

  • 苦いレタスを食べるときは、調理をするときの油でコーティングして苦味を感じさせないようにする。
  • 苦いレタスは湯通しをして苦味成分を取り除き食べることがおすすめの食べ方になる。
  • ccc

美味しいレタスの選び方

レタス

美味しいレタスの選び方は、芯の切り口が白く10円玉くらいの大きさで、持ったときにあまり重く感じないふんわりとした弾力のあるレタスを選びましょう。

葉が詰まり重たく感じるレタスはガチ玉と呼ばれていて繊維質となり食感や味があまり良くないと言われています。また、芯の高さがあるレタスは、成長しすぎて固く苦いことが多いので避けましょう。

《 ポイント 》

  • 美味しいレタスの選び方は芯の切り口が白く持ったときにあまり重く感じないふんわりとした弾力のあるレタスを選ぶようにすると苦くないレタスを選ぶことができる。

最後に

特大レタス

レタスを食べて苦いと感じる場合は、レタスが腐ってしまっていることが原因ではなく、ラクチュコピクリンというポリフェノールの一種の成分が原因です。

この苦味成分は主にレタスが大きく育ち過ぎてしまった場合に多く分泌されることになるのでレタスが大きく成長する夏場のレタスで苦いと感じることが多くなります。

水につけ置きしたり、加熱調理をすることでレタスを美味しく食べることができるので試してください。

苦いレタスを食べる男性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる